ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「i.LINK」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「i.LINK」に関する情報が集まったページです。

最大2700時間録画可能:
パナソニック、新番組の録り逃しを防ぐスリムなBDレコーダー「DIGA」新モデル
パナソニックが、6チューナー/2TB HDDを搭載するBDレコーダー「DMR-BRG2020」を5月20日に発売する。新番組の録り逃しを防げる「新番組おしらせ」機能を搭載した。(2016/4/4)

スマホ視聴を快適に――ソニーが「BDZ-ET2200」などBDレコーダー4機種を発表
ソニーはBlu-ray Discレコーダーの新製品4機種を11月に発売する。新たに全機種にWi-Fiを搭載したほか、スマートフォンやタブレットで視聴する際の利便性を向上させた。(2014/10/29)

まさにオールインワン:
Bluetoothも搭載、色と音を磨いた三菱「REAL LASERVUE」新製品
三菱電機が赤色レーザーをバックライト光源に活用する液晶テレビ「REAL LASERVUE」(リアル レーザービュー)の新製品を発表した。新たにBluetoothを内蔵し、スマートフォンからのワイヤレス音楽再生をサポート。(2013/4/16)

iPhoneで外から視聴:
「DTCP+」対応のBDレコーダー登場、パナソニックが“ディーガ”4機種を発売
パナソニックは、ディーガ新製品4機種を発表した。いずれも5月下旬に発売するDTCP+動画転送アダプター「DY-RS10-W」に対応し、外出先のiPhoneやiPadから録画番組を楽しめる。(2013/4/4)

家族で使える全録マシン、パナソニック「DMR-BXT3000」を試す
パナソニックの「DMR-BXT3000」は、最大6チャンネルを常時録画できる“全録”マシンだ。大手家電メーカーとしては東芝に続く2社めとなるが、これまでの全録機にあった不満の多くを解消する注目モデルといえる。(2013/2/22)

長時間&自動チャプターも:
BS/CSもOK! パナソニックが最大6チャンネルの“全録”BDレコーダー「DMR-BXT3000」を発表
パナソニックは最大6チャンネルを最大16日分まるごと録画できる“全録”機能「チャンネル録画」に対応したBlu-ray Discレコーダー「DMR-BXT3000」を2月に発売する。(2013/1/25)

ソニー、“新映画画質”のフラグシップBDレコーダー「BDZ-EX3000」
ソニーが発表したBlu-ray Discレコーダー新製品「BDZ-EX3000」は、進化した映像エンジン「CREAS Pro」を搭載し、4Kアップコンバート出力にも対応するフラグシップモデルだ。(2012/9/18)

麻倉怜士の三番勝負:
PR:レーザーが液晶テレビの“色”を変えた? 鮮やかなシアターテレビ“REAL LASERVUE”の実力を麻倉怜士が探る
三菱電機の“REAL LASERVUE”(リアル レーザービュー)は、赤色レーザーとシアン色LEDをバックライトに採用し、色再現性を向上させた新機軸の液晶テレビ。しかし、直進性が高いレーザー光をどのように取り込み、活かしたのだろうか。そして実際の効果は? 「画質の鬼」ことデジタルメディア評論家・麻倉怜士氏が、三菱電機開発陣に迫る。(2012/7/23)

BDレコ×タブレットを大検証(3):
異才の全録レコーダー「DBR-M180」&「REGZA Tablet」を試す(前編)
東芝のBlu-ray Discレコーダー「DBR-M180」は、タイムシフトマシンを搭載した“全録”機。まずはおさらいの意味も含め、その使い勝手を検証していこう。(2012/6/25)

色再現範囲拡大:
三菱、レーザー光源を活用した液晶テレビ「REAL LASERVUE」
三菱電機は、55V型の液晶テレビ「REAL LASERVUE」(リアル レーザービュー)を6月下旬に発売する。バックライトに赤色レーザー光源とシアンLEDを使うことにより、色の再現性を向上させたもの。(2012/5/30)

BDレコ×タブレットを大検証(1):
パナソニック「DMR-BZT920」&お風呂テレビを試す
今回は、ソニー、パナソニック、東芝の最新BDレコーダーを紹介するとともに、DLNA/DTCP-IPによるネットワーク視聴や動画の“持ち出し”機能を試していこう。タブレットを“どこでもテレビ”にしてみたい人は要チェック!(2012/5/24)

重いだけのことはある? ディーガのトップエンド「DMR-BZT9000」を試す
「DMR-BZT9000」は、パナソニックが新たにラインアップしたBlu-ray Discレコーダーのスペシャルモデル。スカパー!HDチューナーを利用していれば4番組の同時録画が可能。オーディオプレーヤーとしても充分活用できるという、ぜいたくな製品である。(2011/12/13)

外付けHDDはどこまで使える? “ブルーレイディーガ”秋モデル詳報
パナソニック“ブルーレイディーガ”の2011年秋モデルは、外付けUSB HDDへの対応やマルチタスク性の向上など、大幅な進化を遂げた。開発担当者の説明を交えつつ、詳細を見ていこう。(2011/8/16)

BDXL、外付けHDD対応:
シャープ、録画機能を強化した“ブルーレイ内蔵 LED AQUOS”R5シリーズ
シャープは、Blu-ray Discの大容量規格“BDXL”や外付けUSB HDDへの対応など、録画機能を強化した、液晶テレビ“ブルーレイ内蔵 LED AQUOS”R5シリーズ3モデルを発売する。省エネ性能も向上させている。(2011/6/1)

裏も表も?:
新発想「くるっとリモコン」採用、三菱“REALブルーレイ”新製品
三菱電機は、Blu-ray Discレコーダー「REALブルーレイ」の新製品として、「DVR-BZ450/BZ350/BZ250」の3機種を5月末に発売する。MPEG-4 AVCによる2番組同時の長時間録画や「スカパー!HD録画」をサポート。(2011/4/25)

トランスコードも高速化:
シャープ、動作を高速化した“AQUOSブルーレイ”新製品
シャープは、“AQUOSブルーレイ”の新製品として、起動、ダビング、再生を高速化した「BD-HDW80」「BD-HDW75」「BD-HDW73」を発売する。(2011/4/8)

ビシッと:
三菱、BD/HDD内蔵の“REAL”「BHR500シリーズ」4機種を発表
三菱電機はHDDとBDドライブを搭載したオールインワン液晶テレビ“らく楽録画テレビREAL”「BHR500シリーズ」を発売する。(2011/4/6)

新DIGA「DMR-BZT900」の“4番組同時録画”をチェック(前編)
パナソニック「DMR-BZT900」は、スカパー!HD録画を合わせて4番組の同時録画を可能にした注目のBlu-ray Discレコーダーだ。実際に録画してみると、3〜4番組同時録画でも高いマルチタスク性を確保した一方、ちょっとした制約もあることが分かった。(2011/2/24)

スカパー!HD録画も:
シングルチューナー機も3DとBDXLに対応、“AQUOSブルーレイ”「BD-HDS63」
シャープは“AQUOSブルーレイ”の新製品として、シングルチューナーモデルの「BD-HDS63」を2月15日に発売する。「スカパー!HD録画」にも対応しており、内蔵チューナーによる録画と併用して2番組を同時に録画できる。(2011/1/14)

レビュー:
“RD”の血統再び、REGZAブルーレイ「RD-BZ800」を試す(後編)
東芝のBlu-ray Discレコーダー「RD-BZ800」は、フラグシップモデル「RD-X10」に次ぐハイスペックモデル。前回は、外付けUSB HDDや高速トランスコードなど特徴的な機能を紹介したが、後編ではAVC録画の画質チェックを中心に検証していこう。(2010/12/1)

山本浩司の“本命”登場:
PR:“Blu-ray Disc搭載”を活かしきる、3Dテレビの進化形「AQUOS LB3シリーズ」
AQUOSクアトロン3D「LBシリーズ」は、シャープが持てる技術力と企画力を総動員した、じつに興味深い大型テレビだ。発色の良さと3D表示の明るさに定評のある4原色パネルにBlu-ray Discドライブを一体化。さらに録画/再生を同じ筐体で行うことのメリットを深く追求している。(2010/11/29)

レビュー:
“RD”の血統再び、REGZAブルーレイ「RD-BZ800」を試す
RD型番の復活で注目される東芝のREGZAブルーレイ。ボリュームゾーンになると予想される1Tバイトモデル「RD-BZ800」を取り上げ、詳細にチェックしていこう。まずは「高速トランスコード」を含む基本的な録画機能だ。(2010/11/24)

写真で解説する:
“縦置き上等”の薄型BDレコ、シャープ「BD-AV70」の中身
「CEATEC JAPAN 2010」で注目を集めたスリムな縦置きBlu-ray Discレコーダー「BD-AV70」。HDDを搭載せず、一見、割り切った仕様にも思える同機。しかし中身を見ると、よく考えられた提案型商品であることが分かった。(2010/11/4)

3D、BDXL対応:
縦置き対応のスリムなBDレコ、シャープが発売
シャープは、厚さ35ミリのスリムなBDレコーダー「BD-AV70」を12月に発売する。スロットイン型のBDドライブを備え、Blu-ray 3D再生やBDXLに対応。(2010/10/21)

レビュー:
一歩先にいく機能、パナソニック「DMR-BWT3100」を試す(前編)
パナソニックのBlu-ray Dsicレコーダー「DMR-BWT3100」は、BDXL対応をはじめ、マルチタスク性能のさらなる強化、デジタル放送をダビングしたBDメディアからHDDへのムーブなど、機能面で大幅な強化が図られた。それぞれを詳しく検証していこう。(2010/10/20)

CEATEC JAPAN 2010:
BDレコーダーはオシャレに進化する
Blu-ray Discレコーダーの普及に伴い、デザイン性や独自のコンセプトを持った新製品が登場しそうだ。CEATEC JAPANの展示会場では、シャープとパナソニックが試作機を展示している。(2010/10/5)

BDXL/外付けHDDも:
シャープ、“AQUOSクアトロン 3D”にBDレコ搭載のLBシリーズ
シャープは、AQUOSクアトロン 3DにBlu-ray Discレコーダーを搭載した新製品「LBシリーズ」2機種をラインアップする。(2010/9/30)

フルモデルチェンジ:
ソニー「BDZ-AX2000」の進化を検証する(前編)
“ソニー入魂”と称されるBlu-ray Discレコーダー2010年モデル「BDZ-AX2000」は、マルチタスクや2番組同時録画時の制限をクリアし、ソニーファンにとっては待望の製品に仕上がった。その進化を詳細に検証していこう。(2010/9/29)

シャープ、3D対応の“AQUOSブルーレイ”を3機種追加
シャープは、BDレコーダーの新製品として“AQUOSブルーレイ”3機種を発表。Blu-ray 3DやBDXLをサポートした多機能なミッドレンジモデルだ。(2010/9/24)

あなたにぴったりの録画対応AQUOSを探そう!:
PR:HDD&BD内蔵、まさに“死角なし”のオールインワンAQUOS「LC-32DR3」
個々のニーズに合わせて録画テレビが選択できるのは、豊富なラインアップを誇るシャープ「AQUOS」ならでは。中でもBD/HDD内蔵タイプの「DR3ライン」は、Blu-ray Discレコーダーを丸ごと取り込んだような強力な録画機能を誇っている。ただし、「DR3ライン」の魅力はそれだけではない。(2010/9/24)

Blu-ray 3DにBDXL:
写真で解説する“AQUOSブルーレイ”「BD-HDW700」
シャープの「BD-HDW700」は、Blu-ray 3D再生に対応した“AQUOSブルーレイ”のフラグシップ機。最大10倍の長時間録画やスカパー!HD録画にくわえ、他社に先駆けてBDXLをサポートするなど多機能なBlu-ray Discレコーダーに仕上げた。(2010/8/3)

復活の“RD”、「REGZAブルーレイ」詳報
ユーザー待望のBlu-ray Discドライブを搭載した“RD”がいよいよ登場する。過去のRDシリーズから番組を移し、BDに保存する手段も複数用意されている。(2010/7/29)

主役は“3D”? 「ケーブルテレビショー2010」が開幕
池袋サンシャインシティでCATV関連の総合展示会「ケーブルテレビショー2010」が開幕した。さまざまなブースで3D関連の展示が見られたほか、高機能STBにも注目が集まる。パイオニアはBDレコーダー搭載STBやNAS内蔵STBを参考展示。(2010/6/24)

洗練された録画テレビ:
写真で解説する新“REAL”BHR400シリーズ
三菱“REAL”の「BHR400シリーズ」は、第2世代となる“オールインワン録画テレビ”。BDドライブの存在を意識させないデザインやリモコンの改善、録画機能の進化など、洗練された機能を持つ。(2010/6/2)

無線LAN内蔵:
シャープ、Blu-ray 3D対応の「AQUOSブルーレイ」2機種
シャープは、Blu-ray 3Dのディスク再生に対応したBlu-ray Discレコーダー“AQUOSブルーレイ”「BD-HDW700」「BD-HDW70」を7月末に発売する。無線LANユニットの内蔵にくわえ、サラウンド音声出力対応のヘッドフォン端子などを追加した上位モデルだ。(2010/5/31)

動作レスポンスが分かる動画付き:
初の“3D”対応BDレコーダー、パナソニック「DMR-BWT3000」の実力
Blu-ray Discレコーダーを買うなら“3D対応機”にしたいという人も多いはず。今回は、いちはやくBlu-ray 3D対応を果たしたパナソニックのトップエンドモデル「DMR-BWT3000」を取り上げ、詳細に検証していこう。(2010/5/25)

「スカパー!HD」対応でトリプル録画:
PR:使える長時間モード搭載、マルチタスクも磨いた“AQUOSブルーレイ”
シャープが4月下旬に発売するBlu-ray Discレコーダー「BD-HDW55/HDW53」は、同社初の「スカパー!HD録画」をはじめ、「新トランスコーダー」の搭載、ホームネットワーク機能など、見どころの多い新製品。AV評論家・小原由夫氏が、詳しく解説する。(2010/4/26)

スカパー!HD録画対応:
シャープ、シングルチューナーのBDレコーダー新製品「BD-HDS53/55」
シャープは、BDレコーダー“AQUOSブルーレイ”の新製品2機種を発表した。スカパー!HD録画やDLNAに対応。基本設計は上位機種と共通ながら、デジタル3波チューナーを1系統として価格を抑えた。(2010/4/22)

地味ながらも有用な機能向上、ソニー「BDZ-RX105」を試す(後編)
前回に続き、ソニーの新しいBlu-ray Discレコーダー「BDZ-RX105」を検証していこう。今回は、新たに設けられた10倍録画モードの画質評価をにくわえ、録画予約に関する基本的な部分に着目して試用する。(2010/4/19)

地味ながらも有用な機能向上、ソニー「BDZ-RX105」を試す(前編)
ソニーのBlu-ray Discレコーダー「BDZ-RX105」は、同社の春モデルの中ではもっとも高機能な機種だ。長時間録画を中心に機能を強化し、他社テレビとの連携を強化するなどの新しいアプローチも導入されている。(2010/4/16)

春の新生活テレビ特集:
保険付き録画テレビ? パナソニック“VIERA”「TH-L20R1」
今回は、パナソニックの「RH-L20R1」を取り上げよう。250GバイトのHDDを内蔵した“録画テレビ”にネットワークダビングの機能なども搭載した小型ビエラ。個室や寝室用の2台目ニーズにも合いそうだ。(2010/4/2)

DLNAにも対応:
スカパー!HD込みの3番組録画、新“AQUOSブルーレイ”「BD-HDW55/53」
シャープは、Blu-ray DiscレコーダーAQUOSブルーレイ”の新製品2機種を4月下旬に発売する。新たにスカパー!HD録画やDLNAをサポート。内蔵チューナーによる2番組同時録画時にもスカパー!HDを録画できる。(2010/3/25)

ついに2番組同時のAVC録画、パナソニック「DMR-BW880」を試す
豊富なラインアップをそろえるパナソニックのBDレコーダー。中でも、3D対応機を除くと最上位モデルになる「DMR-BW880」は、2番組同時のAVC録画や最大10倍の長時間録画など、魅力の多いモデルだ。(2010/3/24)

VAIO 2009年冬モデルロードテスト:
第10回 “ナントカの向こう側……”へ行ってしまった「VAIO T」のUSBポート
メインとして使えるモバイルノートPC「VAIO T」を、しばれる札幌の野外で使う。少しはアレっぽくといわれたので、たいそう無理して“それ系”なところに行ってみた。(2010/2/9)

他社製テレビも操作可能:
ソニー、「おまかせリモコン」搭載の新しいBDレコーダー4機種を発表
ソニーは、Blu-ray Discレコーダーの新製品4機種を2月下旬から順次発売する。他社製テレビの操作が行える「おまかせリモコン」を新たに搭載。「おでかけ転送」機能もブラッシュアップした。(2010/2/8)

価格比較:
BDレコーダー、今秋の傾向と選択(高級モデル編)
前回の普及モデル編に続き、今回は各社のラインアップから上位モデルをピックアップ。上位機モデルならではの機能をチェックしてみよう。(2009/11/26)

シャープ、「AQUOSブルーレイ」に最長8.5倍録画対応のシングルチューナー機
シャープは、Blu-ray Discレコーダーの新製品「BD-HDS43」を11月21日に発売する。最長8.5倍録画対応のシングルチューナーモデル。(2009/11/12)

バイヤーズガイド:
最新Blu-ray Discレコーダー比較 長時間録画モードはどこまで“使える”?
パナソニック「DMR-BW970」、ソニー「BDZ-EX200」、三菱電機「DVR-BZ130」を集め、購入動機につながりそうなポイントを選んで検証するバイヤーズガイド。まずはそれぞれの外観と長時間録画モードの画質チェックだ。(2009/10/23)

初のBlu-ray Disc対応CATV STB、パナソニックが発表
パナソニックは、Blu-ray Discドライブを搭載した初のCATV STB「TZ-BDW900」シリーズを発表した。500GバイトのHDDとBDドライブを搭載。12月に出荷を開始する。(2009/9/9)

人気の薄型テレビ3機種レビュー番外編:
LEDバックライトでどう変わる? 東芝「55ZX8000」
各社の売れ筋40V型クラスを紹介してきた今回の特集。最後に番外編として、フラグシップモデルの55V型を取り上げる。1クラス上の実力を持ち、価格も相応に高くなるが、具体的に何が変わるのだろう。(2009/8/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。