ITmedia NEWS >
レビュー
» 2011年10月18日 11時15分 公開

Bang & Olufsenコラボ再び:ハイスペックノートPC+外付けウーファーという新発想――「N55SF」を奏でてみた (5/5)

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

強烈な個性が光る高付加価値ノート

 N55SF-S2630BのASUS直販ショップ(ASUS Shop)における販売価格は12万9800円だ。ショップよっては、12万円を切る価格で販売されている。

 昨今はPCの値崩れが激しく、大画面ノートPCで12〜13万円程度という価格は、さほど安いと感じないかもしれない。

 しかし、N55SF-S2630BはクアッドコアのCore i7と8Gバイトの大容量メモリ、グラフィックスはCPU内蔵のIntel HD Graphics 3000に加えて、外部GPUのNVIDIA GeForce GT 555M(2Gバイト)も搭載しており、動画のエンコードや3Dゲームも十分に楽しめる。

 この高い基本性能をベースとして、フルHD解像度に対応した液晶ディスプレイ、Bang & Olufsen ICEpower認定の高音質サウンドシステム、Blu-ray Discドライブに、存在感のある個性的なボディデザインと、性能も付加価値もこれだけそろっており、その価格帯には十分な納得感がある。いや、むしろコストパフォーマンスは極めて高いレベルではないだろうか。

 サウンドにこだわりのある方はもちろん、ほかとは違ったハイクオリティなノートPCが欲しいという方にもおすすめできる逸品といっても過言ではない。

 なお、1366×768ドットの光沢液晶、1Gバイトの外部GPU用グラフィックスメモリ、DVDスーパーマルチドライブを採用した下位モデルのN55SF-SX2630は、ASUS直販価格で9万9800円とよりリーズナブルに入手できる。液晶ディスプレイの高解像度が不要ならば、こちらも大いに魅力的な1台だ。

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.