ITmedia NEWS >
コラム
» 2014年02月27日 23時31分 公開

「PlayStation 4」の美麗グラフィックを体験、そして…… (2/2)

[芹澤隆徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

キャンペーンを利用して「PlayStation Plus」を使う

8階のイベントスペース「OPUS」では大スクリーンでゲームが楽しめる

 もう1つ、PS3とPS4には大きな違いがある。オンラインマルチプレイをするとき、有料の「PlayStation Plus」加入が必須になったのだ。料金は1カ月500円(3カ月で1300円、1年で5000円の割引販売あり)で、ほかにもPlayStation Plus加入期間中は制限なしでプレイできるゲームが用意されていたり(現在は「RESOGUN」「Contrast」の2タイトル)、セーブデータを自動バックアップするといった機能もある。

 有料化は残念だが、PS4は発売時から多くのキャンペーンが実施されていて、これをうまく使うと長期間無料で利用できそうだ。そこで、2月27日現在、実施されているPSN絡みのキャンペーンを調べてみた(←もう買う気)。

  • PS4本体の購入で「PlayStation Plus」3カ月無料体験(ハード購入者すべて)
  • PS4のオンラインマルチプレイ対応ゲームソフトを買うと、1本につき、15日間無料体験(対象ソフト購入者すべて)
  • スマートフォンやタブレットがPS4のセカンドスクリーンになる専用アプリ「PlayStation App」の配信開始を記念して、PSNチケット2万円分を抽選で22名にプレゼント(抽選で22名、2月28日まで)
  • PlayStation Store、Video Unlimited、Music Unlimited、PlayStation Plusの4サービスをすべて試用すると(いずれも無料メニューを用意)、PSNチケット1000円分をプレゼント(体験者すべて)。さらに抽選で22名にBRAVIAが当たる。
  • 銀座 ソニービルのfacebookアカウントに「いいね」をして、発行されたクーポンをダウンロード。抽選で60名に「プレイステーションネットワークカード」3000円分が当たる。

 せっかくソニービルにいるので、最後の抽選を試してみよう。1階に戻り、インフォメーションカウンター(案内所)のスタッフにクーポンを見せると、タブレット端末を手渡される。画面に表示されたガラガラ抽選器を回し、赤い玉がでてくれば“当たり”。その場で「プレイステーションネットワークカード」3000円分を手渡される。

当たった!(ただし、回したのはソニービルのスタッフ……)

 参考までに、これまでに出た“当たり”の数を聞いたところ、「まだ結構、(当たりが)残っている」らしい。抽選は3月2日(日)までなので、週末に銀座に行く機会がある人は挑戦してみては?


 さて、気がつくと某カメラ量販店の袋に入った「PlayStation 4」を手にしている自分がいた。もちろん「KNACK」プロダクトコードと1年間の延長保証が付いた「PlayStation 4 FirstLimited Pack」で、「龍が如く 維新!」のパッケージも一緒に入っている。

 ヘビーな夜になりそうだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.