ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「Video Unlimited」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Video Unlimited」に関する情報が集まったページです。

ドコモ、「Xperia Z2」「Xperia Z3」「Xperia Z3 Compact」をAndroid 5.0にバージョンアップ
ソフトバンクに続き、7月28日からドコモのXperia ZシリーズもAndroid 5.0へのバージョンアップが可能になる。対象となるのはXperia Z2、Xperia Z3、Xperia Z3 Compact。(2015/7/28)

2015 CES:
拡充されるハイエンドAV製品とウェアラブル機器でソニーが目指すもの
「2015 International CES」で多数の新製品やコンセプトモデルを披露したソニー。プレスカンファレンスで紹介されたハイエンドAV製品やウェアラブル機器からは、同社の戦略も見えてきた。(2015/1/8)

2015 CES:
史上最薄! Android TV搭載のソニーの4Kテレビシリーズ登場――さらに拡充された「Life Space UX」も
スマホより薄い4Kテレビにシンフォニックライトスピーカー」、会見に合わせて公開されたソニーブースの展示内容をフォトリポート形式で紹介していこう。(2015/1/6)

Xperiaシリーズの購入で「Music Unlimited」の無料期間を延長 ソニーモバイルがキャンペーン
ソニーモバイルは、Xperia Z2/ZL2/Z2 Tabletの購入者を対象にしたキャンペーンを発表した。Music Unlimitedが最大60日間無料になるほか、Video UnlimitedやPSMのコンテンツも無料で提供する。(2014/6/17)

リアはワイヤレス:
ソニー、磁性流体スピーカー搭載の5.1chサラウンドシステムにブラックモデルを追加
ソニーは、磁性流体スピーカーを搭載したリアル5.1chホームシアターシステム「BDV-N1B」を5月末に発売する。ヘアライン調の外装に身を包んだ“漆黒モデル”だ。(2014/4/14)

「PlayStation 4」の美麗グラフィックを体験、そして……
2月22日に発売された「PlayStation 4」。新世代のゲーム機を手に入れ、ゲームやシェア機能を楽しんでいる人も多いことだろう。一方、まだ“様子見”の人たちは、消費増税を前にして買い時に悩んでいるかもしれない。(2014/2/27)

Mobile World Congress 2014:
2014年は「もっとビッグに、ベターに、大胆に」ーーソニーモバイル鈴木社長がモバイルとウェアラブルを語る
2014年のMobile World Congressでスマートフォン、タブレット、ウェアラブルデバイスを発表したソニーモバイル。「ブレークスルーの年」を目指したという2013年から1年後。2014年は何を目指していくのだろうか。(2014/2/25)

「Xperia Z1」の“ここ”が知りたい 第10回:
周辺機器との連携は? SmartWatch 2 SW2では何ができる?――「Xperia Z1」
旧機種との比較から始まったXperia Z1の“ここ知り”も10回目。最後となる今回はXperia Z1とともに2013年を代表する話題ともなった「ウェアラブル機器」をはじめ、周辺機器との連携について紹介する。(2014/1/28)

「Xperia Z1」の“ここ”が知りたい 第9回:
Xperia Z1の「PlayStation Mobile」と「スモールアプリ」はどんな感じ?
国内外で新機種が続々発表・発売されているXperiaシリーズだが、スマホのフラッグシップモデルは今も「Xperia Z1」だろう。今回はXperiaならではの機能として「PlayStation Mobile」と「スモールアプリ」を紹介しよう。(2014/1/27)

2014 International CES:
ソニー、85V型4Kテレビや4Kコンテンツ拡充策をCESで発表
ソニーが「2014 International CES」の展示概要を発表した。4Kテレビ3シリーズや新しい4Kハンディカムを発表したほか、4Kコンテンツの拡充にも力を入れる。(2014/1/7)

「Xperia Z1」の“ここ”が知りたい 第8回:
「Socialifeニュース」と「Social live」はどんな感じ?――「Xperia Z1」
Xperia Z1は「ハイスペック!」「カメラ!」というイメージがあるものの、Xperiaシリーズを最初から注目していた人なら、Xperiaは「SNS」に力を入れていた印象があるのではないだろうか。Xperia Z1ではどんな設定やアプリがあるのかを確認してみた。(2013/12/30)

開発陣に聞く「Xperia Z Ultra」(4):
“One Sony”を実現したコンテンツとノート感覚で使えるペン入力の秘密――「Xperia Z Ultra」
6.4インチディスプレイを搭載した「Xperia Z Ultra」は、ソフトウェアも大きく進化している。インタビュー最終回となる第4回では、「アルバム」「WALKMAN」「ムービー」アプリと、Z Ultraならではのペン入力について話を聞いた。(2013/12/27)

「Xperia Z1」の“ここ”が知りたい 第7回:
Xperia Z1のバッテリーはどれだけ持つ?――SO-01FとSOL23を比較
人気のXperia Z1だが、少々気になるのがバッテリーの持ち。バッテリー容量はシリーズ最大の3000mAhだが、バッテリーが持つという評価はあまり見ない。実際にどれくらい使えるのか、チェックしてみた。(2013/12/26)

「Xperia Z1」の“ここ”が知りたい 第6回:
ディスプレイの画質はどう? フルセグやVideo Unlimitedの使い勝手は?――Xperia Z1
5インチのフルHDに、高画質化エンジン「X-Reality for mobile」を搭載したXperia Z1。フルセグにも対応しており、ソニーだからこそ高画質な映像が見られるはず! と期待している人も多いのではないだろうか。今回はマルチメディア機能と卓上ホルダの使い勝手をチェックした。(2013/12/19)

auの「Xperia UL SOL22」がAndroid 4.2に――12月3日から順次
ソニーモバイルのau向けスマートフォン「Xperia UL SOL22」のOSが、Android 4.2.2にバージョンアップ可能になる。12月3日から順次提供する。(2013/12/3)

PlayStation Vita TVとReaderで迫力満点の大画面読書
11月14日にソニーが発売した「PlayStation Vita TV」は、「PlayStationVita」から一部の機能を省いたセットトップボックスだ。ゲームや音楽、映像などに加え、ソニーの電子書店「Reader Store」で購入したコンテンツも大画面で楽しむことができる。さっそく試してみた。(2013/11/19)

Xperia Z1/Xperia Tablet Z購入者向けにコンテンツの無料体験キャンペーン実施
ソニーモバイルコミュニケーションズが、Xperia Z1とXperia Tablet Zの購入者に向けた無料体験キャンペーンを実施。「Music Unlimited」を最大60日間、「Video Unlimited」と「プレイステーション モバイル」の一部コンテンツを無料で楽しめる。(2013/10/25)

ワイヤレスだけじゃない――多彩な機能を持つ5.1chサラウンドシステム、ソニー「BDV-N1WL」
ソニー「BDV-N1WL」は、サラウンド(リア)スピーカー接続にワイヤレス方式を採用した5.1ch構成のホームシアターシステムだ。リアスピーカーの配線がネットくになってサラウンドをあきらめていた人たちにはありがたい製品といえる。(2013/10/21)

カメラの総合力はどこにも負けない:
「カメラからスマホを再定義する」――ソニーの技術を結集した「Xperia Z1」5つの魅力
ソニーモバイルは9月13日、新型スマートフォン「Xperia Z1」のタッチ&トライイベントを開催した。新商品発表会では、同社代表取締役鈴木氏、UX商品企画部統括部長黒住氏や開発陣などが登壇し、ソニーの英知を結集した新型端末の魅力をアピールした。(2013/9/14)

イルミネーション付き:
リアスピーカーを無線化した“リアル5.1ch”システム「BDV-N1WL」、ソニーから
ソニーは、ホームシアターシステムの新製品として、リアル5.1chの「BDV-N1WL」を発売する。壁掛けも可能なリアスピーカーは、ワイヤレス接続だ。(2013/8/8)

多面体天板採用:
見る角度で表情が変わるBDプレーヤー、ソニーが2機種を発表
ソニーが、ブラビアと同じ「Sense of Quartz」デザインコンセプトのBDプレーヤーを発表した。見る人が錯覚しそうなデザインだ。(2013/6/12)

「Xperia Tablet Z」無料貸し出し 品川〜新大阪間の新幹線利用者に
ソニーは、新幹線で品川〜新大阪を利用する人に、「Xperia Tablet Z SO-03E」を無料で貸し出しキャンペーンを行う。(2013/3/26)

ゲームは4Kに対応せず:
本体の見えない「PS4」発表、でも中身はすごい
ソニー・コンピュータエンタテインメントが「プレイステーション 4」を発表した。特長は「高い処理能力とソーシャルとの融合、思い立ったらすぐに遊べるアクセス」。しかし価格などは未公表だ。(2013/2/21)

2013 International CES:
ソニーの技術が結集した「Xperia Z」登場、NFCの“ワンタッチ機能”も拡充
「Xperia Z」は、ソニーが家電で培ってきた技術や、新しいデザインコンセプトが盛り込まれたフラッグシップモデルだ。スマホの使い方をさらに拡張させるべく、NFCの「ワンタッチ機能」と、これに対応した周辺機器をさらに拡充していく。(2013/1/8)

「Xperia AX SO-01E」の“ここ”が知りたい:
第4回 どんなプリインアプリがある? スモールアプリはどう?――「Xperia AX SO-01E」
「Xperia AX SO-01E」の気になるポイントを一問一答式でレビューするコーナー。第4回ではプリインストールアプリについて調べた。(2012/12/13)

ドコモ、「Xperia NX SO-02D」「Xperia acro HD SO-03D」をAndroid 4.0へバージョンアップ
ドコモのスマートフォン「Xperia NX SO-02D」と「Xperia acro HD SO-03D」が、11月27日からAndroid 4.0へバージョンアップ可能になる。(2012/11/27)

あなたに合った電子書店を見つけよう:
これでもう迷わない、電子書店完全ガイド――Reader Store
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。今回はソニーの「Reader Store」を紹介する。(2012/11/14)

いよいよ明日発売!:
「Xperia Tablet S」徹底検証(後編)――“ソニーならでは”の付加価値に迫る
ソニーの第2世代目となるAndroidタブレット「Xperia Tablet S」が2012年9月15日に発売される。発売直前に独自のアプリ、サービス、機器連携をじっくりチェックした。(2012/9/14)

9月15日発売、4万円前後から:
ソニー、薄型化・防滴化したAndoridタブレット「Xperia Tablet S」を国内発表
8月末に海外で発表されたソニーの9.4型Androidタブレット「Xperia Tablet S」がついに国内でも登場。豊富な純正アクセサリとともに、9月15日に発売される。(2012/9/4)

無線LAN内蔵モデルも:
ソニー、新デザインのBlu-ray Discプレーヤー「BDP-S590」「BDP-S190」
ソニーは、コンパクトデザインと充実したネットワーク機能が特長のBlu-ray DIscプレーヤー「BDP-S590」および「BDP-S190」を9月から順次発売する。(2012/7/26)

音楽をもっと自由に:
定額制で1000万曲が聴き放題――「Music Unlimited」体験会
7月3日に日本でもサービスが始まった「Music Unlimited」についてソニーが体験会を実施。1000万を超える楽曲が1480円/30日間で聴き放題になるサービスをアピールした。(2012/7/5)

ようやく日本でも:
ソニー、定額制音楽配信サービス「Music Unlimited」の国内展開を開始
ソニーは、クラウドベースの音楽配信サービス「Music Unlimited」を日本で開始した。価格は1480円/30日間。(2012/7/3)

ソニーの考える、「PlayMemories」の今とこれから
写真や動画の「どこでも閲覧」「かんたん編集」「すぐにシェア」をうたう、ソニーの「Playmemories」が本格稼働した。同社製品の大半を関与させるという壮大な構想は何を目指すのか。(2012/5/21)

インパルスモード搭載:
ソニー、「スマート高画質」の“ブラビア”春モデルを発表
ソニーが液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の2012年春モデルを発表。ブラウン管のインパルス駆動を模した「インパルスモード」搭載機やBDレコーダー一体型など、5シリーズ14モデルをラインアップ。(2012/3/23)

2012 International CES:
「Xperia S/ion」はSonyブランド――“ソニー・ワールド”を構築してコンテンツ市場をけん引する
ソニー・エリクソンがCES 2012で発表したXperia S、Xperia ionのプレス向けイベントが開催された。Xperia Sはグローバル向けに投入、Xperia ionはAT&Tから発売される。(2012/1/13)

2012 International CES:
キーワードは“融合”、見どころの多いソニー
今年のソニーは、「PlayMemories」や「Crystal LED Display」、新「Bloggie」などトピックが多い。プレスカンファレンスの様子と展示ブースを合わせて詳細にリポートしよう。(2012/1/11)

汎用性と独自性のはざまで:
“2画面”アプリは実用に足るか?――「Sony Tablet P」徹底検証(後編)
タブレット端末はハードウェアとソフトウェア、ネットワークサービスの融合が重要だ。「Sony Tablet P」ならではの2画面タブレットに最適化したアプリ群を試してみた。(2011/12/31)

イロモノかホンモノか:
“2画面”Androidタブレットの基礎体力は?――「Sony Tablet P」徹底検証(前編)
タブレットの新しい利用スタイルを提案する「Sony Tablet P」。2画面折りたたみボディはほかのAndroidタブレットと違う価値をもたらしてくれるのか、各部をチェックしていく。(2011/12/12)

PlayStation Certifiedにも対応:
au向け「Xperia acro IS11S」、11月10日から機能改善のアップデート
ドコモ向けXperiaシリーズに続き、au向け「Xperia acro IS11S」もアップデートされる。改善内容はPOBox Touch 4.3、スクリーンショット対応、PlayStation Certified対応、ウィジェットの追加など。(2011/11/9)

“P”発売同時にアップデート:
ソニーが「Sony Tablet」向けサービスを拡充――電子書籍/地図情報/Skypeアプリ
「Sony Tablet S(3G+Wi-Fiモデル)」と「Sony Tablet P」の発売日となる10月28日、ソニーは予告していたSony Tablet向けサービスの拡充を行った。(2011/10/28)

世界初:
ソニー、“聴感補正技術”搭載のAVアンプ「TA-DA5700ES」
ソニーは、聴感補正技術「サウンド・オプティマイザー」を搭載した7.1ch AVアンプ「TA-DA5700ES」を発売する。映画などを制作する時の音量と再生時の音量差が原因で生じる音場感や低音感の違いを自動補正するという。(2011/9/28)

発売記念・特大レビュー:
ソニーらしさはAndroidタブレットでも健在か?――「Sony Tablet S」徹底検証
鳴り物入りで登場した「Sony Tablet」はAndroidタブレットの決定打になるのか? いよいよ本日発売の「S」シリーズ32Gバイト/Wi-Fiモデルをじっくり使ってみた。(2011/9/17)

Pの2画面UI、独自アプリは?:
写真で解説する「Sony Tablet S」「Sony Tablet P」(ソフトウェア編)
ソニーの新型タブレット「Sony Tablet S」と「Sony Tablet P」には、どんなUI(ユーザーインタフェース)やアプリが用意されているのか。ソニーが注力したエンターテインメント体験の中身も気になる。SとPの違いも含めて見ていこう。(2011/9/2)

“普通の人”にはスペックだけでは足りない:
“ソニーらしい4つの特徴”でみんなのTabletに──「Sony Tablet」製品発表会
ソニーは、9月1日に発表した“Sony Tablet”の製品説明会を行い、「S」シリーズと「P」シリーズのそれぞれのコンセプトが紹介された。(2011/9/1)

S1は「S」シリーズ、S2は「P」シリーズに:
ソニーが“Sony Tablet”の詳細を発表――9月17日より順次発売
2011年4月の発売予告から約5カ月、いよいよ“Sony Tablet”が発売される。ラインアップは9.4型の「S」シリーズと5.5型×2画面構成の「P」シリーズだ。(2011/9/1)

arcがさらにサクサクに――Snapdragon 1.4GHz採用の「Xperia arc S」登場
英Sony Ericssonは8月31日(現地時間)、日本でも人気のAndroid搭載スマートフォン「Xperia arc」の後継機種「Xperia arc S」を発表した。日本での販売予定は未定だが、グローバルでは2011年10月以降に発売される。(2011/9/1)

Sony S1改めTablet S、9月前半に出荷
間もなく市場に登場するソニーのタブレット端末。ソニーはこれまでS1と呼ばれていた製品をTablet Sという正式名称とした。S2の名称も気になる。(2011/8/30)

ソニー、「YouTube」などネット動画サービスに対応したBDプレーヤー「BDP-S480」「BDP-S380」
ソニーは、ネットワーク機能を強化したBDプレーヤー「BDP-S480」「BDP-S380」の2機種を発売する。上位機種の「BDP-S480」はBlu-ray 3Dの再生にも対応。(2011/8/23)

全ての国と地域で:
PSNおよびQriocity、7月6日に全サービス再開へ
7月6日に、4月20日から停止していたPlayStation Storeの全機能やゲーム内からのアイテムなどの購入が日本でも再開されることになった。(2011/7/4)

Qriocity全面再開で完全復旧宣言 ただし日本を除いて
6月9日、ソニーおよびSCEは、Qriocity(キュリオシティ)の全サービスを再開。これをもって4月20日に停止したPlayStation NetworkおよびQriocityの全サービスが再開することになる。(2011/6/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。