ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「広告代理店」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「あなたがどうあっても好きでいてくれる人はいる」 “落ち込んでいる時に励まされた世界の真理”の漫画が刺さる
いろいろな物事に通ずる考え方。(2022/1/13)

「年賀状ショック」の日本郵便 大企業で相次ぐ廃止表明も……環境配慮とデジタル化で対応
環境意識の高まりやコロナ禍でのテレワークの浸透やデジタル化を背景に、年賀状を廃止する企業が相次いでいる。(2021/12/27)

環境配慮とデジタル化で対応:
「年賀状ショック」の日本郵便 大企業で相次ぐ廃止表明も
環境意識の高まりやコロナ禍での働き方の変化を背景に、2022年用の年賀状を廃止する企業が相次いでいる。同年の年賀はがきの当初発行枚数は04年以降で最少となる18億2536万枚にとどまった。日本郵便は環境に配慮した紙を使うなど巻き返しを図っている。(2021/12/25)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 ユニリーバ島田氏(後編):
「“面接”という呼び名から、変えていけたら」──人事・採用のキーマンたちが見据える未来
企業と採用候補者の双方にとって「理想的な面接」とはどのようなものだろうか? 「あの会社サイテー」と思われるような面接はどうしたらなくせるか? ユニリーバ・ジャパン人事総務本部長の島田由香氏と、面接における候補者体験のアップデートを目指すシステム「HRアナリスト」を開発したシングラーの熊谷豪氏(代表取締役CEO)が対談。これからの面接のあるべき姿について意見を交わした。(2021/12/23)

きっかけは町田啓太さんの“リクエスト”:
LDHのファンアプリはなぜ、海外ユーザーを5倍に伸ばしたか サイバーエージェント専務が手掛ける「エンタメDX」
「次世代のエンターテインメントを作りたい」──サイバーエージェントとLDH JAPAN、両者の思いから生まれたというファンアプリ「CL」。海外MAUを1年間で5倍に伸ばした理由とは。(2021/12/22)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 ユニリーバ島田氏(前編):
人事部で「揉めに揉めた」──履歴書の顔写真・性別欄を廃止したユニリーバ島田氏に聞く、人事が“果たすべき役割”
ユニリーバ・ジャパンは、2020年春より、採用時の履歴書から顔写真・性別・ファーストネームの欄を削除した。この施策は、どのようにして生まれ、導入されたのか。また、導入をリードした島田由香氏が考える、「人事のあるべき姿」とは何か。(2021/12/22)

「漫画村」を“ほう助”した広告代理店「エムエムラボ」「グローバルネット」に1100万円の賠償判決、『魔法先生ネギま!』の赤松健さんが提訴
ついに広告代理店にもメスが。(2021/12/21)

GarageBandオンザラン:
「GarageBand」にジャズドラマーがやってきた
スタジオドラマー選び放題のGarageBand「ドラマー」に、ジャズが叩けるやつが2人加わった。(2021/12/17)

月平均13.5時間:
10年間で残業が最も減った「ホワイト業界」はどこ?
オープンワークが同社サイトのデータを集計したところ、10年間で月間平均残業時間は22時間減少し、24時間に。有休消化率は19%向上していることが分かった。残業が最も減った業界は……?(2021/12/17)

人材バリュー:
美大生の進路はどうなっている? キャリアの実態
世間の人は美大生にどんなイメージを持っているでしょうか? 芸術に何の素養も持たない私ですが、秋田県にある秋田公立美術大学において、美大生のキャリア教育を担当してきました。 結論から言えば……。(2021/12/12)

水沢アリー、“ハリウッドスター”のレオナルド・ディカプリオ邸で起きた珍事件を告白 「とんでもない事が起きた」
ビッグネームすぎる。(2021/11/16)

“真実”を見抜く人事戦略(10):
そのHRテック、本当に役に立つ? 見落としがちな「課題」と「思想」
人事関連の業務を効率化できるHRテックだが、実は導入に失敗する人事も多い。その失敗理由はどこにあるのだろうか? 見落としがちな観点について解説する。(2021/11/15)

水沢アリー、YouTubeを始動「もうTVから離れて随分と経つ私が」 2020年に帰国し広告代理店を起業
動画にはIMALUさんも登場。(2021/11/12)

新人コピーライターを「ゾワッ」とさせた先輩の教え 自信満々のコピーが酷評された理由に納得
「上手いこといえばいいってもんじゃないんだね」「どの仕事にも通じるなぁ」などの声が寄せられています。(2021/11/12)

沢渡あまねの「脱アナログ庁」:
今変わるべき霞が関──「雑務」が日本を滅ぼす前に
印刷、押印、製本、郵送、書留、FAXなど──とにかく雑務が多い日本。政府が「働き方改革」「DX」を掲げているにもかかわらず、霞が関内部にはガラパゴス化した理不尽な働き方がはびこっている。霞が関は変わることができるのだろうか? 具体的には、何から取り組むべきなのだろうか? 多くの企業や自治体、官公庁で業務改善支援を行ってきた沢渡あまね氏が考察する。(2021/11/5)

男性も“妊夫”になるNetflixドラマ「ヒヤマケンタロウの妊娠」 斎藤工のつわり姿に衝撃の声「出産の痛みに耐えられないのでは」
「斎藤工が妊娠する」というパワーワードよ。(2021/10/19)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
「データ活用」から考えるDX推進とは?
何のためのデータ活用か。イメージをしっかり持った上で基盤を構築し、必要なデータを準備することが重要です。(2021/10/1)

跡継ぎ候補をネットで募集 中小企業の「スモールМ&A」 
億のカネが飛び交う弱肉強食の世界”ハゲタカ”のイメージがある企業のM&Aだが、対照的な現象も起きている。跡取りのいない商店や町工場などの中小企業が、第三者に株や事業を譲ることで廃業を防ぐ「スモールM&A」だ。従業員の雇用や取引先、技術・文化を守る新時代の事業承継として、国も後押ししている。(2021/9/28)

“真実”を見抜く人事戦略(9):
あなたは大丈夫? 「嫌われ採用人事」の3つの特徴
採用には、人事の努力だけでなく現場社員の協力が欠かせない。その一方で、人事の業務や立場の特性上、気を付けないと嫌われてしまいやすい一面がある。「嫌われ採用人事」の3つの特徴とは?(2021/9/28)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
浦島太郎はノンフィクション?――未知や非常識に1歩踏み出すと新しい世界が広がる
探検も、人生も、最終的に目指すのは「いかにおもしろくするか」である。それでは「おもしろいとは何か」を考えるとその定義は難しい。探検家にとっての最高におもしろい人生とは。(2021/9/28)

進む「脱・都心」:
社員に「自己犠牲による忠誠」を強いる時代の終焉 「5%」がもたらす変化とは
企業が社員に「自己犠牲」を強いる時代が終焉を迎えつつある。背景にあるのは、企業と働き手の間にあるパワーバランスの変化だ。筆者は「5%」という数字に目を付け、今後の変化を予想する。(2021/9/28)

15億円の広告事業から撤退しSaaSに賭けるFringe81の決断
8月11日、Fringe81は10年以上に渡り手掛けてきたネット広告事業から撤退し、「ピアボーナス」を実現するSaaS「Unipos」専業とする公表を行った。併せて、社名も10月1日より「Unipos」となる。祖業を畳(たた)み「感情報酬」という新たな価値を主力サービスとする意思決定の背景とは、そして、今後の勝算をどう見据えているのか。(2021/9/7)

700種類以上のシーンや4コママンガから素材使い放題:
マンガ風クリエイティブを作成可能なクラウドサービス シンフィールドと日立ソリューションズが共同開発
簡単な質問に答えるだけでマンガ風広告素材がレコメンドされる「マンガフィールド」を提供。作った素材はFacebook、Twitter、InstagramなどのSNSやバナー広告などですぐに利用可能。(2021/9/2)

YouTubeだけじゃない:
別所哲也に聞く「企業ブランディングに映像が求められる理由」 急速に立ち上がった新市場
俳優の別所哲也氏が主催し、21年で23回目を迎えた国際短編映画祭SSFF。企業のブランディングを目的とした映像だけを集めた部門BRANDED SHORTSには、コンサルティングブランドであるデロイト デジタルが今年からパートナーとしてスポンサードしている。ビジネス業界と映像業界との距離の変化を捉えていきたい。(2021/9/2)

本田哲也氏×池田紀行氏 対談【前編】:
これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティングの第一人者として知られるトライバルメディアハウス代表の池田紀行氏が「ナラティブ」を語り尽くす。(2021/8/5)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」:
AIで採用・不採用の判断をすべきでない! HRテックCEOが警鐘を鳴らす採用DX
企業の採用活動は今後どのように変わっていくのか。その際に生じる課題とは何か。そして、AIで採用・不採用の判断をすべきでないと考える理由とは? 採用領域のHRテックに携わる2人のCEO──ZENKIGENの野澤比日樹氏とシングラーの熊谷豪氏が対談した。(2021/8/4)

逃げた方法は?:
「仕事から逃げたいなあ」と思った瞬間ランキング
ビズヒッツは、仕事から逃げたくなったことがある男女500人を対象に調査を実施。どんなときに仕事から逃げたくなるのか、また実際に逃げたことがあるか聞いた。(2021/7/28)

コンプレックスがある:
サブカルと広告業界と東京五輪開幕と
1986年に広告業界に足を踏み入れた筆者は、東京五輪2020の開幕式をどう見たかのか。まとめたくなったので書いてみた。(2021/7/25)

完売が続く:
売れすぎて入手困難に! なぜ無名ブランドの「ガトーショコラ」は人を魅了するのか
2020年10月の発売以来、9カ月連続で完売状態が続いているガトーショコラの店がある。名古屋と東京に店を構える「THE chocola(ザ・ショコラ)」だ。オーナーシェフに、開発の経緯や企業戦略を聞いた。(2021/7/26)

“真実”を見抜く人事戦略(8):
即戦力エンジニアの採用を目指す! ITに疎い人事は、どうしたらいい?
近年エンジニアの採用が爆発的に増え、各社で「取り合い」が起きている。そんな中、即戦力になるエンジニアを採用するために、人事は何をすべきだろうか。(2021/7/9)

金鳥の「いま、いいよね。一方通行の新聞広告」、続きはWebにあった
「金鳥」ブランドで知られる大日本除虫菊の新聞全面広告がネットで話題になっている。ネット広告へのアンチテーゼと見せながらネットに誘導するユニークな広告だ。(2021/7/6)

“真実”を見抜く人事戦略(7):
人事部と現場は、なぜもめる? 採用で起きるミスコミュニケーション3つと防止策
採用のシーンでは、しばしば人事部と他部署間でのミスコミュニケーションが起こる。よくあるミスコミュニケーションを3つ取り上げ、その防止策を解説する。(2021/6/30)

広告コピー生成、効果予測、チャットbot他:
電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学習したAI技術をモジュール化し、ニーズに合わせて組み合わせてWebアプリとして提供するものだ。開発の狙いについて聞いた。(2021/6/16)

スピン経済の歩き方:
ネットフリックス通販参入が、「日本のコンテンツ産業衰退」を早めるワケ
米ネットフリックスがECサイト「Netflix.shop」をスタートした。身近な話ではないので、「それが何か?」と思われたかもしれないが、筆者の窪田氏はこのことによって「日本のコンテンツ産業が衰退するのではないか」と予測する。どういう意味かというと……。(2021/6/16)

サードパーティーcookie廃止がIT部門にもたらす影響【第1回】
“脱サードパーティーcookie”でデジタル広告はどう変わる?
サードパーティーcookieの使用を禁止する動きが始まった。競争力を維持したい企業は、顧客を識別するための新しく強力な手段の検討を迫られている。(2021/6/10)

“真実”を見抜く人事戦略(6):
「オンライン面接元年」対応できた企業は何が違った? 今後気を付けるべきことは?
“オンライン面接元年”であった2020年度を振り返りながら、オンライン面接ならではの問題点や、採用人事が今後工夫すべき点を解説します。(2021/6/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
言葉は武器である。明石家さんまさんと島田紳助さんから学べ
ストライクゾーンはすぐそこである。さあ、あとは投げるだけである。勇気があるかどうか?(2021/6/3)

真実を見抜く人事戦略(5):
なぜあなたの会社は「内定辞退」が減らないのか? 効率の良い防止策、悪い防止策
内定辞退が多い会社の特徴はどこにあるのでしょうか。また、どうすれば解決できるのでしょうか。本記事では、内定辞退を防ぐための考え方を説明します。(2021/6/2)

Droga5が東京オフィス開設:
「世界最大のエージェンシー」としてのアクセンチュアが目指すブランドパーパス起点のクリエイティブとは?
アクセンチュア インタラクティブ傘下のクリエイティブエージェンシーDroga5が東京オフィスを開設。日本のブランドに変革をもたらす彼らのアプローチとは。(2021/5/24)

“真実”を見抜く人事戦略(4):
非モテ企業の“痛い勘違い” 採用人事はどう変わるべきか?
採用力が低く、候補者があまり集まらない「非モテ企業」は少なくありません。しかし、非モテ企業でありながらも、しっかりした採用を行い、業績を上げることは可能です。どのようなことに気を付け、採用に臨むべきでしょうか。(2021/5/21)

新機能「SPACES」も活用可能に:
Twitterのビジネス活用2021 有料フォロー、音声チャット、Z世代向け動画広告配信など
2021年も進化し続けるTwitter。新たな広告商品と効果的なビジネス活用についてプロダクト担当者が語った。(2021/5/19)

IT企業や広告代理店など:
ヤフー、副業マッチングサービス「Yahoo!副業(ベータ版)」の正式提供を開始
ヤフーは5月11日、副業マッチングサービス「Yahoo!副業(ベータ版)」の正式提供を始めた。現時点での掲載企業は、一休、エキサイト、カウシェ、博報堂、hey、Baseconnect、メディカルノート、ヤフー、LayerX(50音順)。(2021/5/11)

スピン経済の歩き方:
日本のアニメは海外で大人気なのに、なぜ邦画やドラマはパッとしないのか
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が米国でもヒットしている。このほかにも日本のアニメ・マンガは海外市場で勝負できているのに、なぜ邦画やドラマはパッとしないのか。その背景に、構造的な問題があって……。(2021/5/5)

視点:
縦割り・タコつぼ打破のための9か条
企業統治にルールと権限は必要である以上、多かれ少なかれ、官僚的な要素は不可欠であるが、過度な官僚化は「縦割り」を招き、自己の利益を優先する「タコつぼ」がいたるところに発生する。(2021/4/26)

三井物産と資本業務提携:
YouTube動画の内容に連動した広告配信 コンテクスチュアルターゲティングの「ZEFR」が日本上陸
動画の内容を解析してコンテンツに沿った広告を表示するコンテクスチュアルターゲティング「ZEFR」が日本でサービス提供開始。(2021/4/23)

“真実”を見抜く人事戦略(3):
採用の「多様化への対応」、何から始めるべき? 5つのポイント
人事は採用の多様化に対応するため、どのような点を意識すべきでしょうか。5つのポイントを解説します。(2021/4/23)

地方局のオフィス改革【前編】:
TBSと地方局、「放送業界初」の狙いは? JNN系列地方局の約半数が東京支社をシェアオフィスに移転
コロナ禍で企業の在宅勤務が進む中、港区赤坂に完成したシェアオフィスに、地方の放送局の東京支社が相次いで移転した。移転しているのはTBSをキー局とするニュースネットワークであるジャパン・ニュース・ネットワーク(JNN)系列の地方局。その狙いに迫った。(2021/4/19)

真実を見抜く人事戦略(2):
「Trelloで個人情報流出」から考える、人事のITリテラシー
プロジェクト管理ツール「Trello」経由で、個人情報が流出するという問題が発生しました。この問題は、使用者のITリテラシーの低さに起因しているという点が重要です。人事がITシステムを活用する際に理解すべきポイントを解説します。(2021/4/19)

広告による新規獲得の効率が悪化している今だからこそ:
EC企業が今、UGCを活用すべき理由
さまざま企業がECへの取り組みを加速させる中、新規顧客の獲得はますます重要になっている。一方で、そのための手段として重要なデジタル広告は、期待されるほどの効果を出しにくくなっている。この困難な状況をどう乗り越えればいいのか。デジタル広告のエキスパートが解説。(2021/4/14)

“真実”を見抜く人事戦略(1):
ジョブ型雇用の落し穴──“日本の法”と相性が悪い!
「ジョブ型雇用」はコロナ禍を経て人事業界で急激に広がりをみせたキーワードだが、背景にある思想や文化を無視して、言葉が一人歩きしている。本記事では、ジョブ型に飛びつく企業が見落としがちな落とし穴について説明する。(2021/4/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。