ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「分譲」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Business Media 誠:不動産チャンネル

プロジェクト:
「本厚木」駅から徒歩1分の場所に延べ2.4万m2のタワマンが誕生、三菱地所レジデンス
三菱地所レジデンスは、LIFULLが運営する住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」が2020年9月に発表した「コロナ禍での借りて住みたい街ランキング 首都圏版」で1位に選ばれた小田急小田原線「本厚木」駅から徒歩1分の場所に分譲マンション「ザ・パークハウス 本厚木タワー」を開発した。(2021/6/21)

黒川紀章の代表作:
“ビジネスマンの隠れ家”はやはり 「中銀カプセルタワー」解体へ 
建築家の故・黒川紀章氏の代表作として世界的に知られる、東京・銀座の「中銀(なかぎん)カプセルタワービル」。この春、解体・建て替えを計画する不動産業者に売却が決まり、2022年3月以降に解体される予定だ。(2021/6/15)

キッチンと洗面台が合体 1人暮らしの部屋を広くする「MIXINK」 三菱地所
キッチンのシンクと洗面台を一体化することで、水回りを省スペースにする「MIXINK」。一人暮らしマンションの生活空間を拡大できる。(2021/6/15)

7畳の居室スペースはどれくらい広くなる?:
三菱地所が開発 キッチンと洗面台の合体で居室スペースを拡大
三菱地所レジデンスが水回りの省スペース化を狙い、キッチンと洗面台が合体した住設機器を開発した。新型コロナウイルス長期化によるテレワークの影響で居室スペースの広さを意識する人が増加したことが開発のきっかけとなった。キッチンと洗面台が合体した姿は?実際に居室スペースはどれくらい広くなる?(2021/6/14)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
使い勝手や過ごしやすさを無視して設計しても、都心の家は引く手あまた?
広い家に引っ越したいけど、今よりいい家が見つかるのかどうか。(2021/6/9)

“いま”が分かるビジネス塾:
平均7764万円! 経済が振るわなくても、タワマンが売れている理由
首都圏の新築マンション価格が上昇している。コロナ危機が広がる中で、なぜタワマンが売れているのか。その背景について、筆者の加谷珪一氏が解説した。(2021/6/9)

建設業の人材動向レポート(33):
「住宅着工統計」に見る住宅市場の動向「2020年度の新設は8.1%減少」
本連載では、ヒューマンリソシア総研(旧ヒューマンタッチ総研)が独自に調査した建設業における人材動向について、さまざまな観点で毎月レポート。今回は、国土交通省の「住宅着工統計」をもとに新設住宅戸数の最新動向について分析する。(2021/6/4)

プロジェクト:
国技館通り沿いで約10年ぶりの新築分譲マンション、2022年4月下旬に竣工
伊藤忠都市開発と東京建物は、東京都墨田区両国2丁目で新築分譲マンション「クレヴィア両国 国技館通り」の開発を進めている。MRCの調査によれば、クレヴィア両国 国技館通りは、両国の目抜き通りに位置する国技館通り沿いで約10年ぶりに供給される物件で、総戸数50戸以上の物件としては初となる。(2021/6/3)

超高層住宅に抱く“幻想”:
曲がり角のタワマン、そろそろブームは終わるのか
先日、某週刊誌が東京都心に立地するタワーマンションが、欠陥住宅であるという記事を掲載した。その物件は都心の人気エリアに立地。業界のトップ企業が分譲し、2年前に建物が完成して入居もおおむね終わっていた。記事の内容からすると、相当な規模の補修工事が必要になりそうだ。(2021/5/28)

プロジェクト:
つくば市で総延べ10万m2超えのショッピングセンターが誕生、日本エスコン
日本エスコンが取得した商業施設「つくばQ't」「つくばMOG」「つくばCREO」の3施設は、改修を経て一体化し、地域密着型ショッピングセンター「tonarie つくばスクエア」として生まれ変わる。(2021/5/21)

プロジェクト:
大田区で入居者が専有部を広く使えるマンションが竣工、コスモイニシア
コスモスイニシアは、東京都大田区で、開発を進めていた分譲マンション「イニシア大森町N'sスクエア」が竣工したことを公表した。イニシア大森町N'sスクエアは、共用部として「コワーキングスペース」と「ランドリー」を併設したエリアを設けることで、入居者が専有部を広く使えるようにしている点などが評価され、既に全戸完売した。(2021/5/17)

プロジェクト:
随所に吹き抜けを設け全住戸で多面採光を実現した分譲マンション、小田急不動産ら
小田急不動産や大和ハウス工業、三菱地所レジデンスは、東京都渋谷区にある分譲マンション「リーフィアレジデンス上原」に設置された各部屋の購入者への引き渡しを2021年3月15日に行った。(2021/5/12)

ZEH-M:
ZEH×IoTマンション「プレミストタワー靱本町」、高効率設備でエネルギー消費量を削減
大和ハウス工業は、大阪市西区で超高層ZEH-M実証事業に採択された分譲マンション「プレミストタワー靱本町」を開発中だ。今回の物件は2021年1月9日にモデルルームをオープンし、同年2月下旬から販売を開始している。(2021/5/12)

プロジェクト:
再エネを活用する新街区「船橋グランオアシス」完成
大和ハウス工業の大規模複合開発プロジェクト「船橋グランオアシス」が、2021年3月31日に完成。総戸数861戸の分譲マンション・賃貸住宅・戸建分譲住宅および商業施設から成る街区である。街区内の住居や施設で再生可能エネルギーを活用していく。(2021/5/10)

ノウハウを蓄積:
沖縄で木造住宅が増加傾向 「割安感ある」コロナ禍が後押し
りゅうぎん総合研究所は4月30日、調査リポート「一戸あたり工事費予定額からみる今後の住宅市場」を発表した。(2021/5/3)

PR:そのマンション、30年後はいくらで売れる? “いつか売るもの”として買う時代に「マンション将来価格予測サービス」のすすめ
気になるマンションの口コミや偏差値がわかる「マンションレビュー」が便利です。(2021/4/23)

プロジェクト:
総延べ3.5万m2の大型分譲マンションが藤沢市で竣工、テレワーク可能な共用部を完備
大和ハウス工業が、神奈川中央交通と長谷工コーポレーションとともに、神奈川県藤沢市で開発を進めていた分譲マンション「プレミスト湘南辻堂」が2021年1月22日に竣工した。プレミスト湘南辻堂は、いきもの共生事業推進協議会が主催する「第2 回ABINC賞」で、「特別賞」を受賞した物件。開発のプランニング段階で、敷地の生態系調査を行い、約9700平方メートルの広大な緑地に生き物の生息場所となるビオトープを計画した。具体的には、バードバスや巣箱を設けるなどの環境保全に取り組んだ。(2021/4/19)

プロジェクト:
新さっぽろ駅周辺地区開発プロジェクト、新街区の名称を公募
大和ハウス工業など6者が共同開発する「新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」では、教育機関が立地するG街区が完工。分譲マンションや商業施設、医療施設などで構成するI街区の第1および第3工区の概要が決定した。(2021/4/12)

小田急不動産がコインランドリー事業に参入 4月15日に1号店オープン
小田急電鉄の直系不動産会社がコインランドリー1号店を経堂にオープン。充電コンセントやフリーWi-Fi完備。(2021/4/9)

VR:
VRを活用した“次世代型マンション防災”のプロジェクト始動、大和ライフネクストと理経
大和ライフネクストと理経は、横浜市の監修を受けつつ、マンション住人向けにVRを活用した防災コンテンツを制作することを明らかにした。(2021/4/1)

プロジェクト:
ロンドンの大規模再開発「テレビジョンセンター西オフィス棟」着工、大手アパレル「PVH」と賃貸契約
三井不動産は、英国ロンドンで日系企業としては最大の都市開発とされる「ホワイトシティプレイス再開発計画」のうち、テレビジョンセンターの西オフィス棟に着工した。(2021/3/29)

調査レポート:
日鉄興和不動産とオカムラが在宅勤務の実態を調査
日鉄興和不動産が運営する研究所「+ONE LIFE LAB」は、オフィス家具メーカーのオカムラが進めるプロジェクト「WORK MILL」と共同で、在宅勤務の実態をリサーチした。調査結果から、今後、在宅ワークに使用するワークプレースは、限られたスペースの中でそれぞれの目的を達成できるバランスが重要になると予想。こういった予測に基づき、日鉄興和不動産は分譲マンション専有部の企画を構築していく方針を示している。(2021/3/12)

災害時の助け合い調査 「共助力が高い街ランキング」1位は?
1都4県で一番共助力が高かったのが、住宅街が広がり地域イベントが活発な千葉県千葉市「西登戸」。詳細は?(2021/3/11)

調査レポート:
近畿圏の新築分譲マンションの市況を調査、全体的に低迷するも大阪都心部では一部好調
大阪不動産マーケティング協会は、会員企業の31社を対象に、近畿圏の新築分譲マンションにおける市況に関して調査した。結果、新型コロナウイルス感染症の影響で、モデルルームへの来場者が減少している他、近畿圏で新築分譲マンションの需要が低迷している一方で、大阪市都心部ではニーズがあり、一部好調な企業が存在することが明らかになった。(2021/3/5)

コロナ禍で新築マンションの購入条件が変化 ワークスペースや徒歩圏内の環境を重視
リクルート住まいカンパニー(東京都港区)は、新築分譲マンションの購入検討者994人を対象に意識調査を実施した。その結果、ワークスペースのあるタイプの間取りを購入検討したい人が4割以上を占めたことが分かった。(2021/3/3)

VR:
“脱モデルルーム”が実現するクラウド型VR内覧、関内の新築マンションギャラリーで採用
日鉄興和不動産は同社初となる新築マンションの「体験型VRモデルルーム」に、スタイルポートのクラウド型VR内覧システム「ROOV walk」を採用した。モデルルームを作って見せるという既存のマンション販売の在り方を変革し、非接触が求められるコロナ禍でも有効な販売戦略の一つと位置付けている。(2021/3/3)

コロナ禍でも都心マンションのニーズは回復 「自宅への投資」を重視
マンション購入に対するアンケートを実施した。その結果、新築マンションの購入意欲が「増えた」という回答は25.9%に及び、「減った」の9.6%を上回った。(2021/3/2)

ZEH:
賃貸住宅のZEHで“実績No.1”達成、入居者と施主がともに喜ぶ積水ハウスの「シャーメゾンZEH」
2050年までの脱炭素社会の実現に向け、国内のさまざまな企業で具体的なアクションが求められているなか、ハウスメーカーの積水ハウスは環境に配慮した「住」のアプローチで、いち早くZEH対応の戸建て住宅を多数開発し、今では累計棟数で業界のトップランナーとなった。ここ数年は、賃貸住宅のZEH化にも乗り出し、2017〜2019年の契約戸数で業界最多を達成したという。(2021/2/26)

名古屋が躍進:
2021年「住みたい街ランキング」関西版と中部版 圧倒的な強さを見せつけたのは?
不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営するLIFULLが住みたい街ランキングを発表した。関西版と中部版の結果は?(2021/2/13)

「住みたい街ランキング」コロナで激変 賃貸トップは都内ではなく「本厚木」
賃貸で住みたい町1位は「本厚木(ほんあつぎ)」(神奈川県)……コロナ禍で首都圏の“住みたい街”ランキングが激変。賃貸派は郊外化が顕著になり、購入派は都心と郊外に二極化した。(2021/2/10)

コロナ禍の影響も:
首都圏の「借りて住みたい街」「買って住みたい街」ランキング 2020年の結果は?
2020年における首都圏の「借りて住みたい街」「買って住みたい街」ランキングをLIFULLが発表した。不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」に掲載された物件の問い合わせ数から算出した。コロナ禍の影響は?(2021/2/10)

1人の時間を大事にできる「家庭内週末婚」の部屋が話題に コロナ禍に対応した新しい暮らしの形
広報担当者に物件について聞きました。(2021/2/5)

近畿と九州、新築分譲マンションの満足度ランキング 1位のブランドは?
近畿と九州地方の新築分譲マンションの満足度ランキング。「総合」「評価項目別」「部門別」にランキングを発表。結果は?(2021/2/5)

首都圏と東海、新築分譲マンションの満足度ランキング 1位のブランドは?
首都圏と東海地方の新築分譲マンションの満足度ランキング。結果は?(2021/2/4)

日々刻々と優先順位が変化する多数の業務要求(機能追加)に短期間で対応するには:
PR:1カ月に10〜20機能のリリースを繰り返して進化する基幹業務システム――8年間の活用で実感したローコード開発基盤のメリットとは
マンションやビル、不動産の管理事業を手掛ける日本ハウズイングは、ローコード開発基盤を使って社内の基幹業務システムを刷新した。その後8年以上にわたり、改善と機能追加を繰り返しながら今も日々進化を続けている。ローコード開発基盤を8年間活用して感じているメリットなどについて同社に聞いた。(2021/3/22)

東京23区の家賃相場が安い駅ランキング 1位は?
東京23区、家賃相場が安い駅ランキング 2021年版。結果は?(2021/1/26)

2020年、コロナ禍の市場は:
首都圏マンション価格、バブル期以来の6000万円台 供給は1割減
不動産経済研究所によると、2020年の首都圏の新築マンション1戸当たりの平均価格は前年比1.7%増の6084万円だった。6000万円台となるのは1990年以来。一方、供給数はコロナ禍の影響で28年ぶりの3万戸割れとなった。(2021/1/25)

首都圏で「住みここちがいい沿線」ランキング 目黒線や東横線を抑えて1位となったのは?
「いい部屋ネット 街の住みここち沿線ランキング2020首都圏版」。結果は?(2021/1/22)

ネット通販隆盛 物流施設建設ラッシュで変わる田園都市 
高齢化や農業離れなどの課題が山積する中、交野市の星田北エリアでは地元住民と市、企業が一体となって広大な土地区画整理事業を進めている。(2021/1/22)

ネット通販隆盛 物流施設建設ラッシュで変わる田園都市
田園風景が多く残る大阪府北東部地域に、EC隆盛の時代に欠かせない巨大な物流施設が姿を現した。日本生命は大型物流施設への投資について「ネット通販市場の拡大で継続的な需要があり、オフィスと比較して高い利回りが期待できる」とする。(2021/1/22)

プロジェクト:
野村不動産が仙台市で2棟の分譲マンションを開発、脳トレ扱った入居者サービスを導入
野村不動産は、宮城県仙台市青葉区二日町で、入居者向けのヘルスケアサービス「WellnessConnect」を初導入した分譲マンション「プラウドタワー仙台晩翠通サウス」と「プラウドタワー仙台晩翠通セントラル」の開発に着手した。(2021/1/15)

プロジェクト:
三井不動産らが台湾で延べ16万m2超えのタワマン開発に着手
三井不動産は、台湾で2016年に設立した現地法人の台湾三井不動産を投資拠点として、台湾各地で商業施設事業やホテル事業、住宅事業の計11物件を推進している。住宅事業では現在、大規模タワーマンション開発プロジェクト「(仮称)中和板南路プロジェクト」と「(仮称)台南永華路プロジェクト」に着手している。(2021/1/12)

「玄関前」をプラットフォームに:
置き配バッグ「OKIPPA」 顧客と社会の課題解決、そして新たな価値創造へサブスクリプションという選択
ネット通販利用の拡大と共に注目されるようになったのが宅配便の再配達による社会的損失という課題。解決策の一つである「置き配」に注目して事業を営む物流系ITスタートアップ企業の市場創造戦略を探った。(2020/12/24)

マンションビジネス総合展:
コロナの影響でマンション市場に大幅な変化、長谷工総研の独自分析から読み解く
2020年上半期の新規分譲マンションの供給は首都圏/近畿圏とも減少となり、全体として大幅な減少。価格面では、首都圏で平均面積が減少し、1平方メートルあたりの価格が大幅に上昇した一方で、近畿圏の平均価格は横ばい、面積の縮小も若干にとどまる結果となった。(2020/12/21)

プロジェクト:
延べ6万m2超えの高層マンションが渋谷で竣工、三井不動産ら
三井不動産、三井不動産レジデンシャル、日本設計が開発を進めていた“渋谷区役所建て替え計画”の住宅棟「パークコート渋谷 ザ タワー」が2020年8月に竣工した。現在、総販売戸数のうち約半分を販売しており、2021年1月に住人が入居を開始する。(2020/12/16)

なぜ島津製作所はノーベル賞企業になれたのか〜歴史から学ぶ成長する企業の必須要素:
最先端テクノロジーの起源は仏具
仏具は日本のものづくりの原点であり、京都の仏具商からは最先端テクノロジーをけん引するグローバル企業が生まれている。(2020/12/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR九州の新型観光列車「36ぷらす3」の“短所を生かす”工夫 都市間移動を楽しくする仕掛けとは
JR九州の新型観光列車「36ぷらす3」に試乗した。観光列車先駆者である同社の新型車両は、車窓を楽しむ列車ではない。窓が小さく、景色を見せられない分、車内でのおもてなしに力を入れている。観光都市間を移動する空間を楽しくする、これまでとは違う列車だ。(2020/11/28)

住宅ビジネスフェア2020:
新築の戸建てと分譲マンションの最新市場動向、コロナ禍で低価格物件が好調
リクルート 住まいカンパニーは、首都圏で新築戸建て住宅または新築分譲マンションを購入した一般消費者を対象に、2019年4〜8月とコロナ禍の2020年4〜8月に動向調査を行った。結果、新型コロナウイルス感染症の影響で、完工した戸建て住宅のニーズが高まったことや低価格の一軒家を購入する一般消費者の増加を明らかにした。(2020/11/25)

プロジェクト:
野村不動産、ベトナムの大規模タウンシップ開発へ参画
野村不動産は、ベトナム現地デベロッパーEcoparkとのパートナーシップを軸に、ハノイエリアの大規模開発事業「Ecoparkプロジェクト」内の分譲住宅事業へ参画し、付加価値向上を目指す。(2020/11/20)

調査レポート:
野村総研が2020〜2040年度の住宅着工戸数を予測、コロナ影響は2020年度の第3四半期がピーク
野村総合研究所は、2020〜2040年度の新設住宅着工戸数と2019〜2040年度のリフォーム市場規模を予測した。レポートでは、新設住宅着工戸数の予想では、新設住宅着工戸数への新型コロナウイルスの影響がピークになる時期も推測している。(2020/11/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。