ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「次世代」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「次世代」に関する情報が集まったページです。

FAニュース:
アジレントがオンラインLCでプロセス製造分野に参入、次世代LIMSも投入へ
アジレント・テクノロジーは、プラントなどの反応槽内における製造物の状態をオンラインで監視できるオンラインLC(液体クロマトグラフィー)システムと次世代のラボ情報管理システム「SLIMS」を発表した。(2022/8/15)

フライング気味の「Wi-Fi」新規格品
「Wi-Fi 7」ルーターが来る 次世代無線LAN“3つの進化”
「Wi-Fi 7」の標準化が完了するのはまだ先になる見込みだが、早くもWi-Fi 7をうたう製品が出てきた。「Wi-Fi 6」と比べて何がどう変わるのか。主だった特徴を見てみよう。(2022/8/12)

「Web3」(Web 3.0)の一押し学習サイト8選【第4回】
Web3が学べる「Zero To Mastery」5時間コースと「LearnWeb3」“4年制”コースとは?
次世代インターネット「Web3」について学習したいなら、学習サイトが大いに役立つ。複数ある学習サイトの中から、「Zero To Mastery」「LearnWeb3」を取り上げる。(2022/8/12)

BAS:
屋根裏から床下まで省エネで涼しい!エアコン1台で“家丸ごと”次世代空調システム「マッハシステム」
「マッハシステム」は、空調設計におけるこれまでの常識を覆す、全く新しい空調システムだ。その特徴は、屋根裏から床下を含む住宅全体の温度や湿度を調整し、チリやホコリも取り除けることにある。他の空調システムよりもランニングコストが安く、15年前後で迎える多い大規模メンテナンスの費用も少なくて済むという。(2022/8/11)

医療機器ニュース:
フォトンカウンティングCTは被ばく量が15分の1、コントラスト分解能もMRIに迫る
シーメンスヘルスケアは、次世代CTと呼ばれるフォトンカウンティングCT「NAEOTOM Alpha(ネオトム アルファ)」について、東海大学医学部付属病院の導入事例を紹介した。NAEOTOM Alphaは2022年1月に国内における製造販売認証を取得しており、同病院に国内初号機が導入された。(2022/8/10)

次世代EV向けプラットフォーム:
AMDとECARX、デジタルコックピットの開発で提携
AMDは、没入型デジタルコックピットの開発に向けて、ECARXと戦略的提携を行った。両社は次世代型電気自動車(EV)に向けた車載コンピューティングプラットフォームを開発し、2023年後半にも量産を始める予定だ。(2022/8/10)

レガシーデータを新しい環境へ
データドリブン経営の最初の課題「データ統合」をどうする?
レガシーシステムのデータを次世代のアナリティクス環境へと移行したい――古くから事業を営む企業であれば、必ずといっていいほど頭を悩ませる問題だ。どうしたら解決できるのか。(2022/8/10)

熟練工の技術伝承と作業手順のデジタル化を同時に実現:
PR:伝承/育成/標準化、製造現場の課題を解決する「人」中心のソリューション
日本の製造業を支えてきた現場力。それがベテランの退職や次世代を担う人材の不足などで技術伝承が難しくなっている。熟練工の技術を伝承しつつ作業手順をデジタル化し、製造部門全体の最適化につながる「人」中心のソリューションとは?(2022/8/9)

組み込み開発ニュース:
DXに貢献する次世代産業用通信ネットワークや最先端電源製品など出展
アナログ・デバイセズは「TECHNO-FRONTIER 2022」(2022年7月20〜22日、東京ビッグサイト)に初めて出展し、「次世代の産業用通信ネットワーク」「DXを支える最先端電源」などをテーマに関連製品群を紹介した。(2022/8/4)

GaNパワー半導体入門(2):
GaN FETの特性
省エネ化/低炭素社会のキーデバイスとして、化合物半導体であるGaN(窒化ガリウム)を用いたパワー半導体が注目を集めている。本連載では、次世代パワー半導体とも称されるGaNパワー半導体に関する基礎知識から、各電源トポロジーにおけるシリコンパワー半導体との比較まで徹底解説していく。第2回である今回は、GaN FETの特徴であるスイッチングスピードに関して、他の素子と比較しながら解説する。(2022/8/10)

組み込み開発ニュース:
次世代Bluetoothオーディオ規格「LE Audio」の仕様が完成
Bluetooth SIGは、次世代Bluetoothオーディオ規格「LE Audio」の仕様一式を発表した。ワイヤレスオーディオの性能が向上し、補聴器へ対応するほか、新機能「Auracastブロードキャストオーディオ」も導入する。(2022/8/3)

アナログ・デバイセズが初出展:
10BASE-T1LイーサネットPHYやセキュア認証用ICを展示
アナログ・デバイセズは「TECHNO-FRONTIER 2022」(2022年7月20〜22日/東京ビッグサイト)に初出展し、「次世代の産業用通信ネットワーク」「ハードウェア認証用セキュリティデバイス」などをテーマに、関連する製品群を展示した。(2022/8/1)

再開発が進む池袋:
西武池袋本店、10年ぶりのリニューアル 次世代顧客をターゲットに売場を刷新へ
そごう・西武は7月28日、約10年ぶりとなる西武池袋本店の改装を実施すると発表した。2022年度から23年度にかけて、食品・化粧品・プレステージ雑貨の他、アート領域の改装に着手する。今回の改装は、次世代顧客をターゲットにした売場の刷新が狙いで、改装には同世代の社員が携わるなどリアルなニーズを反映。リアル店舗ならではの対面コミュニケーションや、体験価値を重視した売場づくりを進めるとしている。(2022/7/29)

スマートリテール:
ロボットによる在庫管理、レジ決済を可能にするための研究を開始
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、「人と共に進化する次世代人工知能に関する技術開発事業」において、商品情報データベースを構築するための研究テーマを採択した。ロボットによる在庫管理やレジ決済が可能になるよう、研究開発を進める。(2022/7/28)

アンカー・ジャパン、次世代充電技術「GaNPrime」を発表
アンカー・ジャパンは100W以上の超高出力・小型化し、複数ポートへ電力最適配分で充電効率を高めた充電技術と対応製品群を発表した。(2022/7/26)

車載ソフトウェア:
提携によりデジタルコックピット向けターンキー開発ソリューションを提供
ElektrobitとThe Qt Companyは、次世代自動車デジタルコックピットに向けたターンキー開発ソリューションを提供する。同ソリューションを用いることで、AUTOSARアーキテクチャ上でのHMIの開発が加速し、コスト削減などが可能となる。(2022/7/26)

「Web3」(Web 3.0)の一押し学習サイト8選【第1回】
Web3とは何なのか? 「なぜ重要か」の“端的な答え”
盛り上がりを見せている次世代インターネット「Web3」とは、どのような技術なのか。なぜ一部の技術愛好家だけではなく、企業や政府まで広く関心を集めるのはなぜなのか。簡潔に示す。(2022/7/22)

材料技術:
ENEOSと自動車メーカー4社でバイオエタノール、原料栽培から燃料製造まで共同研究
ENEOS、スズキ、SUBARU(スバル)、ダイハツ工業、トヨタ自動車、豊田通商の6社は2022年7月20日、「次世代グリーンCO2燃料技術研究組合」を設立したと発表した。(2022/7/21)

米Qualcomm、ウェアラブル向けのプラットフォーム「Snapdragon W5/W5+」を発表
米Qualcommは7月19日(現地時間)、次世代ウェアラブル向けの新プラットフォーム「Snapdragon W5/W5+」を発表。OPPOとMobvoiから同プラットフォーム搭載のスマートウォッチが年内に登場する見こみ。4nmベースのシステム・オン・チップと22nmベースの高集積常時接続コプロセッサで構成されている。(2022/7/20)

ガバメントクラウドとの接続を想定:
北九州市がシステム共通基盤のハイブリッドクラウド化を推進 日立が検証を支援
北九州市は日立とともに「ハイブリッドクラウド運用を実現する次世代システム共通基盤構築に向けた共同研究」を開始する。同市のシステム共通基盤をガバメントクラウドと相互接続したハイブリッドクラウドでの運用を想定して、さまざまな調査を実施する。(2022/7/20)

M2搭載新世代MacBook Airを念入りにチェックしたら、こんなことが見えてきた
Mac OTAKARA流の超細かいチェックで判明した事実をお届けしよう。(2022/7/15)

BEVで勝負:
アウディが仕掛けるEVとSDGs戦略 次世代パワートレインはEVで確定
アウディは2026年以降に全世界で発表するモデルは全て電気自動車で、33年を最終期限として内燃エンジンの生産は段階的に廃止する。岡山県真庭市で実施したツアーの様子と共にEVとSDGs戦略をひもとく。(2022/7/15)

拡張分析がもたらす「BI改革」【中編】
「AI」で「BI」を自動化すべき理由 コールセンターの“あの苦労”が軽減か
ビジネスインテリジェンス(BI)ツールは高度な知識がなくても使えるようになり、活用が広がっている。企業はこうした“次世代”のBIツールで何ができるようになるのか。コールセンターを例に考える。(2022/7/14)

NXP S32Z、S32E:
次世代自動車向けリアルタイムプロセッサ
NXPセミコンダクターズは、ソフトウェアデファインドビークル向けリアルタイムプロセッサ「S32Z」「S32E」ファミリーを発表した。ソフトウェアの統合を簡素化し、効率的かつ安全な次世代自動車の開発に貢献する。(2022/7/8)

量子コンピュータによるサイバー攻撃に備えよ NISTが耐量子暗号アルゴリズム候補を発表
NISTはポスト量子暗号アルゴリズムの最初の4候補を発表した。将来、量子コンピュータを悪用したサイバー攻撃が発生した場合、多くの公開鍵暗号システムが突破される可能性があり、現在主流の暗号化アルゴリズムに代わる次世代の暗号化として注目が集まっている。(2022/7/8)

キヤノンITS、柔軟なクラウド連携も実現可能な次世代EDIサービス「EDI-Master Cloud」を提供開始
キヤノンITソリューションズは、クラウドネイティブな環境での運用を実現したEDIサービス「EDI-Master Cloud」を発表した。(2022/7/4)

何が起きているのか:
芳賀・宇都宮のLRTがまた延期、なぜ?
栃木県で宇都宮市と芳賀町が進める次世代型路面電車(LRT)の全線開業が、来年3月の予定から数カ月延期される見通しとなった。市は「工事の遅れが原因」と説明するが、延期は2度目。日本で初めて、既存路線の改良や延伸でなく「ゼロからの新設計画」として注目されるLRTに何が起きているのか。(2022/7/2)

Innovative Tech:
一度に複数の楽器を個別録音できる次世代マイク 米カーネギーメロン大が開発
米カーネギーメロン大学は、同時に演奏するそれぞれの楽器を一度に個別収録できるマイクシステムを開発した。理論上はオーケストラの演奏でも、各楽器を全て別々に録音できる。(2022/7/1)

Supply Chain Dive:
ウォルマートの止まらぬ自動化計画――受注から30分以内に発送する“次世代”センターが次々にオープン
小売り大手のウォルマートは先端技術を詰め込んだ新しい配送センターを4つ建設すると発表した。同社は2021年、これらとは別に“ハイテク”配送センターを開設したばかりだ。これらの配送センターの増設によって、注文の翌々日には商品を届けるスピードアップを実現する他、従業員への“ある効果”も期待している。(2022/7/1)

LPWAの相互運用性の実現も視野に:
Sigfoxは次世代へ、新たなオーナーUnaBizの戦略
フランスSigfox社を買収し、IoT業界を驚かせたシンガポールのスタートアップUnaBiz。同社は、Sigfoxネットワークの新たなオーナーとして、次世代のSigfox構築を目指している。(2022/6/30)

インド/新興市場での拡大を狙う:
ルネサス、車載/無線分野でインド大手財閥Tata Groupと協業
ルネサス エレクトロニクスは2022年6月29日、インドの大手財閥「Tata Group」傘下の2社と半導体ソリューションの設計、開発、製造面で協業すると発表した。次世代の車載エレクトロニクスや無線ネットワークソリューションに向けた開発を進め、「インドおよび新興市場向けのエレクトロニクスの進化を加速する」としている。(2022/6/29)

Metaだけではない ジャパンディスプレイ、ソニーも追う、新世代HMDの技術トレンドとは何か
Metaが試作中のVR HMD試作機を大量に公開した。同社が突出しているように思うかもしれないが、実は他のメーカーも同じ方向で技術開発を進めている。新世代HMDはどのようになるのか、西田宗千佳さんが解説する。(2022/6/29)

シリコンバレーから見た風景:
シリコンバレーは今や自動車開発の街 どんなクルマでどんな会社なのか、まとめてみた
シリコンバレーはIT企業だけのものではない。最近では次世代の自動車産業が勃興している。(2022/6/28)

ローデ・シュワルツ R&S RTP:
新UI、大型ディスプレイ搭載のオシロスコープ
ローデ・シュワルツは、同社のオシロスコープ「R&S RTP」の新世代品を発売した。従来モデルより大型で明るいフルHDの13.3インチタッチスクリーンを採用したほか、機能強化したUIにより、直感的な操作が可能となっている。(2022/6/28)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
包括的なセキュリティ機能を完備、安全性と生産性を向上させる次世代HCIとは
セキュリティは業務の妨げになると捉えられがちだが、適切なインフラを導入すれば安全性の強化と生産性の向上は両立が可能だ。そうしたソリューションの1つとして、包括的なセキュリティ機能を組み込みで提供するHCIが注目されている。(2022/6/29)

電動化:
日立がハイパーループのデジタルシミュレーターを開発、物理的試験への道を開く
日立製作所傘下の日立レールとハイパーループTTは、最高時速1200kmでの超高速走行を想定する次世代の交通システム「ハイパーループ」について、欧州共通の列車制御システム(ERTMS)に基づくクラウドベースでのPoCを完了したと発表した。ハイパーループの商用化に向けて重要なマイルストーンになるという。(2022/6/27)

よみがえったテープ人気は続くのか【中編】
「テープ」の出荷本数が増える異常事態 “ありえない”が起きた理由とは?
LTOのテープは新世代が出るたびに容量が大幅に増加している。これがテープの出荷容量の増加にもつながっている。2021年は予測に反して出荷数も増加に転じた。それはなぜなのか。(2022/6/27)

「ニコニコ動画ってサイトが次世代のYouTubeになるかも!」インターネット老人が見たツイートがショックすぎると話題に
十何年か前に似たような話題を見た。(2022/6/26)

日本TI Sitara AM62シリーズ:
消費電力50%減、エッジAI向けSoC
日本テキサス・インスツルメンツは、システムの消費電力を最大50%削減可能な、エッジAI向けプロセッサ「Sitara AM62」シリーズを発表した。AIによるさまざまな分析機能を備えた、次世代のHMIデバイスの開発に貢献する。(2022/6/24)

日本ものづくりワールド 2022:
ExtraBold、独自開発の3D付加製造機で作ったプロダクトや材料リサイクルを提案
ExtraBoldは「日本ものづくりワールド 2022」(リアル展、東京ビッグサイト、2022年6月22〜24日)内の「第5回 次世代3Dプリンタ」に、パートナー企業である前田技研、三井化学と共同出展し、ExtraBoldが独自開発した3D付加製造機「EXF-12」の実機展示、EXF-12で製造された各種プロダクトやパートナー各社の取り組み、樹脂材料リサイクルの実演デモなどを訴求した。(2022/6/24)

日本ものづくりワールド 2022:
3Dプリンタで量産ニーズに応えるスワニー、実現のカギは生産技術との融合
スワニーは「日本ものづくりワールド 2022」(リアル展、東京ビッグサイト、2022年6月22〜24日)内の「第5回 次世代3Dプリンタ展」に出展したCarbon(JSR)のブース内にて、同年6月22日に発表した「製造業向け金型レス部品量産サービス」に関する展示を行っていた。(2022/6/24)

量子コンピュータ:
グルーヴノーツと九州大学が提携、量子コンピュータを半導体産業に応用
グルーヴノーツは2022年6月21日、量子コンピュータの半導体産業への応用や人材育成などに向けて、九州大学とMOUを締結したことを発表した。半導体産業が抱える課題解決に量子コンピュータを活用し、半導体製造工程の最適化や次世代CPS(サイバーフィジカルシステム)の開発、導入を目指す。(2022/6/24)

フォルクスワーゲンCEO、Apple Carには懐疑的 CarPlayのみのアプローチとの見方
次世代CarPlayへの公式賛同は示していないが、Appleの方向性についての観測はコメントした。(2022/6/23)

組み込み開発ニュース:
JDIは「技術立社」へ、ディスプレイ業界のArm目指し世界初と世界一を連打
ジャパンディスプレイ(JDI)が成長戦略「METAGROWTH 2026」に向け開発を進めている新技術について説明。次世代OLED技術「eLEAP」やバックプレーン技術「HMO」、透明ディスプレイ「Raeclear」など「世界初、世界一」となる独自技術の開発を推し進めるとともに、オープンなライセンス展開も行うことで「ディスプレイ業界のArmを目指す」という。(2022/6/23)

MediaTek、5Gチップ「Dimensity 9000+」発表 3億2000万画素カメラや7Gbps通信をサポート
MediaTekは、6月22日に次世代フラッグシップスマートフォン向け5Gプロセッサ「Dimensity 9000+」を発表した。搭載端末は2022年の第3四半期にリリースされる予定。(2022/6/22)

日本が取り組むべきHW開発戦略とは:
産総研、次世代コンピューティング基盤戦略を策定
産業技術総合研究所(産総研)エレクトロニクス・製造領域およびTIA推進センターは、次世代コンピューティングのハードウェア開発において、日本が取り組むべき戦略を策定し、その概要を公開した。(2022/6/21)

「Web 3.0」の「3大リスク」【前編】
「Web 3.0」(Web3)で仮想通貨を奪う“4つの手口”とは?
次世代インターネット「Web 3.0」の具現化が急速に現実味を帯びている。さまざまなメリットの裏面にはリスクも潜む。Web 3.0を安全に活用するにはどうすればいいのか。(2022/6/21)

電動化:
次世代エアモビリティの開発着々、ロールス・ロイスが電動化推進を本格化
ロールス・ロイスは2022年6月15日にオンライン記者会見を開き、次世代エアモビリティや大型航空機などの電動化推進によるネットゼロ実現に向けた取り組みを説明した。(2022/6/20)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
「スイッチ買ったばかりなのに、もう次のハードが出るの?」 任天堂を悩ます次世代機の投入タイミング
4回に渡りゲーム企業の決算を取り上げて、日本のゲーム業界の現状と今後について考えていきます。今回取り上げるのは任天堂です。もちろんご存じの通りで「ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)」などのハードも製作していますし、「スーパーマリオ」や「どうぶつの森」などのソフトも製作している日本を代表するゲーム企業です。(2022/6/17)

プロジェクト:
日本初となる高さ44メートルの高層純木造耐火建築物が完成、大林組
大林組は、同社の次世代型研修施設として、全ての地上構造部材を木材とした高層純木造耐火建築物「Port Plus」を神奈川県横浜市で建設した。建物は、純木造耐火建築物として、国内最高となる高さ44メートルを達成した。(2022/6/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。