ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「物件」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Business Media 誠:不動産チャンネル

一般的なトイレが驚きの激安DIY術で…… 衝撃の大変身に「我が家のトイレもやってほしい!」「ここまで出来るのはかっけー!」と710万再生
デザイナーズ物件のようなトイレに。(2024/6/16)

産業動向:
大和ハウスの非住宅再生ブランド「BIZ Livness」本格始動 2026年度に売上高4000億円
大和ハウス工業は、老朽化が進む非住宅分野のオフィスや工場、医療施設、商業施設などの再生需要に応えるべく、新たな事業ブランド「BIZ Livness」を本格始動させた。グループ内4社の総合力で、自社施工物件だけでなく、他社施工も含め、建て替えやリノベーション、買い取り再販、ZEB化などで、2026年度に売上高4000億円を目指す。(2024/6/11)

え……なにこれ!? 都内の家賃33万円物件、リビングに隠された“まさかの設備”に仰天 「こういうの好き」
想像のナナメ上の“地下”シェルターです。(2024/6/8)

不動産DXのいまを知る:
生成AI×不動産の可能性とは? 「物件画像」の作成と課題から考える
消費者に居住イメージを届けるホームステージング画像。画像生成AIで生成することはできるが、多くの課題も。課題解消へアットホームが取り組んでいる研究とは――。(2024/6/12)

不動産テック:
賃貸管理の「退去立会」と「原状回復」を“丸投げ可” IT化の不足を補うイタンジの代行サービス
イタンジは、2023年1月から賃貸物件の退去時に発生する原状回復工事の発注や管理を行う「内装工事くんおまかせプラン」を提供している。内装工事くんおまかせプランは、「内装工事くん」のサービス内容を拡充し、退去立会いや工事手配、案件管理などの業務サイクル全体をパッケージ化して、物件管理会社の負荷を大幅に削減する不動産テックとして注目を集めている。(2024/6/3)

ZEH:
分譲マンション全戸で「断熱等級6」を標準化、野村不動産が第一弾物件を公開
野村不動産は、今後販売する分譲マンション全戸で「断熱性能等級6」の物件を供給していく。また、2024年4月以降に建築確認申請を行った分譲/賃貸マンション全物件で、BELSに基づく省エネ性能ラベルを掲載する。(2024/6/3)

本当に同じ物件なの!? 築54年のアパートを魔改造→“まさかの姿”に激変 「カッコよい!」「普通に住みたい」
リノベーションってすごい。(2024/6/1)

「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
同じ物件に見えない。(2024/5/27)

「法外すぎ」「これがNYか」 月々たったの420万円!? NYの“6億円アパート”がラグジュアリーすぎて衝撃【米】
物件の価格高騰が注目されているニューヨーク。(2024/5/25)

リノベ:
リノベ物件で「省エネ性能ラベル」を発行 リノべると積水化学工業
リノべると積水化学工業 住宅カンパニーは、2024年度から新築住宅を対象に努力義務化された「建築物の省エネ性能表示制度」に基づく表示を、新築だけでなく既存住宅にも対象を広げる。両社が協業する全てのZEH水準リノベーション案件で「省エネ性能ラベル」を発行すると発表した。(2024/5/21)

賃貸でやや大きめなポケモン飼ってる→まさかの“推しポケモン”が話題 「食費すごそう」「イワーク付きの物件」
ハガネールにしては小型。(2024/5/15)

AI:
不動産情報サイトで、AIが類似の貸店舗を表示する新機能を搭載
不動産情報サイト「アットホーム」の貸店舗検索ページに、AIがキーワードを解析し類似の物件を表示する新機能が追加された。(2024/5/10)

不動産DXのいまを知る:
画像生成AI、不動産業務にどう活用できる? 物件画像のクオリティーアップも
住まい探しで物件画像は欠かせない情報だ。不動産ポータルサイトに掲載するためには、物件画像の撮影だけでなく編集、加工など追加操作が必要となる。不動産DXの推進において画像生成AIを活用する方法を探る。(2024/5/7)

「落ち着かないにもほどがある」 外から“丸見え”ガラス張りワンルーム物件、室内から見た光景に衝撃
ブラインドを全部開けた状態の開放感よ……!(2024/5/4)

「LAはクレイジー」 家賃24万円でも“激安” !? ハリウッドの「ワンルーム物件」に驚き【米】
24万円が安いのか……。(2024/5/1)

CHINTAI調査:
狭小賃貸、問い合わせが多い駅 「北千住」「高円寺」など超えた1位は?
CHINTAI(東京都港区)が、専有面積「15平方メートル以下」および「45平方メートル以上」の物件について、問い合わせが多かった駅を集計しランキング化した。人々が「リアルに住んでいる街」の1位とは。(2024/4/27)

玄関開けたらすぐ階段…… 一見住みにくそうな“激狭”物件、階段の先に広がる「予想外の空間」に仰天
収納面やバスルームも想像以上!(2024/4/27)

産業動向:
災害時に約189万戸の賃貸住宅を無償貸与 競合する大和ハウスと大東建託が災害支援協定を結んだ意義
大和ハウス工業と大東建託の両グループ企業は、互いに保有している賃貸物件の情報を共有し、災害時に連携して支援にあたる協定を締結した。両社グループが管理する計約189万戸の賃貸住宅を生かし、被災した賃貸住宅のオーナーと入居者に無償で貸し出す他、備蓄品の提供、復旧用資材の配給など、さまざまな角度から支援していく。さらに平時でも、防災に関する講習会を全国各地で随時開催するなど手を携える。(2024/4/24)

「こんなお家を建てたかった」 “リアル磯野家”な昭和レトロ物件に潜入→雰囲気抜群の室内に思わず感動
東京23区内とは思えない素敵なレトロ物件です。(2024/4/24)

「悪夢だ」「刑務所の方がいい」 5畳で家賃10万円の“激安”物件! NY最狭クラスの部屋紹介が1980万再生【米】
住人の工夫でおしゃれな部屋に。(2024/4/21)

築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
雰囲気全然違う!(2024/4/17)

東京一安い売買物件!? “200万円以下で2DK”の激安物件に「ええやん」「全然悪くない」
激安の売買物件を調査しています。(2024/4/17)

新築マンションの価格上昇が続く 人気物件の特徴は?
新築マンションの価格上昇が続いている。需要が高まっているのは、高価格だが職住近接となる駅チカなどの都心部の物件だ。(2024/4/16)

製品動向:
千葉の分譲マンションに「無人内見システム」導入 Web予約後にスマホで解錠
不動産業の拓匠開発は、ショウタイム24が提供する売買物件用の無人内見システム「MUJIN24」を、千葉県内で販売中の分譲マンションに導入した。マンションの購入希望者は、スマートロックなどのIoT機器を利用して、不動産会社を通さずに無人の物件を内見できる。(2024/4/11)

「東京えぐい」 新築一戸建てなのに“1人暮らし”向け!? 都内にある“家賃約10万円”の激狭物件に衝撃走る
省スペースの工夫が興味深い。(2024/4/7)

不動産DXのいまを知る:
物件情報の作成、AIがサポート アットホームが挑む不動産DXの現在地
新連載「不動産DXのいまを知る」では、アットホームラボ代表取締役社長の大武義隆氏が、不動産業界のDX推進において活用するAI技術や先端技術との親和性、活用方法やその効果、将来性などについて解説する。(2024/4/4)

「家賃10万円以下」で住める都内のタワマンの中身は…… 日当たりと見晴らしはバッチリな1K物件に潜入
1階にファミマがあるのは強い。(2024/4/3)

築古物件を1年かけてDIY→驚きのビフォーアフターが100万再生超え! 「センスの塊」「もはや別部屋」と絶賛
こんなお部屋に住みたい!(2024/4/2)

あれっ、浴室が見当たらない→“信じられない場所”に入口がある強烈物件に驚愕 「面白すぎる」
なぜそんな場所に……。(2024/3/30)

「見てるだけでわくわくする」 もはや何LDKなの? 内装がカオスすぎるユニーク物件に思わず仰天
住んだら毎日楽しそう。(2024/3/28)

スマートホーム:
三菱地所とJPMCがスマートホーム領域で提携、管理物件などにHOMETACT提供
三菱地所とJPMCは、スマートホーム事業領域で業務提携した。JPMCのサブリース管理物件やパートナー会社の管理物件に対し、三菱地所のスマートホームサービスとIoT機器をパッケージ化して提供する。入居者の利便性や満足度を高めながら、物件の付加価値を向上する。(2024/3/22)

FM:
オートロックマンション向け「置き配」サービスを導入、三菱地所コミュニティ管理物件に
三菱地所コミュニティは管理するオートロックマンションに、「置き配」サービスを導入する。認証を受けた配達員だけが入館できる仕組みで、セキュリティを維持しながら居住者の利便性を向上し、再配達を削減する。(2024/3/21)

「東京で1番高い」家賃50万円超えの1R物件に潜入→“異次元すぎる室内”に「ワンルームの概念を覆される」
インパクト大。(2024/3/17)

クローゼットに「謎の階段」→降りてみると…… 「まさかの場所」へ行けるミステリー物件に思わず仰天
天井裏ならぬ地下の散歩者ができちゃう。(2024/3/14)

ドアの幅しかない“激細物件”→中に入ると……? 予想外の居住空間に「意外といい」「住んでみたい」
外観からは想像がつかない。(2024/3/9)

不動産仲介業の倒産が急増 「物件紹介数」コロナ前から8割前後にとどまる、なぜ?
不動産仲介業の倒産が急増している。帝国データバンクの調査によると、2023年の倒産件数は120件と、2022年(69件)から7割増となり、年間の倒産件数としても過去最高を更新したことが分かった。(2024/3/6)

築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
レトロとモダンのいいとこ取り。(2024/3/3)

AI:
生成AIで用地に適する複数の建築プランを作成 天空率など建築法規も考慮
ZISEDAIの建築プラン生成AIシステム「TASUKI TECH TOUCH&PLAN」は、新機能で天空率にも対応し、物件情報を生成AIに与えるだけで、条件の異なる複数の建築プランを作成できるようになった。(2024/2/26)

「今まで見た事ない」 本当に賃貸アパート? 1LDKなのに“スペースの数がとんでもない物件”に驚愕の声
住んでみたい!(2024/2/28)

「おもしろ広告」大解剖:
バーガーキング「空き物件」発見で10万円――キャンペーンが生む巨大な「副産物」
「バーガーキングを増やそう」キャンペーンには、出店戦略以外の効果もありそうだ。(2024/2/14)

火曜日に「へえ」な話:
バーガーキングの「10万円どうぞ」企画が面白い、2つの理由 生みの親に話を聞いた
バーガーキングから興味深いニュースが飛び込んできた。空き物件の情報を募集する「バーガーキングを増やそう」キャンペーンである。企画を考えた同社の社長を取材したところ……。(2024/2/13)

わずか1日で2万件を突破! バーガーキング、「空き物件」の情報提供者に10万円
バーガーキングを運営するビーケージャパンホールディングスは、空き物件の情報を募集する「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを2月5日〜3月25日に開催する。(2024/2/6)

バーガーキング、出店する“空き物件”情報を公募 注目集める異例の施策、なぜ?
「店舗数を増やしたいのですが、物件探しに困っています」と公募をスタート。(2024/2/5)

導入事例:
長谷工ライブネット、賃貸マンションにスマートロック導入 美和ロック製
長谷工ライブネットは管理する賃貸マンション3物件に、MIWA Akerun Technologiesのスマートロックシステムを順次導入する。賃貸管理業務の効率化を図るとともに、居住者の利便性を向上する。(2024/1/31)

導入事例:
レオパレス21、20万戸超にスマートロック導入 年間約10万時間の業務削減
レオパレス21の管理物件でスマートロック導入件数が20万戸を超えた。入居者の利便性を向上するとともに、同社における鍵関連業務を年間約10万時間削減するなど業務効率化にもつながっている。(2024/1/17)

レオパレス21、スマートロック導入で年間10万時間の業務を削減 設置戸数は20万超に
レオパレス21は10日、管理物件へのスマートロック設置戸数が20万戸を超えたと発表した。これにより年間で約10万時間の業務削減効果があったとしている。(2024/1/11)

859人に聞いた:
不動産会社、住まい購入者が重視したのは 「物件写真が多い」上回る1位は……
物件購入者はどのような基準で不動産会社を選び、購入しているのか。アットホーム(東京都大田区)が調査を実施した。(2024/1/5)

「これがUR賃貸住宅!?」 団地とは思えない首都圏2DKリノベーション物件に「新築マンションみたい」の声
お部屋もすてき。(2023/12/28)

都内の中央線駅で、一人暮らし物件が安い駅 3位「日野」、同率1位は?
中央線沿線の都内駅で、一人暮らし物件が安い駅はどこか。SUUMOジャーナルが調査結果を発表した。(2023/12/9)

賃貸退去時のトラブル 3位「経年劣化の傷」、2位「元々あった傷」、1位は?
賃貸物件退去時のトラブル経験者304人はどんなトラブルを経験し、どのように対処したのか。AlbaLinkが調査結果を発表した。(2023/12/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。