ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「病気」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「病気」に関する情報が集まったページです。

日本皮膚科学会、ステロイド薬に関する放送めぐり「ザ!世界仰天ニュース」に抗議 番組は謝罪
ステロイド外用薬を使っている患者の恐怖と不安をあおる番組内容だったとしています。(2021/9/14)

経済損失は、年間約14兆5000億円:
将来の健康不安、「ガン」や「生活習慣病」を抑えて1位になったのは?
山田養蜂場は、「健康に関する意識調査」を実施した。自分の将来の健康で「不安に感じている分野・事柄」を尋ねたところ、3位は「ガン」、2位は「生活習慣病」という結果に。1位は?(2021/9/14)

医療機器ニュース:
装着型ロボットが米国食品医薬品局の医療機器認証を取得
CYBERDYNEが開発した装着型ロボット「HAL医療用単関節タイプ」が、米国食品医薬品局(FDA)のクラスI医療機器に登録された。脳神経系疾患によるまひや、整形疾患による運動障害などを持つ患者の機能回復の治療に使用できる。(2021/9/9)

喉頭摘出者を音声合成と「電気喉頭」で再び会話可能に 発話用アプリも開発、名古屋大などが臨床研究
名古屋大学の研究チームは、頭頸部がんなどで喉頭(喉仏)を摘出し、自力での発声が困難になった患者を、音声合成技術と人工の喉頭「電気喉頭」を活用して再び会話できるようにする臨床研究を始めると発表した。(2021/9/7)

ヤフオク!、ペット向け療法食を出品禁止に メルカリに続き 新型コロナで供給減
ヤフーが「ヤフオク!」で、病気の犬や猫に食べさせるペット用療法食の出品を、9月10日から当面の間禁止する。ペット用療法食を巡っては、フリマサイトなどでの転売が相次いでおり、メルカリも出品を禁止している。(2021/9/6)

【お仕事楽しい】普段飲んでる薬を聞かれた患者「白い錠剤です」 →医師「1万種類くらいまで絞れました」
ヒントの幅が広すぎる。(2021/9/3)

湾岸諸国の医療IT事情【前編】
コロナ禍が早めた「デジタルヘルスケア」の普及 湾岸諸国で急進の医療IT改革
湾岸諸国の医療機関では、生活習慣病をはじめとする慢性疾患の管理に医療ITを活用する機運が高まっている。その要因とみられるのが、コロナ禍をきっかけとした健康意識の変化だ。何が起きているのか。(2021/9/3)

ITフリーランス対象の国の労災保険「特別加入制度」がスタート 通勤や仕事でのケガ、病気など補償
フリーランスのプログラマーやWebデザイナーなどの、いわゆるITフリーランスが通勤や仕事で被ったケガや病気、障害、死亡などに対して補償が行われる、国による労災保険の特別加入の対象拡大が今日、2021年9月1日からスタートした。(2021/9/1)

我が子の病気で不安になるのは医者も同じ 「いや、医者だからこそ」右往左往する漫画に心から納得
子どもの体調不良は何度経験しても慣れない……。(2021/9/1)

同じ病気の人と知り合える“闘病SNS”が登場 入院経験者のCEOが開発
ベンチャー企業のDayRoomは、同じ病気の人とつながる闘病SNS「DayRoom」を9月1日から提供する。病気ごとにトークルームがあり、同じトークルームにいる人とトークや質問ができる。基本利用料は無料。(2021/8/31)

コロナ症状管理システム「SHINGEN」稼働、山梨大が独自開発 外部への提供も
山梨大学が、独自開発した新型コロナウイルスの宿泊療養施設での患者症状管理システム「SHINGEN」を稼働させた。患者自身がスマートフォンに体温や症状などのデータを入力し、それを医療関係者が一元的に管理する。宿泊療養施設だけでなく、自宅療養を強いられている自治体でも活用できるため、外部への提供も検討する。(2021/8/30)

がん患者1万人のデータを分析、「低栄養」の予測AI構築へ 富士通や大塚製薬が共同研究
大塚製薬工場は国立がん研究センターなど3組織と共同で、栄養素の摂取量が必要量よりも少ない「低栄養」(栄養不足)のリスクをAIで予測するサービスの共同研究を始めると発表した。(2021/8/24)

医療技術ニュース:
将来の認知症発症リスクを高精度に予測するツールを開発
九州大学は「久山町研究」の追跡調査の成績を用いて、10年後の認知症発症リスクを予測するためのツールを開発した。健康診断で測定可能な因子と喫煙習慣や日中の活動量、生活習慣病などから、10年後の認知症発症確率を高い精度で予測できる。(2021/8/23)

TE Connectivity IntraSense超低侵襲型圧力センサー:
医療用カテーテル向け超低侵襲型圧力センサー
TE Connectivityは、カテーテルなどに組み込んで患者体内の圧力を正確に検知できる「IntraSense超低侵襲型圧力センサー」を発表した。カテーテルや生検ニードル、使い捨てスコープなどに適する。(2021/8/12)

医療機器ニュース:
オンライン診療を用いた、心房細動患者の新たな診療形態を研究
オプティムは、同社のオンライン診療システムとZAIKENのホルター心電計を組み合わせ、心房細動患者の外来診療における、新たな診療形態の安全性と有用性を検討する共同研究を神戸大学医学部附属病院で開始した。(2021/8/10)

“記憶が逆行する病気”で最後の人類になった2人の漫画が悲しい 録音機で記憶をたどる日々に「泣いた」「みんな読んで……」
離れていく記憶の距離と、2人をつなぐ記録。(2021/8/6)

岡山大病院の医師がフィッシング被害に 私用クラウド奪われ患者269人分の個人情報が流出か
岡山大学病院の医師がフィッシング被害に遭い、医師の個人用クラウドに保存していた患者269人分の個人情報が攻撃者から閲覧できる状態になった。患者の情報を個人のクラウドに保存するのは大学の規定違反。(2021/8/5)

国保旭中央病院、スマートホスピタルに向け情報基盤を刷新 IBMのヘルスケア共通プラットフォームを活用
国保旭中央病院は、日本IBMと共同で「スマートホスピタル構想」の実現に向け、「ヘルスケアサービス向けデジタルサービスプラットフォーム」を利用した情報基盤を開発する。既存のカルテシステムも連携させて柔軟な情報活用を可能にし、業務効率化や患者の利便性向上など、病院機関のDXを加速させる。(2021/8/3)

保険会社ならではの制度も:
がん罹患社員に、健康な社員が積み立てた休暇を“プレゼント” ライフネット生命が「一風変わった休暇制度」を作る訳
がんなど重い病気に罹患した社員に、健康な社員たちが積み立てた休暇を“プレゼント”できる独自の社内制度を持つライフネット生命(東京都千代田区)。このほか、一風変わった休暇のメニューとは?(2021/7/29)

コロナ禍をデジタル活用で乗り切るNHS
英国が「iPad」3万台を救急隊員に支給する理由 タブレット片手に患者の命救う
英国NHSはAppleのタブレット「iPad」3万台を救急隊員に支給する。COVID-19パンデミックの最前線で奮闘する英国の救急隊員は、iPadをどのように活用するのか。(2021/7/29)

医療技術ニュース:
糖尿病の影響で、軽度のアルツハイマー病が悪化することが明らかに
九州大学は、糖尿病が脳内のインスリン抵抗性とDNAの酸化損傷を引き起こすことで、軽度のアルツハイマー病の病態が悪化することを明らかにした。糖尿病の予防により、アルツハイマー病の発症や進展を制御できる可能性が示唆される。(2021/7/29)

元「スリップノット」ジョーイ・ジョーディソンが死去 2013年から病気のためグループ脱退
46歳でした。(2021/7/28)

好きになった女の子は「1型糖尿病」 糖尿病のリアルと恋を描いた漫画の続きが気になる
爽やかな青春ラブストリーを展開しつつ、病気とのつきあい方を解説。(2021/7/28)

息子が保育園でもらってきた軽い病気が、大人にうつると“凶悪化”する謎 ママが描く体験漫画に「わかりみが凄い」とうなずいてしまう
なぜなのか……。(2021/7/19)

「AKB初の30代メンバー!」病気療養中の柏木由紀が誕生日に復活宣言 後輩メンバー「ずっとずっとAKBにいて」
2006年加入の3期生。(2021/7/15)

医療機器ニュース:
採尿不要、乗るだけで排尿量を測定できる排尿量測定システムを発売
島津製作所は、排尿前後の体重差から排尿量を精密に測定する排尿量測定システム「Urina」を発売した。排尿量計で測定した結果は、医師用端末と患者用端末に自動で記録される。(2021/7/15)

医療機器ニュース:
内視鏡検査時の飛沫拡散を防御するマスクを開発
名古屋大学は、内視鏡検査時の感染リスクを低減するマスクを開発した。気管支鏡などの内視鏡検査時に患者が装着することで、飛沫拡散を防止する。「Kenz e-mask」という名称で、2021年11月に発売予定だ。(2021/7/5)

「腸感冒」ってどんな病気か知ってます? 山陰地方の“マジで方言じゃないと思ってた言葉”
方言っぽくないというか“れっきとした病名”感がすごい。(2021/8/12)

iPS角膜細胞移植 慶応大が来春実施へ 厚労省部会了承
iPS細胞から作った目の角膜の細胞を、角膜が混濁して視力が低下する病気の患者に移植し治療する慶応大の臨床研究について、厚生労働省の部会は30日、計画の実施を了承した。チームは、2022年春に最初の移植を実施したいとしている。(2021/7/1)

医療機器ニュース:
血液数滴からアルツハイマー病のバイオマーカーを検出するシステムを発売
島津製作所は、アルツハイマー型認知症の原因物質と考えられているアミロイドβを、数滴の血液から検出する「血中アミロイドペプチド測定システム Amyloid MS CL」を発売した。(2021/7/1)

ランサムウェアが病院に及ぼす危機【第4回】
病院の業務停止を狙うランサムウェア攻撃、どのセキュリティ対策を優先するか?
最近のランサムウェア攻撃はデータの暗号化に満足せず、業務の停止を狙う。医療機関にとっては患者の生命に関わる問題だ。IT予算が限られている中、優先的に取り組むべきセキュリティ対策は何か。(2021/7/1)

「auウェルネス」でオンライン服薬指導を開始 健康管理から医療体験までが可能に
KDDIが、トータルヘルスケアアプリ「auウェルネス」の機能を拡張し、9月からオンライン服薬指導サービスを提供する。より医療に近い体験の支援をする環境を、ホワイトヘルスケア、MICINとともに整備していく。定期的に薬を受け取る必要がある患者が、自分の都合に合わせてオンラインで診療から薬の受け取りまで可能になる。(2021/6/30)

医療技術ニュース:
世界初の大規模国際共同研究で微小血管狭心症の実態を解明
東北大学を含む国際研究グループは、国際診断基準により微小血管狭心症と診断された世界7カ国の患者について、世界初となる前向きの国際共同登録研究を実施し、臨床的特徴や危険因子、長期予後などを明らかにした。(2021/6/15)

Apple Watchで心臓病予防 脳梗塞前の心房細動を見つけるきっかけに
不整脈にはさまざまな種類があり、その一つに「心房細動」がある。ありふれた病気だが、放置すれば重篤な脳梗塞につながる。心房細動を発見するきっかけとして、Apple Watchが活躍する場面が増えつつあるという。(2021/6/14)

アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
猪木さん「皆さんにまた『元気ですか』を送りたいと思います」(2021/6/13)

犬の肉球から心電図測定 AIがその場で心臓病を解析
AIシステムを開発するHACARUSと動物用医薬品を製造するDSファーマアニマルヘルスは6月10日、動物の肉球(足裏)から心電を測定し、AIで心臓の異常を解析するシステムを開発したと発表した。(2021/6/11)

リングフィットアドベンチャーで腰痛改善 心理的効果も 千葉大
リングフィットを腰痛患者にプレイしてもらったところ、腰痛が軽減した上、痛みに対する自己効力感が向上するとの研究結果。(2021/6/9)

小児科医や助産師にオンラインで悩み相談 子供の健康守る「キッズ・パブリック」
通信アプリなどで、子供のけがや病気について相談できる「産婦人科オンライン」と「小児科オンライン」。これらのサービスを立ち上げた「Kids Public」の代表に、事業に取り組むきっかけや現在の状況を聞く。(2021/6/9)

方言「病気でめっちゃえらい」 日本各地で使われているのに誤解を招きやすい「えらい」ってどんな意味?
えらいけど、偉くはない。(2021/6/22)

脳とAIを「結合」して書字動作を判定:
「考えただけ」で文字を入力できるAIシステムを開発
脳の運動皮質に埋め込んだデバイスから得たデータをAIが解釈することで、四肢の不自由な患者がテキストでコミュニケーションできるシステムをスタンフォード大学の研究チームが開発した。(2021/5/26)

柴犬・コーギーがなりやすい病気をイラストで解説! 専門誌が編集した「柴犬版」「コーギー版」の医学書が役に立ちそう
この笑顔を守りたい。(2021/5/20)

医療機関のリアルタイムCX【後編】
医療機関が患者に“本当の満足”をもたらす「リアルタイムCX」の具体策
医療機関にとって「リアルタイムCX」の実現は高いハードルだが、今からでも少しずつ始められることはある。何をすればよいのか。具体例を挙げながら、実現に向けて取り組むべきアクションを説明する。(2021/5/20)

「週55時間以上の労働は死亡リスクを高める」WHOが発表 2016年には年間74万人が「働きすぎ」で死亡
長時間労働が脳卒中や心臓病のリスクを高めるとの調査結果。(2021/5/18)

イーロン・マスク氏、米人気娯楽番組SNLのホストに 同氏のジョークでDogecoin一時急落
TeslaやSpaceX、Neuralinkを経営するイーロン・マスク氏が、米人気娯楽番組「Saturday Night Live」にゲスト出演した。「アスペルガー症候群患者としては初のホスト」と語り、ワリオや本人役を好演。Dogecoinに言及すると、同暗号通貨が一時急落した。(2021/5/10)

循環器疾患患者の「6分間歩行試験」を在宅で実現
Apple Watchの心臓チェック機能が「臨床的に正確」だと判明 何がすごいのか?
スタンフォード大学の研究によると、在宅で「Apple Watch」を用いて6分間歩行距離試験を実施したデータは、臨床的に正確で有意義な洞察をもたらす。その事実は、医療機関や患者にとってどのような意味があるのか。(2021/5/1)

がん患者がオンラインで専門医に臨床試験の相談ができるシステムを開発 狙いは?
臨床試験支援事業などを手掛ける3Hクリニカルトライアルは、がん患者がオンライン上で専門医に臨床試験の相談ができるシステム「InsightGateway」を開発した。(2021/4/27)

病気を抱えるワンコを「ナデ……ナデ……」 コーギーの“慎重すぎる”いたわり方に心があたたまる
真剣なまなざしで、慎重にナデナデしています。(2021/4/26)

志尊淳「風邪の症状かなと思っていたら」 病後の初告白に「ICUに入るほど重症やったんや」「怖い病気」と衝撃
無事で何より。(2021/4/14)

[Alexandros]、元BIGMAMA・リアド偉武の加入を発表 庄村聡泰の病気休養中にサポートドラマーを担当
庄村さんは2019年から局所性ジストニアに。その後“勇退”を発表していました。(2021/4/10)

歌手MACOが潰瘍性大腸炎を公表 ツアーと入院重なった苦労話明かす「きつくてあんまり覚えてない」
MACOさん「自分ができる範囲で病気と向き合っていきたい」。(2021/4/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。