速報
» 2004年02月03日 18時46分 公開

携帯合弁「カシオ日立モバイルコミュニケーションズ」が4月発足

[ITmedia]

 カシオ計算機と日立製作所は2月3日、携帯電話の開発・販売を目的とした合弁会社の概要を発表した。新会社の名称は「カシオ日立モバイルコミュニケーションズ」で、4月1日付けで会社分割方式で設立される。

 資本金は30億円で、カシオが51.0%、日立が49.0%を出資する。代表取締役社長にカシオの大石健樹・執行役員通信事業部長、代表取締役副社長に日立の川村孝太郎・ユビキタスプラットフォームグループモバイル端末事業部長が就任する。社員はカシオから190人、日立から160人が出向する予定。

 両社は携帯電話関連部門を新会社に移管し、新会社は製品を両社に販売する形を取る。カシオの高密度実装技術、画像技術などと日立の高速データ通信技術、システム設計技術などを融合、特にCDMA端末の海外販売拡大にリソースを結集する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう