ニュース
» 2004年05月12日 14時38分 公開

2003年度の携帯出荷量、史上2番目の高水準──JEITA

2003年度の携帯電話累計出荷台数が、2000年度に次ぐ高い数値を記録した。不調といわれるPHSも2003年度累計では前年比プラスになった。

[後藤祥子,ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)は5月12日、移動電話の2004年3月国内出荷実績を発表した。携帯電話、PHSを合わせた国内出荷数量は476万6000台で、前年同月比は96.2%となった。

 うち携帯電話の出荷台数は472万5000台。対前年同月比では99.6%とマイナスだが、前年実績が474万3000台と高かったためのマイナスで、単月の出荷台数としては高い数値になっている。

 なお、2003年度の携帯電話出荷数の累計は4984万3000台、前年比115.7%と2年連続でプラスになった。これは2000年度の5041万6000台に次いで2番目となる高水準。JEITAはこの理由を「カメラ付き携帯電話の普及と第三世代機への移行が順調に進んでいる結果」と見ている。

 移動電話全体の2003年度累計でも、出荷量は5101万5000台と5000万台を突破。こちらも2000年度の5458万6000台に次ぐ高い数値だ。

 携帯・自動車電話の出荷台数推移

 PHSは、4万台(前年比19.1%)と5カ月連続のマイナスだが、2003年度の累計では117万2000台、前年比102.2%でプラスになった。JEITAは「カード型データ通信端末が比較的好調だったため」と分析している。

 公衆用PHSの出荷台数推移


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう