速報
» 2004年10月19日 16時14分 公開

メイン&サブ画面ライトを1枚に オムロンが携帯薄型化技術

液晶1枚、バックライト1枚でメインとサブの両方を表示でき、折り畳み式端末の薄型化できる。

[ITmedia]

 オムロンはこのほど、2つ折りタイプのクラムシェル型携帯電話向け液晶ライト「リバーシブルライト」を開発したと発表した。液晶ディスプレイ1枚と組み合わせれば、メイン画面とサブ画面両方を表示できる。ディスプレイ部を従来の半分の薄さにできるほか、コストも半分に削減可能だという。

 従来、両画面を表示するには、液晶ディスプレイ・バックライトをそれぞれ2枚ずつか、液晶ディスプレイ1枚とバックライト2枚が必要だったが、新技術ならこれが1枚ずつで済む。

 同社が昨年発表したフロントライト技術を改良し、新開発のバックライト技術を組み合わせた。

 独自の「ダブルプリズム」技術によりバックライトの輝度を従来の1.3倍に高めた。従来、バックライトの輝度向上に必要だった拡散シートやプリズムシートが不要なため、薄型化や設計の単純化につながる。

 導光板表面に100ナノメートルの超微細ナノプリズムアレーを形成し、フロントライト反射光を低減した。高コントラストでクリアな画像を表示できるという。

 同技術は、10月20日からパシフィコ横浜で開催する「FPD International 2004」に出展する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう