連載
» 2004年12月10日 18時46分 公開

誰にでも秘密がある「君からの電話を待っていたんだ」Mobile&Movie 第141回

映画の中の名脇役として登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。“韓流”ムービーの第2弾は「誰にでも秘密がある」。Motorolaの携帯が登場します。【ネタバレ注意】

[本田亜友子,ITmedia]
作品名誰にでも秘密がある(Everybody Has Secrets)
監督チャン・ヒョンス
制作年・製作国2004年韓国作品


 今回ご紹介する作品は、韓国の二大スター、チェ・ジウとイ・ビョンホンが共演した「誰にでも秘密がある」。チェ・ジウは「冬のソナタ」の悲劇のヒロインのイメージとは一転、オクテな大学院生役をコミカルに演じています。

 イ・ビョンホンは、女心を惹きつけて離さないパーフェクトな男性として登場。携帯電話で甘い言葉をささやいて、次々と女性をとりこにしていくのです。スクリーンで炸裂する“キラースマイル”に、みなクラクラ……。

 子育てに追われる長女ジニョン、真面目な大学院生ソニョン、奔放な女子大生ミヨン、このハン家の三姉妹が、同じ男性に恋をしてしました。まず、最初にこの魅惑的な男性に出会ったのは、ミヨン。アルバイト先のレストランに、やって来た一人のハンサムな男性。店のステージで歌うミヨンに、熱い眼差しを送っていました。そのルックスに一目惚れしたミヨンは、自分から声をかけ、名刺を渡します。

「私の携帯番号です」

 男性の名前はスヒョン。青年実業家として成功していて、超リッチでやさしくて、ミヨンの理想そのもの。ミヨンは、スヒョンに積極的にアプローチし、交際をスタートさせます。

「迎えに来てくれる?」

「すぐ、行くよ」

 どこへ行っても、携帯電話で呼び出せば迎えに来てくれて、わがままを何でも聞いてくれるスヒョンにミヨンは夢中。短期間で婚約を決め、家族に紹介することになりました。

 ミヨンの婚約者として現れたスヒョンに、ときめいてしまったのが次女のソニョン。精悍なマスクに、柔らかい物腰、文学の知識まであり、ソニョンにとっても理想の男性。妹の婚約者と知りながら、惹かれていく自分にとまどいます。スヒョンの携帯番号を調べ、思わずかけてしまうと

「ソニョンさん?」

「なぜ私とわかったの?」

「君からの電話を待っていたんだ」

 と甘くささやくスヒョン。

「人間はひとりしか愛せないと思う?」

 その言葉にソニョンはノックダウン。恋愛経験の少ないソニョンは、男とはどういうものなのか、図書館で調べたりしながら、不器用に想いを伝えるのでした。そんなソニョンを、暖かく受け入れるスヒョン。

 そんな妹たちの恋の行方など知らず、主婦の生活に疲れきっていた長女ジニョンにも、スヒョンは接近してきたのです。ミヨンとスヒョンの結婚式用のドレスを選びに行ったデパートで、ジニョンの携帯電話が鳴り出します。

「お似合いですよ」

「どちら様?」

 ドレスの試着中にかかってきた電話に、ジニョンは困惑します。

「きれいですね」

「一体誰なんですか?」

 夫からは言われなくなった「きれい」という言葉に、つい胸を弾ませるジニョン。

「スヒョンです。お忘れですか」

 ジニョンのドレス姿を、スヒョンが遠くからうっとりした表情で見ていたのでした。スヒョンの言葉に頬を染めるジニョン。こうして、スヒョンの携帯電話越しの愛の言葉に酔わされて、三姉妹は恋に落ちてしまったのです。

 同時進行の恋は、もちろん他の姉妹には内緒。スヒョンは三女ミヨンとこのまま結婚するのでしょうか。この複雑な関係は、結婚してもスヒョンは続けるのでしょうか。秘密の結末は、もちろんハッピーエンドです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう