ニュース
» 2004年12月14日 16時39分 公開

オーストラリアへのテレビ電話が可能に〜ドコモのFOMAで

ドコモはFOMAを使ったテレビ電話について12月21日から、Hutchison 3G Australiaのテレビ電話端末との接続に対応する。

[ITmedia]

 ドコモは12月21日から、FOMAの国際テレビ電話の接続先地域にオーストラリアを追加する。これにより、Hutchison 3G Australiaの契約者との間でテレビ電話が可能になる。通信料金は、54円/10秒。FOMAからの国際テレビ電話の接続先は、英国、香港、シンガポールに次ぐ4カ国目となる。

 対象となるのは、FOMAの「WORLD CALL」契約者。利用方法は、「『009130』をダイヤル」-「国際電話識別番号『010』をダイヤル」-「オーストラリアの国番号『61』をダイヤル」-「通話相手(シングテル端末)の番号をダイヤル」-「テレビ電話モードで発信」。

 なお、既にテレビ電話接続を行っているシンガポールについても接続先を拡大(10月25日の記事参照)。シングテルに加え、スターハブとの接続を開始、スターハブ契約ユーザーとのテレビ電話も可能になる。スターハブは3Gについてトライアルサービス中のため、接続先はトライアルサービスのモニターユーザーとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー