ニュース
» 2004年12月20日 21時01分 公開

海外のノウハウ生かす ボーダフォン六本木がオープン

Vodafoneグループ各社に集まるデータを基にデザインされた直営店舗が、六本木交差点にオープンした。

[斎藤健二,ITmedia]

 ボーダフォンは12月20日に、都内で4店舗目となる直営ボーダフォンショップを六本木にオープンした。Vodafoneグループ各社から集まるデータを基にして作成したデザインマニュアル──これに沿って開設された1号店だ。

 携帯ショップにありがちなPOP類を廃して、店内は上品にまとめられている。「白い壁を基本に赤の一面を作る。英国のコンセプトショップに似た雰囲気を醸し出す」(営業本部リテールオペレーション部の山口裕敬部長)と欧州仕込みのデザインだ。

来店者とスタッフの動線を考えて作ったという店内。中央にはこの冬の目玉商品である3G端末が並ぶ。「ボーダフォン=海外も使えるというイメージが浸透してきている。反応はとてもいいです。土地柄、外国人の方もたくさんいらっしゃいます。先日は大使館の方も見えたんですよ」と春日三穂子店長。13人のスタッフのうち3人はバイリンガルだ

 またこれまでの直営ショップに多かったショールーム的な要素だけでなく、「実際に販売につなげていく」(山口氏)ための工夫もされている。

 ユーザーへのヒアリングを重視し、提案型のセールスをするためバックヤード(端末の保管や事務を行うスペース)を極力減らした。約40坪の店舗の中でバックヤードは10坪を切る。従来は20坪程度がバックヤードに当てられていたという。「スタッフとお客様ができるだけ長く一緒にいられるように」と山口氏はコンセプトを話す。

 こうした接客を重視した提案型のセールスは、これまでのボーダフォンショップが苦手としていた点でもある。六本木店での試みは「代理店も含め、1つのモデルケースだと思っている」(山口氏)。直営店で成功事例を積み重ね、代理店にも展開していく考えだ。

六本木交差点に面する絶好のロケーション。既存の六本木店は17日をもって営業を終了した

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう