ニュース
» 2005年03月11日 10時31分 公開

CeBIT 2005:ウワサの「ウォークマン携帯」を聴いてきました (2/3)

[杉浦正武,ITmedia]
PHoto 端末上部。丸いボタンは、電源ボタンだ。このあたりは海外端末らしいインタフェース

音楽を再生してみると

 端末をさわっていると、音楽を再生したくなる。一番素直な再生方法はメニュー画面から「W」マーク(おそらくはウォークマンの“W”)を選択して、ミュージックプレイヤーを起動することだ。

PHoto メニュー画面。中央右に「W」マークが見える
PHoto (左)ビデオやミュージックといったフォルダが見える(右)音楽再生中

 ただし、左側面にある「再生」ボタンを押せば、一瞬で音楽が鳴り始める。もう一度クリックすると、音楽が停止するという仕組み。細かいユーザビリティは確認し切れなかったが、ある程度は操作がショートカットできる。

 もう1つ気になるのが「音楽をPCから携帯に移せる」という機能。PCで楽曲データを管理して、携帯で持ち運べれば便利になることは容易に想像できる。W800iでは、無料の専用アプリケーションをPCにインストールすることで、こうした利用が可能になるという。

PHoto 携帯のクレードルと、PCをUSBケーブルで接続する。その上で、PC上でアプリケーションを立ち上げる
PHoto 専用アプリの画面

 アプリの操作は簡単だ。ユーザーは楽曲ファイルを選択し、ビットレートを選択すればいい。これで楽曲ファイルは携帯に適したサイズになる。その上で右上に見える「Transfer」ボタンを押せば、携帯にファイルの移動が始まる。

次ページ:DRMが、気にかかる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう