ツーカーからauへの機種変更 11日から可能に

» 2005年09月29日 14時16分 公開
[斎藤健二,ITmedia]

 KDDIは9月29日、ツーカー携帯電話からau携帯電話への乗り換え優遇策を発表した(9月13日の記事参照)。10月11日から受け付けを開始する。

 プリペイド携帯電話を除くツーカー携帯電話のユーザーが対象。東名阪のツーカーショップおよびauショップ・PiPitで手続きが行え、30分程度で処理が完了する。ツーカーショップもau端末の在庫を持っており、契約が可能だ。処理上はツーカーを解約しauに新規契約という形になり、新規契約事務手数料として2835円が必要となる。またau端末の販売価格も特に補助は行わず、「新規加入と同等水準」(KDDI)となる。

 移行に当たっては、電話番号を変えずにau端末が利用できるようになるほか、ツーカー携帯電話の利用期間やポイントも引き継げる。また、1年契約、2年契約を契約している場合でも、年割やガク割に加入すれば契約解除料は発生しない。なお、メールアドレスは移行できず、au携帯電話のアドレスを新しく取得することとなる。

 KDDIは10月1日に、これまで子会社だったツーカーグループ3社を吸収合併する予定(7月25日の記事参照)。今回の同電話番号移行措置については「ツーカーとの合併に伴い、ツーカーユーザーの中でauに興味を持っているユーザーに対する施策。ツーカーからauにユーザーを誘導する趣旨はない」とKDDIは話す。ただし、ツーカーユーザー約350万人がauの潜在ユーザーであるのは間違いない。またKDDIの携帯サービス契約者が2500万人近くになり、市場シェアの25%を超えたことで、KDDIは市場支配力を持つ事業者「ドミナント」として規制を受けることになる。

 「ツーカーS」の成功でシニア層に評価を受けているツーカーブランドについては、「あるセグメントに特化して展開するブランドがあることはマイナスではない」(7月25日の会見にて小野寺正社長)としブランド、サービスは継続するとしているが(7月25日の記事参照)、今後のターゲットセグメントは検討中だとした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月22日 更新
  1. モバイルSuicaが「Suicaグリーン券券売機」に対応しないのはなぜ? JR東日本に聞いた (2024年04月20日)
  2. 「楽天ペイ」「楽天ポイントカード」「楽天Edy」アプリを統合 “史上最大級のキャンペーン”も実施 (2024年04月18日)
  3. iPhone 13/13 ProやiPhone 14 Proの整備済製品がセールに:AmazonスマイルSALE (2024年04月19日)
  4. “Xperiaの父”も加わり日本攻略に本腰のNothing スマホ/イヤフォンの両軸が強みになるワケ (2024年04月20日)
  5. 現行Androidスマートフォンの価格まとめ【2024年4月編】 ソフトバンクで“実質24円”をうたう新プログラム登場 (2024年04月21日)
  6. 「ポケモンGO」でアバターの髪形や体形を変更可能に 早速試してみた率直な感想 (2024年04月18日)
  7. ドコモ販売ランキング:新発売のGalaxy S24/S24 Ultraが上位を席巻【4月8日〜4月14日】 (2024年04月20日)
  8. 「モバイルSuica/PASMO」の誤解を解説 バッテリー切れだと使えない? クレカなしだと定期を買えない? (2024年04月11日)
  9. スマホ2台持ちユーザー、2台目もドコモが最多  楽天モバイルやMVNOは2台目での利用率が高め ICT総研調べ (2024年04月19日)
  10. 「iPhone 15(128GB)」を最もお得に買えるキャリアは? 「割引後」と「返却タイミング」で比較する (2024年04月22日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年