ニュース
» 2005年12月22日 15時24分 公開

YOZAN、ボーダフォン網使い、セキュリティサービス

ボーダフォンの2G網を使い、全国でセキュリティサービスを提供。専用端末を開発する。

[斎藤健二,ITmedia]

 YOZANはボーダフォンの2G携帯(PDC)電話網を使ったセキュリティサービスを2006年7月から開始すると発表した。これまで自社のPHS網(首都圏)を使ってサービスを行っていたが、ボーダフォン網を使うことで全国に展開する。

 ボーダフォンはYOZANに回線を卸す再販の形を取る。YOZANがユーザーと契約を結ぶが、いわゆるMVNOとは異なる。サービス用の端末は、YOZANが開発する。2006年4月にプロトタイプを完成させる予定だ。PHS網で使っていた端末の、通信インフラだけを携帯向けに変更したイメージだという。

 YOZANが提供するセキュリティサービスは、児童や家族、会社員などが持ち、緊急時に防犯ブザーを鳴らしたりGPSを使って位置を通報したり、ハンズフリーで通話ができたりするもの。従来「児童見守りシステム」という名称だったが、このたび「パーソナルセキュリティシステム」に改めた。次のステップとしては、YOZANが進めるWiMAX網を使い、防犯カメラによるセキュリティサービスを検討するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー