ドコモ25万増、ボーダフォンは1万増とやや振るわず〜4月契約者数

» 2006年05月10日 16時27分 公開
[杉浦正武,ITmedia]

 電気通信事業者協会(TCA)は5月10日、携帯電話/PHSの2006年4月の契約者数を発表した。携帯電話契約数は48万100増えて、9227万2100となった。

グループ名 2006年4月純増数 累計
ドコモ 25万3800 5139万7400
au(KDDI) 35万3600 2305万2900
ツーカー −13万9900 259万9300
ボーダフォン 1万2600 1522万2500
各キャリアの単月の純増数

 4月に好調だったのは、やはりNTTドコモとau。それぞれ約25万、約35万の純増を記録しており、当分はこの2強体制が続きそうだ。ツーカーはこのところ10万を超える純減が続いており、4月には契約者数が約14万減った。

 ボーダフォンは純減とまではいかないものの、1万2600の純増とドコモやauと比べてやや見劣りする。2月に1万2200の純増で、3月には新年度前のシーズンということもあり6万3400の純増と盛り返したが、4月はまた後退してしまった印象だ。

グループ名 単月シェア 累計シェア
NTTドコモ 52.9% 55.7%
au(KDDI) 73.7% 25.0%
ツーカー −29.1% 2.8%
ボーダフォン 2.6% 16.5%
各キャリアの単月シェアの推移

着実に進む3Gへの移行

 ドコモの3G契約(FOMA)は今月も110万300増え、3G率は47.8%にまで上昇した。3月の時点では45.9%だったので、このペースで伸びが続けば6月にも3G率が契約者数の半数を超えそうだ。

 auの3G契約の純増は、月間の純増数を一割近く上回る38万5000を達成した。3月に3G契約が300万を突破し、3G率が20%を超えたボーダフォンは、今月も約23万増を記録。PDCが22万減となっており、着実に移行が進んでいる。3キャリアの3Gユーザーは合計で5000万を超え、5004万8000となっている。

グループ名 2006年4月純増数(3G) 累計(3G) 3G率
ドコモ 110万300 2456万3700 47.8%
au(KDDI) 38万5000 2221万3400 96.4%
ボーダフォン 23万3300 327万900 21.5%

BREW端末、50万台増

 auは、BREW対応端末が先月比で約56万台以上増えている。GPS対応機も前月比で約52万台の増加となっており、ユーザーがハイエンド端末に乗り換えている状況が分かる。

 ボーダフォンは、Web対応機がわずかに増加。純増数の少ない月では、Web対応機の数が純減することもあるが、4月は1万強の伸びを確保している。

キャリア カメラ ムービー アプリ GPS 着うた Web
NTTドコモ 約4160万 非公開 約3610万 非公開 非公開 4658万9700
au 2122万 2086万 1790万(BREW) 1855万 2089万(うち着うたフル763万) 2073万4200
ボーダフォン 1313万1000 865万4800 1136万2400 非公開 非公開 1288万5500
*「ムービー」は撮影した動画をメールで送信できる端末を指す。「Web」はボーダフォン2Gは対応機種台数、ドコモとau、ボーダフォン3Gは契約数。ドコモのカメラ付き端末の台数は、ドコモが発表したカメラ付きPDC端末の契約数とFOMAの契約数を合わせた数を表記

ウィルコムは約8万増

 ウィルコムは7万8700の純増を記録。純増数では携帯の“2強”には及ばないものの、伸び率で見れば高いものがある。累計契約数は約397万で、来月にも400万契約を突破する見込みだ。

 NTTドコモは、3万6500の純減となった。PHS撤退を発表して以来毎月契約者を減らしているが、今のところまだ73万4600のユーザーが残っている。東北インテリジェント通信とYOZANはいずれも数百単位で契約者を減らした。PHS全体では、4万を超える契約者増となっている。

グループ名 2005年4月純増 累計
ウィルコム 7万8700 397万0600
ドコモ −3万6500 73万4600
アステルグループ −600 2万8100
累計 4万1600 473万3300

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月13日 更新
  1. 「有線イヤフォンは電池切れない」 エレコムの投稿が思わぬ反響 駅すぱあとが「充電不要で安定して使える」とリプライ (2024年07月11日)
  2. カラー電子ペーパー搭載「BOOX Go Color 7」で読書体験が超快適に テキスト主体なら文句なし (2024年07月12日)
  3. Suicaがなくてもスマホで乗れる! JR東日本が二次元コード乗車サービス「えきねっとQチケ」を10月1日から運用開始 東北地区から順次拡大 (2024年07月11日)
  4. 進化した「OPPO Reno11 A」が4万円台を維持できたワケ Reno9 Aでガッカリした3つのポイントを重点強化 (2024年07月11日)
  5. 「iPhone 14 Plus」の128GB、Apple Storeより2.5万円安くなる Amazonで10万円以下となるも、悩みのタネ (2024年07月11日)
  6. 折りたたみスマホ「Galaxy Z Fold6」、日本で7月31日に発売 面倒な作業はAI任せ、先代より薄型かつ軽量に (2024年07月10日)
  7. 約11万円の「Apple Watch」が6万円台に 「AirPods Pro(第2世代)」もお買い得【Amazonプライムデー先行セール】 (2024年07月11日)
  8. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  9. 「Galaxy Tab A9+」が2万円台、「Galaxy Watch6」もお買い得【Amazonプライムデー】 (2024年07月11日)
  10. 「Galaxy Z Flip6/Z Fold6」もdocomoロゴなし 背面の“共通・シンプル化”が進む (2024年07月11日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー