写真で解説する「SH902iS」(1/2 ページ)

» 2006年05月11日 23時29分 公開
[園部修,ITmedia]

 折りたたみ型端末として登場した「SH902iS」の特徴の1つは、背面に採用したアルミの外装だ。シャインシルバー、コーラルピンク、アストロブラック、プロミネンスレッドの各色に染めたアルミパネルを装着している。シャインシルバーとコーラルピンクには、クロスラインという珍しい加工を施した。一方アストロブラックとプロミネンスレッドは、2005年5月17日に発表された「SH901iS」と同じヘアライン加工を用いている。

Photo
Photo

 またアルミ外装の中央部には、ハーフミラータイプの0.8インチ有機ELディスプレイを搭載しており、待受時には日付や時計、電波状態、電池残量、「iチャネル」の情報などが表示される。このエリアには最大で全角8文字の表示が可能で、メールの着信などを知らせてくれるほか、新機能の「着もじ」なども表示する。表示が消えると鏡のようにも使える。

PhotoPhoto
Photo
Photo

 miniSDスロットは右側面に用意した。SanDisk製に限るが、2GバイトのminiSDも正式にサポートしている。シャープ製端末ではおなじみのイヤフォン/AV出力兼用端子も右側にある。左側面には「プッシュトーク」ボタンと曲送り/曲戻しキー、再生/停止キーを備える。

 底面にはFeliCaチップやオートフォーカス(AF)付きの3.2Mピクセルカメラを配置。FeliCa機能はモバイルSuicaにも対応するという。レンズの横にあるLEDは撮影時に補助ライトとして利用するほか、着信時にはあらかじめ設定した色に点灯/点滅する。カメラでは最大1536×2048ピクセルの静止画が撮影可能だ。ただし折りたたみ型のボディーとしたため、従来の回転2軸型端末とは異なり、撮影は常に端末を縦に構えた形で行う。背面の有機ELディスプレイは単色表示のため、閉じた状態でファインダーに使うことはできない。

PhotoPhoto

 なお、従来は動画撮影時しか使えなかったコンティニュアスAF機能が、静止画でも利用可能になった。[1]キーを押してAF動作を行ったあと、被写体が動いても自動的にフォーカスを合わせ続ける。追従速度も十分高速で、手元から遠景に急に構図を変えたりしても、比較的早くピントが合った。コンティニュアスAFをオフにする機能は持っていないという。手ブレ補正機能は、従来通り動画でのみ有効だ。

PhotoPhotoPhotoPhoto
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  4. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  5. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  6. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  7. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  8. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  9. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年