ベビー玩具からレーダー探知機まで──「muPass」搭載機続々

» 2006年06月07日 23時28分 公開
[ITmedia]

 ユピテル工業とサミーネットワークスは6月下旬から、レーダー探知機「Super Cat VR951i」「V17m-Ri」「S17m-Ri」「ELX-9Ri」の4機種を発売する。

 サミーネットが開発したチップと携帯電話を使ったシステム「muPass」を搭載。位置情報の更新通知やお知らせ音などを好みの楽曲に変更できる。

 データ配信サービスでは、製品に初期設定されているオービス、パーキングエリア、道の駅、事故多発エリアなどの緯度経度データの更新情報を「muPass」システムにより配信。また楽曲配信サービスは、8つのお知らせ音を約4000曲以上の収録曲の中から書き換えることが可能だ。

 またトレッドとサミーネットワークスは6月上旬、「muPass」を搭載したLED電光表示機「ミューパスディスプレイ」を発売する。専用の携帯電話サイトからダウンロードしたサウンドやイラストなどを、携帯電話を通じて電光表示機に配信可能。専用サイトでは、約4000曲以上のサウンドデータから任意の曲を選択でき、電光表示機には最大8曲を保存できる。

 9月上旬には、サミーネットワークスとコンビが、「muPass」搭載のベビー玩具「えらべるサウンドメリー」を発売予定。従来のメリーはあらかじめ収録されている数曲の中からしか選曲できなかったが、「えらべるサウンドメリー」は、約4000曲以上の収録曲から好みの曲を選べる。価格は8379円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月18日 更新
最新トピックスPR

過去記事カレンダー