ニュース
» 2006年10月03日 21時05分 公開

携帯1つで韓国旅行も“ちょっぴり”安心――オムロンブース CEATEC JAPAN 2006:

看板やメニューなど、ハングル文字で書かれた単語に携帯をかざすと、何と書いてあるか教えてくれる――そんなアプリが登場する。

[吉岡綾乃,ITmedia]

 アルファベットや漢字はともかく、「読むことすらできない」という意味で多くの日本人がお手上げなのがハングル文字。韓国に旅行にでかけ「看板の文字やメニューの文字くらい読めたらいいのに……」と思ったことがある人も多いのではないだろうか。

 CEATEC JAPAN 2006のオムロンブースで参考出品されているのが「カメラ付きケイタイ機器向け文字認識技術 Mobile OmCR」は、そんな人にぴったりな携帯向けアプリだ。Mobile OmCRを起動し、読みたいハングル文字に携帯をかざすと、カメラが文字を撮影、文字認識をして、日本語に訳してくれる。

 紙に印刷された文字だけでなく、看板や案内板などでも読み取れるのがポイントだ。文字の裏に模様などがある場合でも、背景から文字だけを切り出して読み取ることができる。

ハングル文字を携帯カメラで撮影(左)。読み取って日本語訳とともに表示する(右)

 実際に試したところ、カメラで読み取れた次の瞬間には訳が表示されており、速度は充分実用的だった。旅行に必要な簡単な単語程度はカバーできるという。

 展示会場では、BREW版アプリが動いていた。携帯用アプリとして展開する予定。「実用化はもう目前。もうすぐ(市場に)現れると思っていただいていい」(説明員)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう