ニュース
» 2006年10月12日 20時29分 公開

写真で解説する「D903i」 (2/2)

[遠藤学,ITmedia]
前のページへ 1|2       

一定時間操作がないと自動的にロックがかかる――進化した「プロテクトキーロック」

photo

 表に出ているボタンの誤動作を防ぐプロテクトキーロックは、待受画面中に一定時間操作がないと、自動的にロックがかかる「タイマープロテクトキーロック」を新たに装備。設定時間は10秒/30秒/60秒/90秒/5分から選択できる。

 また、前モデルでは左側面の中ほどにあったワンプッシュオープンボタンが左側面の上方に移動した。「スライドを閉じた状態での通話中に、誤ってオープンボタンを押してしまうことがなくなる」(説明員)。

 フルブラウザは新たに横画面の表示に対応。PDFビューアに加え、新たにWord、Excel、PowerPointを表示できるドキュメントビューアも搭載している。


photo ワンプッシュオープンボタンが左側面の上方に移動した
photo イヤフォンジャックがスライド式になるなど、右側面も変化を遂げている

photo 横画面での表示が可能となったフルブラウザ
photo 横長対応の「珍さんの釣り物語」もプリインストールされる。横長というだけでなく、「スピードセレクターの回転=リールを巻き上げる」という操作が特徴の釣りゲームだ

photo

 Dの冬モデルが他メーカーに先がけて搭載したのが、かわいいキャラクターが画面を所狭しと動き回る「マチキャラ」。待受時やメール着信時、不在着信があった場合などに登場する。

 待受画像とは別のレイヤーに存在しているため、お気に入りの待受画像+好きなマチキャラを設定することが可能だ。「ドコモダケ」「シャチ」「スケボーマン」がプリインストールされており、専用サイトから追加でダウンロードすることもできる。


デコメ絵文字でデコメールがパワーアップ

 デコメールピクチャを絵文字感覚で使える「デコメ絵文字」にも対応。デコメ絵文字は、「デコメ絵文字ポケット」アプリを使用することで、簡単に検索や追加ができる。

 日本語入力はATOK+APOTを搭載。ダウンロード辞書、文字入力時に左ソフトキーを押すことで「カナ英数」変換を簡単に行える機能も、前モデルに引き続き採用している。

 カメラは、前モデルのオートフォーカス機構付き有効約200万画素(記録400万画素)スーパーCCDハニカムから、オートフォーカス対応の有効約320万画素(記録310万画素)CCDに変更され、手ブレ補正は、動画撮影時のみの対応になった。

 なお、「FMラジオ」「ミュージックプレイヤー」「GPS」「フルブラウザ」は、スピードメニューボタン(前モデルのTV電話ボタン)を押すことで、素早く呼び出せる。また、スピードメニューボタンを長押しし、本体マイクに向けて「ラジオ」「ミュージック」「ジーピーエス」「フルブラウザ」と音声を入力することでも、各機能を呼び出すことができる。

photo 「絵文字1」「絵文字2」の次に表れる「絵文字D」がデコメ絵文字となっている
photo 特徴的な4つの機能をすぐに呼び出せるスピードメニュー
photo ボタンにはTV電話アイコンがなくなり、かわりにサブメニューとして表示されるようになった

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう