ニュース
» 2006年12月05日 15時17分 公開

アジアの携帯キャリア8社が加盟するアライアンスの正式名称が決定

NTTドコモと韓国、台湾、インド、香港、インドネシア、シンガポール、フィリピンの携帯キャリアが加盟するアライアンスの正式名称が決定した。

[ITmedia]
photo

 NTTドコモ、Far EasTone Telecommunications(台湾)、Hutchison Essar(インド)、Hutchison Telecommunications Limited(香港)、PT Indosat Tbk(インドネシア)、KT Freetel(韓国)、StarHub(シンガポール)の7社は、アジア地域におけるアライアンスの正式名称を「Conexus Mobile Alliance(コネクサスモバイルアライアンス)」に決定したと発表した。

 アライアンスメンバー各社は、4月に「Asia-Pacific Mobile Alliance(仮称)」(4月24日の記事参照)を結成し、国際ローミングおよび法人向けサービスの分野で事業協力を進めてきたが、このたびアライアンスの正式名称決定と相成った。

 また、新たにSmart Communications(フィリピン)が加盟したことも合わせて発表。これまで進めてきた相互間でのGSM/GPRS/W-CDMAローミングサービスの提供に加え、今後はHSDPAサービスでのローミング接続の展開や、ローミング接続時における発信者番号通知や短縮ダイヤルの利用も、アライアンスメンバー各社間で行えるようにしていくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう