速報
» 2007年07月18日 21時35分 公開

KDDI、au携帯の未払い催促状に最大2ケタ多い請求額で誤送付

[ITmedia]

 KDDIがauの料金遅延ユーザーに対する催促状文書に、金額を1ケタないし2ケタ多く誤表示して送付していたことが18日、分かった。

 au携帯電話の利用停止後も入金の確認がとれていないユーザーに対し2007年7月11日に発送した料金催促状を、本来の金額とは大きく異なる、1〜2ケタ多い誤表記で送付していたというもの。KDDIによると同社の東京料金センタ料金管理システムにおける不具合とし、該当者に対し電話連絡および詫び文書の送付、個別に状況を説明しているという。

 対象件数は北海道、東北、関東、中部エリアのユーザー2万6126件。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう