ニュース
» 2007年10月11日 15時45分 公開

前年同月比、4カ月連続でプラスに──JEITA 8月携帯出荷

電子情報技術産業協会(JEITA)が2007年8月の移動電話国内出荷台数実績を発表。携帯電話とPHSを合わせた端末の出荷台数は421万4000台で前年同月比139.1%を記録。携帯は前年同月比で4カ月連続のプラスとなった。

[岩城俊介,ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)は10月11日、2007年8月の移動電話国内出荷台数実績を発表した。携帯電話とPHSを合計した国内の移動電話総出荷台数は421万4000台。7月から113万4000減少し、6月、7月と2カ月連続で記録していた500万台を下回ったものの、前年同月比では139.1%の伸びとなった。

 携帯電話の出荷台数は399万7000台で前年同月比138.8%。そのうち3G端末は特にワンセグ搭載機が前月に続いて好調で、398万台/同150.7%と大きく伸長。3G比率は99.6%に達した。ワンセグ搭載端末は145万7000台を出荷し、搭載率は36.7%(同年前月比613.2%)となった。対して2G端末は1万7000台と、初めて2万台を下回った。

 PHSの出荷台数は同年前月比144.7%で21万7000台。7月の24万台からやや減少したものの、2カ月連続で20万台越えを記録した。

photo 携帯電話出荷実績の推移
photo PHS出荷実績の推移

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう