ACCESS、ソフトバンクモバイルの新モデル10機種にネットウェアを提供

» 2007年10月22日 23時29分 公開
[ITmedia]

 ACCESSは10月22日、ソフトバンクモバイルの秋冬商戦向けモデル10機種に、携帯向けブラウザ「NetFront Browser」とメールソフト「NetFront Messaging Client」を提供したことを発表した。

 NetFront Browserでは、ソフトバンクモバイルの「PCサイトブラウザ」対応機10機種にPCサイト閲覧機能を提供。シャープ製の「920SH」「913SHG」「822SH」「821SH」「820SH」には、携帯の限られた画面でも、PC向けサイトの見たい場所を選択し、拡大/縮小表示できるPage Pilot機能も提供する。また、NetFront Messaging Clientの提供により、アレンジメールに対応した「S!メール」サービスを可能とした。

 ほかにも相手の状況をリアルタイムで確認し、状況に適した通信手段を選択できるプレゼンス機能や、トランシーバーのように複数の相手に一斉に音声を発信できるプッシュトゥトーク機能に対応した「NetFront IMS Client Package」を東芝製「920T」とSamsung電子製端末「920SC」に提供。これにより両機種にはソフトバンクモバイル独自の「S!ともだち状況」サービスや「S!一斉トーク」が実装された。

 920Tには、データ放送向けブラウザ「NetFront Browser DTV Profile Wireless Edition」とワンセグ視聴アプリケーション「NetFront MobiTunes」もセットで提供している。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  4. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  5. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー