速報
» 2007年12月10日 23時12分 公開

日本のケータイで中国語メールを送受信――メールiアプリ「Hubmob」

[ITmedia]

 ヒューマンボンドは12月10日、日本の携帯電話で中国語を使ってメールの送受信ができるiアプリ「Hubmob」のサービスを開始した。

 Hubmobは翻訳機能とピンイン入力を利用して、日本の携帯電話から中国の携帯電話にメールを送信可能にするアプリ。受信した中国語のメールでも翻訳機能が利用でき、中国の携帯電話にHubmobで日本語フォントを組み込めば、日本の携帯電話と中国の携帯電話で日本語メールのやり取りが可能になるという。

 利用料金は、SMS・Eメールの送信が1回5円相当、翻訳利用は1回10円相当のポイントが必要。SMS・Eメールの受信は無料で利用できる。

 対応機種はドコモのFOMAのみとなっているが、2007年度内にau、ソフトバンクモバイル端末向けサービスも開始する予定だ。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう