ニュース
» 2007年12月21日 17時07分 公開

WiMAX事業は引き続き検討、アッカ・ワイヤレスへの出資は精算へ――ドコモ

アッカ・ワイヤレスへの出資で2.5GHz帯を利用したWiMAX事業への参入を目指していたNTTドコモだが、免許はKDDIとウィルコムが取得することになった。ドコモは引き続きWiMAX事業を検討するとしているが、企画会社への出資は精算するという。

[後藤祥子,ITmedia]

 2.5GHz帯を利用した次世代高速無線の免許の割り当てが、KDDI(モバイルWiMAX)とウィルコム(次世代PHS)に決まったことを受けて、NTTドコモが今後のWiMAX事業の方針についてコメントした。

 同社ではWiMAX事業への参入を引き続き検討する考え。どのような形での参入を目指すかについては、「今回、割り当てを受けた企業がMVNOに対してオープンな条件で回線を提供するかなどを精査した上で検討を進める」というにとどめた。

 なお、アッカ・ワイヤレスへの出資については、「いったん精算する方向」としており、企画会社を経由せずにWiMAX事業の検討を進める考えだ。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう