ニュース
» 2008年08月01日 19時59分 公開

携帯販売ランキング(7月21日〜7月27日):夏モデルほぼ出そろい、変動おだやかに──携帯夏商戦はそろそろ終盤 (2/3)

[岩城俊介,ITmedia]

新機種のW62SH、W62CA、W62Hは人気継続

2008年7月第4週(au)
順位 先週順位 製品名
1 1(→) W61CA
2 2(→) W62SH
3 5(↑) W61P
4 3(↓) G'zOne
W62CA
5 4(↓) AQUOSケータイ
W61SH
6 6(→) Woooケータイ
W53H
7 7(→) W61SA
8 9(↑) W61T
9 10(↑) Woooケータイ
W62H
10 8(↓) Cyber-shotケータイ
W61S
この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
Photo W61CA

 前回、新機種の登場ラッシュで大きく変動したau端末のランキング。今回、その動きはやや落ち着いたものの、いくつかの機種で順位の変動もみられた。

 首位は前回と変わらずカシオ計算機製「W61CA」(2008年春モデル)が獲得。続いて2位にシャープ製の「W62SH」、3位にパナソニック モバイル製の「W61P」(2008年春モデル/前回5位)、4位にカシオ計算機製の「G'zOne W62CA」(前回3位)、5位にシャープ製の「AQUOSケータイ W61SH」(2008年春モデル/前回4位)が入った。

 前回登場した夏の新機種の順位は今回もそれほど変わらず、今後もランク圏内に留まりそうだが、依然、安価に販売する2008年春モデルの人気も衰えない。春モデルのW61CAは首位を譲らず、W61Pも前回の5位から2つ順位を上げ、3位に上がっている。

 KDDIは2008年夏モデル(とCyber-shotケータイ W61S)から分割で購入できる割賦販売制度を導入した。次の2008年秋冬モデルから基本的には販売する端末すべてが同じ販売方法になり、かたやシンプルコースで「0円/1円」の旧機種もあるといった極端に安価と感じられる選択肢はなくなると思われる。これにより販売動向はどう変化するだろうか。現在のドコモ端末と同じように、そしてかつてのau端末と同じように新機種がいきなり躍進するのだろうか。

 夏の新機種がほぼ出そろい、携帯夏商戦もそろそろ終盤。さて次は……と考えたくなる時期になってきた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう