ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「携帯販売ランキング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「携帯販売ランキング」に関する情報が集まったページです。

携帯販売ランキング(5月6日〜5月12日):
docomo with対象の「iPhone 7」が総合10位に
トップ3の「iPhone 8(64GB)」による独占は4週目。docomo with対象のドコモ版「iPhone 7(32 GB)」は約1年3カ月ぶりのトップ10入り。(2019/5/18)

携帯販売ランキング(4月29日〜5月5日):
ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が4週ぶり総合トップ auの「Xperia XZ3」も好調
トップ3の「iPhone 8(64GB)」による独占は3週目。1位は4週ぶりにソフトバンク版iPhone 8(64GB)。auの「Xperia XZ3」は総合4位。(2019/5/11)

携帯販売ランキング(4月15日〜4月21日):
auの「Xperia XZ3」が急上昇、5カ月ぶり総合トップ10入り
前回8位ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が3位、au「Xperia XZ3 SOV39」は前回19位から一気に6位にランクイン。(2019/4/27)

携帯販売ランキング(4月8日〜4月14日):
Y!mobileの「iPhone 6s」が3位 Androidは「AQUOS sense2」と「Galaxy S9」が好調
前回1位だったソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が8位に急落した。一方NTTドコモとauの「iPhone 8(64GB)」は1位と2位。Androidは「AQUOS sense2 SH-01L」と「Galaxy S9 SC-02K」がランクインした。(2019/4/20)

携帯販売ランキング(4月1日〜4月7日):
「iPhone 8(64GB)」のトップ3独占連続記録、67週で止まる
2017年12月から足かけ3年にわたって続いていたiPhone 8(64GB)のトップ3独占連続記録がついに止まった。(2019/4/13)

携帯販売ランキング(3月25日〜3月31日):
iPhone勢の総合ランキング独占、ドコモの「Galaxy S9」が止める
au「iPhone 8(64GB)」が3連勝。4週続いたiPhone勢の総合ランキング独占がストップした。止めたのはドコモの「Galaxy S9」。(2019/4/6)

携帯販売ランキング(3月18日〜3月25日):
総合ランキングは前回から全く変化なし、4週続いてiPhone勢の独占に
au「iPhone 8(64GB)」が2連勝。「iPhone 8(64GB)」のトップ3独占は66週目。(2019/3/30)

携帯販売ランキング(3月11日〜3月17日):
iPhone勢の総合ランキング独占状態は3週目に突入
「iPhone 8(64GB)」のトップ3独占状態は変わらないが、今回はauのiPhone 8(64GB)がトップに立った。なんと2017年12月以来のことだ。(2019/3/23)

携帯販売ランキング(3月4日〜3月10日):
「iPhone 8」と「iPhone XR」で総合1〜6位を独占
総合ランキングはソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が20連勝。今週もiPhone勢でトップ10は独占状態。(2019/3/16)

携帯販売ランキング(2月25日〜3月3日):
約1年ぶりに「iPhone 7」がトップ10入り docomo with効果は?
総合ランキングはソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が19週連続1位。10位にY!mobile「iPhone 7(32GB)」が入り、4週ぶりにiPhone勢がトップ10を独占。(2019/3/9)

携帯販売ランキング(2月18日〜2月24日):
ドコモのランキングに「らくらくスマートフォンme F-01L」が登場
総合ランキングはソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が18週連続1位。ドコモのランキングには、新発売の「らくらくスマートフォンme F-01L」がランクイン。(2019/3/2)

携帯販売ランキング(2月11日〜2月17日):
「iPhone 8(64GB)」のトップ3独占は61週目に突入 「AQUOS sense2」も奮闘
1位はソフトバンク「iPhone 8(64GB)」で17週連続。前回iPhone勢のトップ10独占を破ったNTTドコモ「AQUOS sense2 SH-01L」は10位をキープ。(2019/2/24)

携帯販売ランキング(2月4日〜2月10日):
総合ランキングに「AQUOS sense2」が初登場、iPhone勢の独占は9週でストップ
1位はソフトバンク「iPhone 8(64GB)」で16週連続。10位にNTTドコモ「AQUOS sense2 SH-01L」が初ランクイン。(2019/2/17)

携帯販売ランキング(1月28日〜2月3日):
「iPhone 6s」が2年4カ月ぶりの4位に Y!mobileの一括540円(税込)効果か
ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」は15週連続トップ。iPhone勢の総合ランキング独占は9週連続。(2019/2/10)

携帯販売ランキング(1月21日〜1月27日):
iPhone勢の優勢に変化なし 値下げのY!mobile「iPhone 6s」も好調
ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」は14週連続トップ。iPhone勢の総合ランキング独占は8週目に。(2019/2/3)

携帯販売ランキング(1月14日〜1月20日):
いつまで続く? iPhone勢の総合ランキングトップ10独占7週目
ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」は13週連続トップ。「iPhone 8(64GB)」のトップ3独占は連続57週に。(2019/1/26)

携帯販売ランキング(1月7日〜1月13日):
iPhone勢のトップ10独占は6週目に 「6s」もランクイン
ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が12週連続トップ。「iPhone 8(64GB)」のトップ3独占は連続56週。(2019/1/19)

携帯販売ランキング(2018年12月31日〜2019年1月6日):
2019年最初の総合ランキングはiPhone勢の圧倒的優勢でスタート
ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が11週連続トップ。5週連続でiPhone勢がトップ10を独占。(2019/1/13)

携帯販売ランキング(12月24日〜12月30日):
総合ランキング、2018年ラストもiPhone勢が独占 旧iPhone人気は2019年も続きそう
トップはソフトバンク「iPhone 8(64GB)」で10週連続。「iPhone 8(64GB)」は2018年を通じてトップ3を譲らなかった。(2019/1/12)

携帯販売ランキング(12月17日〜12月23日):
トップ3の「iPhone 8(64GB)」独占状態も丸1年(53週)に
トップはソフトバンク「iPhone 8(64GB)」で9週連続。トップ3の「iPhone 8(64GB)」独占状態も丸1年(53週)に。(2018/12/29)

携帯販売ランキング(12月10日〜12月16日):
「iPhone 8(64GB)」、ついに総合ランキングで1年間1位を譲らず
「iPhone 8(64GB)」がキャリアは変わりながらも1年間(53週)連続1位を達成した。(2018/12/22)

携帯販売ランキング(12月3日〜12月9日):
総合ランキングは2カ月ぶりの“iPhone独占”状態、うち半分は「iPhone XR」に
ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」は7種連続1位。トップ10は9週ぶりにiPhoneだけで占められた。(2018/12/15)

携帯販売ランキング(11月26日〜12月2日):
"値下げ”効果か ドコモの「iPhone XR」が急上昇ランクイン
1位はソフトバンク「iPhone 8(64GB)」で6週目。ここに来てソフトバンクとNTTドコモの「iPhone XR」が順位を上げている。NTTドコモ「iPhone XR(64GB)」はこれが初の総合ランキング登場だ。(2018/12/8)

携帯販売ランキング(11月19日〜11月25日):
「Xperia XZ3」はトップ10圏外に 「HUAWEI P20 lite」がAndroidで唯一のトップ10入り
1位はソフトバンク「iPhone 8(64GB)」で5週目。前々回登場した「Xperia XZ3」はトップ10から姿を消したが、Y!mobileの「HUAWEI P20 lite」がiPhone勢によるトップ10独占を阻止。(2018/12/2)

携帯販売ランキング(11月12日〜11月18日):
総合ランキング、「Xperia XZ3」は順位下げつつもトップ10に踏みとどまる
前回4位と5位に登場した「Xperia XZ3」は9位と10位に後退、発売から3週目となる「iPhone XR」もやや順位を下げた。(2018/11/24)

携帯販売ランキング(11月5日〜11月11日):
「Xperia XZ3」発売 総合ランクインも「iPhone 8」の牙城は崩せず
前回の「iPhone XR」に続いて「Xperia XZ3」が3キャリアから発売された。auとドコモ版は総合ランキングに登場。「iPhone XS/XS Max」や「iPhone XR」は上回ったが、「iPhone 8(64GB)」には及ばなかった。(2018/11/17)

携帯販売ランキング(10月29日〜11月4日):
「Pixel 3」発売も総合ランクインならず iPhone 8とXRの2強体勢へ
「iPhone XS/XS Max」に続き「iPhone XR」も発売となったが、2018年12月から続く「iPhone 8(64GB)」の連続1位を止めることはできなかった。(2018/11/10)

携帯販売ランキング(10月22日〜10月28日):
ついに「iPhone XR」発売、総合ランキング初登場の順位は?
2018年10月26日の「iPhone XR」発売後初めての総合ランキングでも「iPhone 8」がトップ。「iPhone XR」は4位、6位、8位に登場した。(2018/11/3)

携帯販売ランキング(10月15日〜10月21日):
総合ランキングにドコモの「iPhone X(64GB)」が急上昇ランクイン
「iPhone XR」の予約開始後のランキングとなったが、大きな変化は見られず。ただしNTTドコモ「iPhone X(64GB)」は突然の急上昇で総合ランキング入り。(2018/10/28)

携帯販売ランキング(10月8日〜10月14日):
総合ランキング、iPhone勢による独占を「HUAWEI P20 lite」が崩す
「iPhone XS/XS Max」発売から4週目にして、iPhone以外の機種がトップ10に登場。「HUAWEI P20 lite」が7位と8位に入った。(2018/10/21)

携帯販売ランキング(10月1日〜10月7日):
総合ランキング、「iPhone 8(64GB)」と「iPhone XS/XS Max」だけで3週目
「iPhone XS/XS Max」発売から3週、“iPhoneだけ”の状態が続いている。(2018/10/14)

携帯販売ランキング(9月24日〜9月30日):
各ランキング、「iPhone XS/XS Max」発売2週目も「iPhone 8(64GB)」がトップ独占
「iPhone XS/XS Max」発売2週目に入ったが、全ランキングで「iPhone 8(64GB)」が1位を占めている。(2018/10/6)

携帯販売ランキング(9月17日〜9月23日):
「iPhone XS/XS Max」発売! 総合ランキングはiPhone勢が独占するもトップ3は「iPhone 8」
ついに「iPhone XS/XS Max」が発売も、なんと3キャリア共にトップは「iPhone 8(64GB)」。新iPhoneが発売時にトップにならなかったのは極めて異例のこと。(2018/9/29)

携帯販売ランキング(9月10日〜9月16日):
「iPhone XS/XS Max」発売直前の総合ランキング、「iPhone 8(64GB)」のトップ3独占崩れず
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が24週連続1位。2位と3位はまた入れ替わりau「iPhone 8(64GB)」が2位に。(2018/9/22)

携帯販売ランキング(9月3日〜9月9日):
「iPhone XS/XS Max」発売まで「iPhone 8」のトップ3独占は動かず?
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が23週連続1位。「iPhone XS/XS Max」発売まで「iPhone 8(64GB)」のトップ3独占は動かずか。(2018/9/16)

携帯販売ランキング(8月27日〜9月2日):
docomo with対象の「iPhone 6s」発売 ランキングには登場した?
1位はNTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が22週連続。2位と3位は入れ替わり4週ぶりにソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が2位に。docomo with対象「iPhone 6s」の順位は?(2018/9/9)

携帯販売ランキング(8月20日〜8月26日):
総合ランキング、3週ぶりにSIMフリー「HUAWEI P20 lite」がランクイン
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が21週連続1位。前回4位の「Galaxy S9 SC-02K」は1つ下げ5位。(2018/9/2)

携帯販売ランキング(8月13日〜8月19日):
総合ランキング、auの「Xperia XZ2 Premium」はトップ10圏外に ドコモの「Galaxy S9」がAndroid勢トップ
ドコモの「iPhone 8(64GB)」が20週連続1位を達成。前回6位に初登場のドコモ「Galaxy S9」が「Xperia XZ1」をかわして4位。(2018/8/26)

携帯販売ランキング(8月6日〜8月12日):
auの「Xperia XZ2 Premium」が発売、総合ランキングに登場
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」の連続トップが19週に。NTTドコモ版に続いて発売されたau「Xperia XZ2 Premium SOV38」は8位に初登場。(2018/8/18)

携帯販売ランキング(7月30日〜8月5日):
「Xperia XZ2 Premium SO-04K」は総合トップ10から姿を消す
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が18週連続トップ。auとNTTドコモの「Xperia XZ1」の好調続くが、「Xperia XZ2 Premium SO-04K」はトップ10外に。(2018/8/11)

携帯販売ランキング(7月23日〜7月29日):
ドコモの「Xperia XZ2 Premium」発売、総合ランキングにいきなり登場
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が17週連続トップ。auとNTTドコモの「Xperia XZ1」は依然好調。(2018/8/5)

携帯販売ランキング(7月16日〜7月22日):
「Xperia XZ1」が好調も、「iPhone 8」の牙城は崩せず
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が16週連続トップ。前回同様、auとNTTドコモの「Xperia XZ1」が「iPhone 8」に続いている。(2018/7/29)

携帯販売ランキング(7月9日〜7月15日):
総合ランキング、今回も「Xperia XZ2」を抑え「XZ1」が好調
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が15週連続トップ。2017年11月発売の、NTTドコモとauの「Xperia XZ1」がこの5月発売の新モデル「Xperia XZ2」を上回る人気。(2018/7/22)

携帯販売ランキング(7月2日〜7月8日):
総合ランキング、ドコモの「Xperia XZ1」がさらに上昇
1位はNTTドコモ「iPhone 8(64GB)」で14週目。10位にSIMロックフリーの「HUAWEI nova lite」が初のトップ10入り。(2018/7/15)

携帯販売ランキング(6月25日〜7月1日):
総合ランキング、ドコモの「Xperia XZ1」が急上昇 XZ2より好調
1位はNTTドコモ「iPhone 8(64GB)」で13週目。9位のNTTドコモ「Xperia XZ1 SO-01K」は前回20位から一気にトップ10入り。(2018/7/8)

携帯販売ランキング(6月18日〜6月24日):
「HUAWEI P20 lite」好調、「Xperia XZ2 Compact」もキャリアランキングに登場
今回も新製品が発売された。NTTドコモの「Xperia XZ2 Compact」はキャリア別ランキングに登場。前回登場のHuawei「P20」シリーズ各機種は引き続き好調を維持。(2018/6/30)

携帯販売ランキング(6月11日〜6月17日):
Huawei「P20」シリーズ3機種が発売、総合ランキングに登場した機種は?
新製品祭りが続く。今回はHuawei「P20」シリーズの各機種がキャリア他から発売され、Y!mobile「P20 lite」、SIMロックフリー版「HUAWEI P20 lite」が総合ランキング入り。(2018/6/24)

携帯販売ランキング(6月4日〜6月10日):
「AQUOS R2」が3キャリアから発売、ソフトバンク版が総合ランキングに登場
前回の「Xperia XZ2」に続いて「AQUOS R2」を3キャリアが発売。ソフトバンク版が総合ランキング4位に。(2018/6/17)

携帯販売ランキング(5月28日〜6月3日):
3キャリアから「Xperia XZ2」が発売、総合ランキングに登場したのは?
総合ランキングにXperiaシリーズ最新モデル「Xperia XZ2」が発売即ランクイン。auとNTTドコモバージョンが8位と10位に。(2018/6/10)

携帯販売ランキング(5月21日〜5月27日):
各キャリアから新機種の登場続くも、総合ランキング入りはならず
総合ランキングトップはNTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が8連勝。前回に続いて各キャリアに5月発売の新モデルがランクインした。(2018/6/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。