ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iPhone 8」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iPhone 8」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

SIMフリーのiPhone 8や7が上位に ムスビーの11月中古スマホランキング
ムスビーは、2020年11月中古携帯/スマホランキングを発表。総合ランキングは上位7機種がSIMロックフリー版のiPhoneシリーズとなり、Androidランキングではauの「Xperia XZ1 SOV36」が1位となった。(2020/12/2)

ゲオストア、UQ mobileのMNP契約でiPhone 8(中古)を1円で販売
UQ mobileを販売しているゲオストアが、MNPでUQ mobileに申し込むと、格安で中古iPhoneを販売する施策を実施している。iPhone 8(中古)は1円、iPhone XR(中古)は550円(×36回)とする。オンライン限定の施策となる。(2020/11/27)

「iPhone SE(第2世代)」から「iPhone 12 mini」に乗り換えた理由 これぞ求めていた小型スマホ
「iPhone 12 mini」は、筆者にとって待望の一台だ。これまでは「iPhone SE(第2世代)」を使っていたが、不満もあった。iPhone 12 miniはA14 Bionicプロセッサや5G対応という最新スペックに加え、Face ID搭載の狭額縁ディスプレイを搭載。選ばない理由がなかった。(2020/11/27)

Amazon.co.jp、iPhoneの整備済み品を販売開始
Appleとは異なる「iPhone整備済み品」をAmazonが独自にスタート。(2020/11/26)

LINEモバイル、中古の「iPhone 8」「iPhone X」を発売
LINEモバイルは、11月25日に「Aグレード(美品)」の中古iPhone 8/iPhone Xを販売開始。一括価格はiPhone 8(64GB)が2万9800円(税別)、iPhone X(64GB)が5万2800円(税別)から。(2020/11/25)

MagSafe充電は期待外れ? iPhone 12を150%速く充電する裏技まで徹底レビュー
ワイヤレス給電ができる「MagSafe」。iPhone 12シリーズを買うときには欲しくなるアイテムだ。実際に購入して使い勝手を調べてみた。(2020/11/19)

Apple、次期iPhone 13で省スペースの新バッテリー技術採用か
早くもiPhone 13の噂が出ている。(2020/11/16)

Mobile Weekly Top10:
スマホ決済の11月キャンペーンは?/ドコモの新モデルは「オンライン限定色」に注目
スマートフォンを使った決済サービスのキャンペーンは「マイナポイント」のスタートに伴い落ち着く……と思いきや、規模はさておき引き続き提供されています。(2020/11/9)

月額490円からの中古スマホレンタルサービス「みんなのスマホ」 iPhoneやiPadも
携帯市場は、中古スマホ・タブレットのサブスクリプションレンタルサービス「みんなのスマホ」を提供開始。月額490円(税別)からでSIMロックフリー端末のみ提供し、バッテリーは残量が良好なものを使用している。利用期間は最短30日。(2020/11/6)

iPhone 12シリーズの購入を見送った理由 「日常生活を変える」には至らず?
筆者は毎年のようにiPhoneの新モデルを購入してきたが、iPhone 12シリーズは購入を見送ろうと考えている。5Gは大きなトピックだが、まだ日常生活で恩恵を得られるには程遠い。カメラ性能も普段使いではiPhone 11 Pro Maxと大きな差はない。そして最も大きな理由は……。(2020/11/5)

iFixitの分解を基に考察する:
今後の「iPhone」、注目はアンテナモジュールか
iFixitがAppleの最新機種「iPhone 12」の分解レポートを公開した。同レポートを基に考察すると、今後のiPhoneの注目ポイントはアンテナモジュールではないだろうか。(2020/11/4)

小型かつハイスペック 「iPhone 12 mini」と「Xperia 5 II」を比較する
「iPhone 12 mini」と「Xperia 5 II」は、小型でありながらスペックが高いモデル。2機種のスペックを比較する。最も大きな差は価格かもしれない。(2020/11/4)

MVNOに聞く:
プラン刷新でiPhone SEも実質0円から 新生「J:COM MOBILE」の戦略を石川社長に聞く
ジュピターテレコムのMVNOサービス「J:COM MOBILE」が料金プランを刷新した。J:COM MOBILEでは高年齢層のユーザーが集中していたが、若年層にも広げるのが狙いだ。iPhoneの取り扱いからオンライン強化、政府の値下げ要請の影響まで、石川雄三社長に幅広く聞いた。(2020/11/2)

iPhone 12シリーズとiOS 14の記事まとめ 基本情報から詳細レビューまで
ITmedia MobileではiPhone 12シリーズに関して、基本情報からレビューまでさまざまな記事を掲載してきたので、あらためてまとめた。同時期にリリースされた「iOS 14」関連の記事も紹介する(随時更新する)。iPhone 12シリーズ購入と活用の参考にしてほしい。(2020/10/31)

Mobile Weekly Top10:
iPhone 12シリーズに5G契約は必要?/5G対応の「ZenFone 7」が日本でも
大手キャリアはiPhone 12シリーズの利用には5G契約が必須としています。ただし、一部キャリアはLTE(4G)契約でも一応は通信できるようです。同様に、LTE回線を利用するMVNOサービスも、構成プロファイルを入れればiPhone 12シリーズで利用できます。(2020/10/30)

ドコモ、旧iPhoneの下取り&iPhone 12シリーズ購入で3000ポイントプレゼント
NTTドコモは、対象のiPhoneを機種変更、または契約変更(Xi→5G)で購入し、対象機種の下取りプログラムへ申し込むとdポイント(期間・用途限定)3000ポイントを付与するキャンペーンを実施している。(2020/10/29)

Apple、iPhone 12のHDRビデオに対応した「Clips 3.0」を配布開始 16:9、4:3にも対応
iMovieに続き、iPhone 12シリーズのHDRに対応。(2020/10/29)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「iPhone 12」のカメラを徹底的に試す iPhone 11世代から買い替えるレベル?
ついに発売された「iPhone 12」。「コンピュテーショナルフォトグラフィ」をうたう本機のカメラ機能はどのように進化したのか徹底的に調べてみた。「iPhone 11 Pro」との画質の違いもチェックした。(2020/10/29)

Apple、iPhoneとiPad向け「iMovie」をアップデート タイトル調整、HDR編集を強化
iPhoneとiPad用のiMovieが大幅に強化された。(2020/10/23)

SIMフリー版ユーザーは必見:
iPhone 12シリーズは「5G契約」必須? 各キャリアに聞いてみた
AppleのiPhone 12シリーズは、iPhoneとしては初めて「5G」に対応します。そのことで気になる契約回りについて、大手キャリアの広報担当者に質問してみました。【追記】【訂正】(2020/10/23)

iPhone 12 Pro ベンチマークレポート iPhone 12との性能差はマルチスコアに
iPhone 12とiPhone 12 Pro。その性能差はあるのだろうか?(2020/10/22)

本田雅一の時事想々:
新型iPhoneは、スマホ市場のマンネリを打破できるのか
毎年、新しいiPhoneが発売され続けてきた結果、以前ほど市場の反応は敏感ではなくなってきている。iPhone、さらにいえばスマホ市場が成熟している中で、アップルはどのように“マンネリ”に対抗するのか。新iPhoneから考えを読み解く。(2020/10/22)

Mobile Weekly Top10:
「iPhone 12シリーズ」祭りの1週間
日本時間の10月14日、iPhone 12シリーズが発表されました。そのこともあってか、今回のアクセス数ランキングのトップ10は、iPhone 12シリーズに関連する記事となりました。(2020/10/21)

iPhone 12ベンチマークレポート iPhone 11比でGPUの伸び大きい
歴代iPhoneとパフォーマンスを比較してみた。(2020/10/21)

「iOS 14.1」配信 10ビットHDR動画の再生・編集対応やウィジェット関連バグなどの修正
「iOS 14.1」の配信が開始した。間もなく発売の「iPhone 12」にも適用される。「写真」アプリで10ビットHDR動画の再生と編集に対応した他、ウィジェット関連のバグなどが修正される。(2020/10/21)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone 12」「12 Pro」を試して分かった実際の違い 11 Proから写真は大進化
10月23日の販売開始に先駆けて「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」を数日間試用した。iPhone 11からさらに進化したカメラの性能を中心に、実機を使い比べたインプレッションをお届けする。(2020/10/20)

「iPhone 12 mini」と「iPhone SE(第2世代)」「iPhone 8」は何が違う? コンパクトなiPhoneを比べてみよう
11月に発売される「iPhone 12 mini」。その名の通り「iPhone 12」のコンパクトモデルという位置付けだが、従来からコンパクトとされてきた「iPhone SE(第2世代)」や、そのベースとなった「iPhone 8」と何が違うのか。簡単にまとめてみた。(2020/10/17)

iPhone 12発表 5G対応、小型のminiも
アップルは日本時間14日早朝、iPhone 12シリーズ4機種を発表した。5G通信に対応し、高速な通信が可能。有機EL(OLED)ディスプレイを採用し、狭額縁とすることで本体サイズを保ちながらディスプレイサイズを拡大した。(2020/10/14)

5.4型ディスプレイ搭載の「iPhone 12 mini」登場 7万4800円〜で11月13日発売
米Appleが10月13日(現地時間)、小型の新iPhoneとなる「iPhone 12 mini」を発表した。価格は7万4800円から。5.4型ディスプレイを搭載する。(2020/10/14)

間もなく発表! 2020年秋の新型「iPhone」はどうなる? うわさまとめ
10月14日午前2時から始まるイベントで、Appleが新しいiPhoneを発表する可能性がある。新型コロナウイルスの影響で発表時期がズレた新型iPhoneはどのようになるか、うわさをもとにまとめた。(2020/10/13)

Apple PayのPASMOは「1000万ユーザーを目指す」 Suicaにはない特徴とは?
PASMO協議会が10月6日、Apple PayでのPASMOのサービスを開始した。モバイルに対応することで券売機でチャージをする必要がなくなる。Apple PayのPASMOはどのように使うのか。またSuicaにはないメリットとは?(2020/10/6)

Apple Payの「PASMO」がスタート 何ができる? できない?
10月6日、Apple Payで「PASMO(パスモ)」のサービスが始まった。何ができて、何ができないのか、詳しめにまとめた。(2020/10/6)

定期券でも:
PASMO、iPhoneとApple Watchで利用可能に
 首都圏の鉄道やバス会社で構成するPASMO協議会は「PASMO」のApple Payでの利用を開始。iPhoneやApple Watchで電車やバスの交通利用や、電子マネーでの買い物が可能となる。(2020/10/6)

iPhoneシリーズがTOP10を独占 ムスビーの2020年9月中古スマホランキング
ウェイブダッシュが運営するフリーマーケットサイト「ムスビー」における2020年9月中古携帯/スマホランキングを発表した。総合ランキング上位3位は変わらずTOP10をiPhoneシリーズが独占し、AndroidランキングではNTTドコモの「Xperia 10 II SO-41A」が1位となった。(2020/10/5)

いよいよPASMOがiPhone/Apple Watch対応、10月6日から! ユーザーの反応は?
ようやくか……! 【更新】利用は「iOS 14以降」必須。主な機能、iPhoneへの登録条件、「丸ごと移行」の方法など。(2020/10/1)

「iPhone SE Plus」、2021年投入か? iPad Airと同じ新型Touch ID搭載で
「iPhone SE Plus」はiPad Air (4th generation) のTouch IDを搭載したiPhone XRまたはiPhone 8 Plusベースモデルか?(2020/9/25)

Apple Siliconがやってくる:
Apple独自アーキテクチャの変遷 A6から最新A14まで
Apple Silicon連載、ついに最新プロセッサ「A14」に追いつく。(2020/9/24)

「iOS 14」が配信開始 9月17日早朝から
Appleが9月17日(日本時間)、iOS 14の配信を開始した。iPhoneからはWi-Fiに接続し、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から手動でアップデートできる。iPhone 6s以降のモデルが対象。(2020/9/17)

17日から配信 「iOS 14」の新機能をまとめてチェック!
日本時間の9月17日から、iPhone/iPod touch向け新OS「iOS 14」の配信が始まる。その主な新機能を改めてチェックしてみよう。(2020/9/16)

ドコモの「Xperia 10 II」がランクアップ ムスビーの8月中古スマホランキング
ムスビーは、2020年8月中古携帯/スマホランキングを発表。総合ランキング1位は国内版SIMロックフリーの「iPhone 8」、2位は国内版SIMロックフリーの「iPhone 7」で7月と変わらず。AndroidランキングではNTTドコモの「Xperia 10 II SO-41A」が順位を上げた。(2020/9/2)

次期iPhoneはどうなる?:
2020年の新型iPhone、「発表日」と「発売日」はいつになる?
9月にはAppleスペシャルイベントが開催されるのが恒例だ。新型コロナによる影響は少なからずありそうだが、例年通り「iPhone 12(仮称)」などの新製品が発表される場となるだろう。ただ、発表タイミングについて、まだ明確なアナウンスはない。(2020/8/31)

iPhoneを安く手に入れる方法 iPhone SE/7、CPO/中古品の価格を比較した
iPhoneを安く手に入れるには、どんな方法があるかをまとめてみた。大手キャリアが扱うモデルから中古まで、2万円から4万円台で購入できるモデルを中心に調べた。サブブランドが扱うiPhone SE(第2世代)やiPhone 7、MVNOが扱うCPO品や中古品などが狙い目だ。(2020/8/28)

PR:「IIJmio」なら1980円で「moto e6s」が手に入る! MNPで最大1万5000円キャッシュバックも
IIJmioで大盤振る舞いといえるキャンペーンを実施している。10分間の通話定額や「ファミリーシェアプラン」を大幅に割り引き、通話をお得に利用できる。MNP向けにキャッシュバックや端末の特価販売も行っている。【10月1日10時更新】(2020/8/24)

ムスビーの7月中古スマホランキング SIMフリー「iPhone 8」が1位
ムスビーは、2020年7月中古携帯/スマホランキングを発表。総合ランキング1位は国内版SIMロックフリーの「iPhone 8」で、AndroidランキングではNTTドコモの「Galaxy A20 SC-02M」、タブレットは「iPad(第7世代)」となった。(2020/7/31)

UNiCASEが期間限定セール、iPhoneケースが最大96%オフ
CCCフロンティアは、7月20日〜7月31日にスマートフォンアクセサリー専門店UNiCASE店舗とオンラインストアで期間限定セールを開催。iPhoneケースを最大96%オフで提供する。(2020/7/20)

FREETELが数量限定の「売り尽くしSALE」開催、iPhone 8やXperia 1を特価で
MAYA SYSTEMは、7月20日にFREETEL公式サイトで数量限定の「売り尽くしSALE」を開催。iPhone 8、Xperia 1、スマートスピーカー、Wi-Fiルーターをそろえ、「OCN モバイル ONE」音声対応SIMとのセット購入でさらに割り引く。(2020/7/20)

ソフトバンクの「3G買い替えキャンペーン」、機種代金が最大12万1680円割引に
ソフトバンクは、7月15日に「3G買い替えキャンペーン」を実施。3G機種から指定の機種へ機種変更/MNPを行うと、端末の販売価格から最大12万1680円を割り引く。(2020/7/15)

アフタヌーンティー×エビアンのコラボアイテムが登場! ピンク×ブルーのデザインがさわやかでかわいい
元気になりそう!(2020/7/3)

iOS 14の対象機種はiPhone 6s以降、初代iPhone SEも生き残る
新OSについて毎年気になるのが対応機種。iPhoneは数年前の古い機種でもOSバージョンアップに対応しており、1つのモデルを長く使えるのが魅力だ。iOS 14ではiOS 13と同じく、iPhone 6s/6s PlusとiPhone SE(第1世代)もサポートする。(2020/6/23)

Spigen、最大90%オフのAmazon特選タイムセール開催
Spigenは、6月21日〜23日に開催されるAmazon特選タイムセールで各種ケースやアクセサリーをセール価格で販売。全216商品を最大90%オフで提供する。(2020/6/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。