ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iPhone 8」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iPhone 8」に関する情報が集まったページです。

iPhone XS/X用「クリアケース」おすすめ5選 透明でしっかり頑丈
スマートフォン本体のデザインを楽しめる、透明な「クリアケース」。どのような基準で選べばいいのでしょうか。この記事では、iPhone XS/X用のクリアケースを選ぶ基準を示しつつ、おすすめのケースもご紹介します。(2019/5/23)

ドコモが端末の「36回払い」を導入 スマホ返却で12回分の支払いを免除する「スマホおかえしプログラム」も開始【更新】
NTTドコモが、端末の36回分割払いを導入する。同時に、端末をドコモに返却することで36回中12回の支払いを免除するプログラムも導入する。(2019/5/16)

2018年度通期の携帯出荷台数は過去2番目の低さ 分離プランや新iPhoneの不調が響く
MM総研は、5月15日に2018年度通期(2018年4月〜2019年3月)の国内携帯電話端末の出荷台数調査結果について発表した。前年度比7.7%減の3456.6万台で、2000年度以降の出荷統計では2009年度に次ぐ過去2番目に低い結果に。内訳はスマホが6.0%減の3061.6万台、そのうちSIMフリースマホは4.9%減の299.5万台、フィーチャーフォンが19.1%減の395万台となった。(2019/5/15)

ムスビーの2019年4月中古スマホランキング SIMフリー「iPhone 7」が引き続き1位に
ムスビーは、2019年4月中古携帯/スマホランキングを発表。前月に引き続き国内版SIMフリーの「iPhone 7」が1位となり、Android部門ではドコモの「AQUOS sense2 SH-01L」が1位を獲得した。(2019/5/7)

「iPad mini(第5世代)」レビュー 変わらない良さと、変わったほしかったところ
Appleから、2019年モデルの「iPad mini(第5世代)」が発売された。約4年ぶりの刷新となるリニューアルモデルは、性能や機能面ではさまざまな強化が加えられている。iPad mini旧モデルやiPad Proなどを使っている筆者の視点で、新iPad miniの魅力と、気になる性能について見ていこう。(2019/5/1)

iPhoneの最新おすすめ機種は? 目的と価格で選ぶ(2019年版)
日本で大きなシェアを占めるスマートフォンといえば「iPhone」。最新モデルに加えて廉価な旧モデルも併売されていることが特徴です。何を基準に選べばいいのか、ポイントを示しつつオススメ機種をご紹介します。(2019/4/23)

ピカチュウやイーブイがソーナンスになりきってポーズ! ポケモンセンターの新グッズ「みんなでソ〜ナンス!」発売
ソーナンスの「あの表情」がまぶしい。(2019/4/16)

モバクソ畑でつかまえて:
どうしてこうなった…… 「FGO」史上空前のクソイベと言われた「徳川廻天迷宮大奥」を振り返ってみて
「ダンジョンを探索するイベントなのに、一歩歩くごとにめちゃめちゃ長いロードが入る」という地獄。(2019/4/13)

手塚治虫ファン必見! iPhone X/XS用「TEZUKA OSAMU HYBRID CASE」を試す
手塚治虫氏の生誕90周年を記念したコラボレーションiPhoneケースが「UNiCASE(ユニーケース)」から発売されている。この記事ではiPhone X/XS版をチェックする。(2019/4/5)

国内版SIMフリーiPhone 7が3カ月ぶり首位、平均価格は4万円以下に 2019年3月中古スマホランキング
ムスビーは、2019年3月中古携帯/スマホランキングを発表。国内版SIMフリーのiPhone 7が3カ月ぶりに首位を獲得し、平均価格が4万円以下となったことで順位を押し上げている。また、国内版SIMフリーiPhone 8も値下がりと共に販売数を伸ばし、Android部門ではドコモのXperia XZ1 Compact SO-02Kが1位を獲得した。(2019/4/3)

スマホ×バッテリー快適ライフ:
「携帯性」「実用性」「大容量」 目的別で選ぶ、おすすめモバイルバッテリー9選
モバイルバッテリーは多数の製品があり、選ぶだけで一苦労。今回は「Anker」「Cheero」「RAVPower」の製品をピックアップ。出力2A以上、残量インジケーターありという実用的な商品に絞り、用途ごとに適した製品を紹介する。(2019/3/30)

Apple、「iOS 12.2」配信開始 新しいAirPodsサポートや4つの新アニ文字など
Appleが、「iOS 12.2」を配信開始した。新しいAirPodsサポートや4つの新アニ文字の追加、Safariのセキュリティ強化などが行われた。計51件の脆弱性にも対処した。(2019/3/26)

MVNOに聞く:
「報酬はいらない」の声が多数 mineoが“アンバサダー制度”を始める狙い
サブブランドが勢力を伸ばす影響で、個人向けMVNOの多くが苦戦を強いられている。ケイ・オプティコムの「mineo」もその1つだ。こうした状況を打破しようと、同社はユーザーがサービス創出やサポートに参加する「アンバサダー制度」を開始する。その狙いを聞いた。(2019/3/25)

石野純也のMobile Eye:
Appleはなぜ発表会の前週に新「iPad Air」「iPad mini」を発表したのか
Appleが、3月25日(現地時間)に米カリフォルニア州で開催される発表会に先立ち、18日に「iPad Air(第3世代)」と「iPad mini(第5世代)」の2機種を発表した。まさに青天のへきれき。なぜ、あえて発表会の前に新製品を発表したのか。(2019/3/23)

スマホ×バッテリー快適ライフ:
モバイルバッテリー選びで重視したい「3つのポイント」
モバイルバッテリーを選ぶ際には、自身の利用スタイルに適した製品を見定めることが重要だ。今回は、購入前にチェックすべき事柄について、大きく3つのポイントに分けて紹介する。「容量」「出力」「使いやすさ」を考えたい。(2019/3/21)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「2年に1度なんて買い替えない時代」のスマートフォン選び
買い替えサイクルが長くなり、3〜4年あるいはもっと長期の使用が一般的になると予想されるスマートフォン。そんな時代に、端末メーカーはどう対応するのか、またユーザーはどのように製品を選ぶべきか。(2019/3/6)

AI音声会話システム搭載「BMW 320i M Sport」を使ってみた(動画あり)
最新BMWはワイヤレスCarPlayが組み込まれ、Qi充電もできる。(2019/2/28)

2018年10〜12月の国内携帯出荷数、iPhoneは18.8%減の504.7万台に
IDC Japanは、2月19日に2018年第4四半期(10〜12月)と2018年通年(1月〜12月)の国内携帯電話/スマートフォン出荷台数を発表した。2018年第4四半期の合計出荷台数は、前年同期比10.2%減の999.2万台。2018年通年は前年比でほぼ同水準、0.4%増の3432.6万台となった。(2019/2/19)

アンカー製窒化ガリウム急速充電器の実力
アンカー・ジャパンが、窒化ガリウムを採用した超コンパクト30W USB急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」を販売開始している。(2019/2/19)

AQUOS R2 compactやHUAWEI nova lite 3も:
mineo、「iPhone SE」を3万600円で発売 セット端末のiPhone比率は4割超えに
ケイ・オプティコムが「mineo」向けに「iPhone SE」を2月21日に発売する。カナダから調達した整備済製品。価格は3万600円。(2019/2/18)

さらば平成、さらば水冷、いくぜNUC:
Intel NUCの最新モデルに触って分かった2つのこと
Intelの超小型PC「NUC」を手に入れたとあるユーザーが、ほぼ5年ぶりにPCを自作。すっかりさび付いていた“自作魂”に火をつけたものとは何だったのでしょうか。(2019/2/18)

CloseBox:
スクリーンショットのすべて(iPhone、iPad、Apple Watch編)
iOSデバイスでスクリーンショットを撮る方法について解説する。(2019/2/15)

マグネットで着脱できるiPhone向けアタッチメントレンズ 広角とマクロ
ROOXは、2月8日にiPhone向けアタッチメントレンズ「USHADOW X1 レンズシステム」のクラウドファンディングをスタート。クリップ式ではなく専用ケースとマグネットで着脱できる(2019/2/12)

次期iPhoneがUSB-Cではない、その理由
Apple、次期iPhoneはUSB-CではなくLightningコネクタ維持か? その理由を関係者は説明する。(2019/2/11)

iPhoneのバッテリーを特別価格の3200円で交換したらどうなった?
Appleが2018年12月31日まで実施していた「特別有償バッテリー交換プログラム」だが、駆け込み需要が殺到するなどで話題を集めていた。その騒ぎに気軽に参戦した筆者のいきさつをお届けしよう。(2019/1/31)

Apple、オリジナルコンテンツ配信計画を明言
オプラ・ウィンフリー氏との契約をはじめ、オリジナルコンテンツ制作に注力するとティム・クックCEOは語った。(2019/1/30)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
高品質な「プロレンズ」も魅力! 地味ながら進化したiPhone XS用「ShiftCam 2.0」を試す
以前、iPhone X用をご紹介した、レンズ付きiPhoneケース「ShiftCam 2.0」。iPhone XS用が登場したので、別売の「プロレンズ」と一緒にレビューしてみるのである。(2019/1/29)

Y!mobile、UQ mobile、BIGLOBEモバイルの「iPhone 7」はどれがお得?
Y!mobile(ソフトバンク)、UQ mobile、BIGLOBEモバイルが「iPhone 7」を発売した。3社のiPhone 7はどれがお得なのか? iPhone 7の特徴をおさらいしつつ見ていこう。(2019/1/26)

ドコモが「月々サポート」を増額 HUAWEI P20 Pro、Xperia XZ2、AQUOS R2、Galaxy S9などが対象
ドコモが一部スマホの「月々サポート」を増額。2018年夏モデルが主な対象。実質価格が1万円台〜2万円台になる。(2019/1/18)

Spigen、240以上のケースが最大90%オフになる「クリアランスセール」
Spigenは、保護ケース全240以上が500円(税込)になる「クリアランスセール」をAmazonストアで開催。iPhone 8/8 PlusやGalaxy S8/S8+向けなどをラインアップし、期間は2月14日まで行う。(2019/1/11)

iPhoneカメラケース「Shuttercase」、3000mAhバッテリー内蔵でスタンドにも
Discoverは、デジタル一眼レフカメラのように扱えるiPhoneカメラケース「Shuttercase」を動画ショッピングサイト「DISCOVER」でのクラウドファンディングで販売開始。シャッターボタンや取り外し可能なハンドルを搭載し、バッテリーやスタンド機能なども備えている。(2019/1/8)

ムスビーの中古スマホランキング 2018年12月の1位はSIMフリー「iPhone 7」、年間1位はドコモの「iPhone 6s」
ムスビーは、2018年12月中古携帯/スマホランキングを発表。国内版SIMフリーのiPhone 7が2018年1月以来に1位を獲得し、iPhone SEも2位に。Androidスマートフォン部門では前月に続きauの「Galaxy S9 SCV38」が1位となった。また、2018年の年間ランキングではNTTドコモのiPhone 6sが1位となった。(2019/1/7)

「PayPay祭り」に乗り遅れて後悔している人集合! Apple製品をお得に手に入れる方法
1月2日はApple初売りで目当ての製品をお得にゲット。(2019/1/2)

「Appleの初売り 2019」開催 1月2日のみ
Appleが、最高で2万4000円分のギフトカードが貰える「Appleの初売り 2019」を開催している。1月2日のみ。(2019/1/2)

iPad Proへの道:
新型iPad Proを手にした旧式iPadユーザーの戸惑い(試行錯誤編)
ある日、突然新型iPad Proがあなたと手元に来たらどうしますか。期せずしてそんな事態に直面した、旧式iPadユーザーの戸惑いと希望を一部始終お伝えします。3回目は、IT機器に無頓着な家族に新型iPad Proを突然見せたらどのような反応を示すのかを見ていきます。(2018/12/29)

UNiCASEのフィルム貼りサービスにオリジナルフルカバーガラスが登場 2019年初売り福袋も販売
UNiCASEのフィルム貼りサービスに、一般的なガラスの約6倍の強度を持つアルミノシリケート「特殊強化ガラス」を使用したフルカバーガラスフィルム「PERFECT FIT GLASS FILM」が登場。2019年初売りから、人気アクセサリーを詰め合わせた「HAPPY BAG(福袋)」を数量限定で販売する。(2018/12/28)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
iOS 12と新型iPhoneを取り巻く「Apple Pay」最新事情
2016年10月に日本にもApple Payが正式上陸してから2年が経過した。Apple Payの登場は「モバイル決済」というジャンルに大きな変革を促した。そんなApple PayがiOS 12と新型iPhoneでどのように変化し、モバイル決済の世界にどのような影響を与えたのかをまとめた。(2018/12/25)

ドイツでもiPhoneの販売差し止め Appleは上訴
Apple対Qualommの特許をめぐる訴訟で、中国に続きドイツの裁判所もAppleによるQualcommの特許侵害を認め、一部のiPhoneの販売差し止め命令を下した。Appleは上訴する。(2018/12/21)

「iPhoneバッテリー交換が3200円」は今月いっぱい 予約できない場合は?
iPhone 6からiPhone Xまでを対象とした特別有償バッテリー交換プログラムは今月末で終了する。その情報をまとめた。(2018/12/20)

ゲオの2018年中古スマホランキング 販売、買取ともにiPhoneがトップ10を独占
ゲオは、12月18日に全国のゲオショップ・ゲオモバイル約1600店舗で取り扱った中古スマホの販売・買い取り数ランキングを発表。総合は販売・買い取りともにiPhoneシリーズがTOP10を独占し、最も台数が多いのは2014年9月発売「iPhone 6」。キャリア別のランキングを見ると、Androidでは販売・買い取りともに「Xperia」が非常に人気を集めた。(2018/12/18)

家族の機種変更も対象に――auが2019年シーズンの「学割」を一部改定 機種変更キャンペーンも開始
12月1日から始まったauの2019年シーズンの「学割」。今日(12月18日)から、キャンペーン内容を一部改定し、家族の機種変更も対象とすることになった。12月1日から17日までに新しい条件を満たしたユーザーについても、さかのぼってキャンペーンを適用する。(2018/12/18)

石野純也のMobile Eye:
XR誕生の背景、eSIM採用の狙い Appleフィル・シラー氏が語る「2018年のiPhone」
2018年に「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」を発表したApple。バリエーションを広げ、USB Type-CやeSIMも採用した。Appleは、どのような考えでiPhoneを進化させているのか。上級副社長のフィル・シラー氏が、インタビューに答えた。(2018/12/17)

「iPhone SE」が4カ月連続1位、auの「Galaxy S9」が急上昇 ムスビーの中古スマホランキング
ムスビーは、2018年11月中古携帯/スマホランキングを発表。国内版SIMロックフリーのiPhone SEが4カ月連続で1位を獲得し、前月に値上がりした平均価格も落ち着きをみせている。auのGalaxy S9 SCV38が先月19位から6位に急浮上し、8カ月ぶりにAndroid搭載スマートフォンがランクインした。(2018/12/4)

「iPhone XR大幅値下げ」に待った 「見せかけの値引き」カラクリを解説
端末購入サポートによる「見せかけの値引き」に注意。(2018/11/26)

米Apple、Black Fridayセールを開催
Appleのブラックフライデー、日本は対象外だ。(2018/11/26)

Googleさん:
Pixel 3「夜景モード」の間違った使い方
Pixel 3を使うようになって約3週間。JKも注目する布製ケースや、下手でもきれいに撮影できるAIカメラ機能についてまとめてみました。(2018/11/25)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
シングルカメラでもポートレート! 「iPhone XR」のカメラってどう?
「iPhone XR」はシングルカメラなiPhoneとしては初めてポートレートモードに対応したわけだが、どのような感じなのだろうか。その辺を中心にレビューをしてみるのである。(2018/11/24)

iPhone画面割れの同日修理店が急増 その理由は?
Apple 正規サービスプロバイダで、iPhone画面の同日修理対応店舗が大幅に拡大している。(2018/11/19)

Mobile Weekly Top10:
「5G」って「LTE」と何が違うの?/コンパクトなハイエンドスマホ
日本でも2020年の商用化を目指して作業が進む「5G」。今回のランキングでは、そもそも5Gとは何なのかを解説した記事が1位となりました。(2018/11/19)

組み込み開発ニュース:
iPhone用リチウムイオン電池の技術動向変化を発表
矢野経済研究所は、東洋システムと共同でiPhone用リチウムイオン二次電池(LiB)を解体分析した結果を発表した。iPhone 7用と比較して、iPhone 8用LiBではさらなる高エネルギー密度化が図られていた。(2018/11/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。