連載
» 2020年01月18日 11時00分 公開

携帯販売ランキング(1月6日〜1月12日):ドコモの「AQUOS sense3」が「Galaxy A20」と入れ替わりで総合2位浮上 (1/4)

ソフトバンク「iPhone 11(64GB)」は14週連続1位。前回6位のNTTドコモ「AQUOS sense3 SH-02M」が2位に急上昇。前回2位の「Galaxy A20 SC-02M」は6位に下がった。

[佐々木千之,ITmedia]

携帯電話(ファブレット※含む)キャリア総合ランキング TOP10

1月6日〜1月12日

 総合ランキングは、1機種だけではあるが6週ぶりに顔ぶれが変わり、順位も変動した。それでも1位はソフトバンク「iPhone 11(64GB)」で14連勝。2位は3週ぶりにNTTドコモ「AQUOS sense3 SH-02M」(前回6位)、前回2位のドコモ「Galaxy A20 SC-02M」は入れ替わるように6位に急落した。これらドコモの2機種に挟まれた3位〜5位は変わらず、3位ソフトバンク「iPhone 11(128GB)」、4位auのiPhone 11(64GB)、5位auのiPhone 11(128GB)とiPhone 11勢が並んでいる。

AQUOS sense3
Galaxy A20 Android勢では、ドコモの「AQUOS sense3」(上)と「Galaxy A20」(下)がデッドヒートを繰り広げている

 9位にはドコモ「らくらくスマートフォンme F-01L」が、2019年10月28日週以来およそ2カ月ぶりのランクイン。トップ10中にAndroid3機種が入るのも、同じく2019年10月28日週以来のことだ。


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう