ニュース
» 2019年09月11日 02時55分 公開

Appleが「iPhone 11」発表 直販価格は7万4800円から

Appleが、2019年の新型iPhoneを発表。「iPhone 11」が登場する。日本での直販価格は7万4800円からとなる。【更新】

[井上翔,ITmedia]

 Appleは9月12日(米国太平洋夏時間)、米クパチーノで開催したイベントにおいてiPhoneの新モデル「iPhone 11」を発表。9月13日21時から予約を受け付け、9月20日に発売する。日本でのApple直販価格は7万4800円(税別)からとなる。

 日本では、NTTドコモ、au(KDDIと沖縄セルラー電話)、ソフトバンクからも発売される。

【更新:3時20分】概要を追記しました。情報が追加され次第、さらに追記する予定です
【更新:4時25分】発売日と予約開始日、日本における取り扱いキャリアを追記しました。また、価格を日本における直販価格に差し替えました
【更新:5時50分】Apple Storeでの販売価格をまとめた記事へのリンクを追加しました。容量のラインアップも記載しています

新型iPhone iPhone 11は6色展開
新型iPhone iPhone 11のアウトカメラはデュアル構成

概要

 iPhone 11は「iPhone XR」の後継機種に相当する。6.1型のLiquid Retina Display(液晶ディスプレイ)を搭載している。True Toneや広色域表示、Haptic Touchなどにも対応している。

 スピーカーはステレオで「Dolby Atmos」コンテンツの再生にも対応している。

iPhone 11 ディスプレイは6.1型Liquid Retina Display

 アウトカメラは1200万画素のデュアルセンサーとなり、片方は26mmの広角レンズ(F1.8)、もう片方は13mmの超広角レンズ(F2.4)と組み合わせている。広角側は、光学手ブレ補正にも対応している。

 動画の録画は4K・毎秒60フレーム撮影にも対応。スローモーション撮影やタイムラプス撮影などにも対応する。

 インカメラも1200万画素センサーを備え、Face IDで用いる深度センサーを利用した「True Depthカメラ」となっている。

超広角カメラ iPhone XRから「超広角カメラ」を追加
動画 動画撮影機能
インカメラ インカメラも1200万画素センサー

 バッテリーの持ちは、iPhone XR比で1時間長くなっているという。ギガビット級のLTE通信とWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)にも対応している。

 ボディーカラーはブラック、グリーン、イエロー、パープル、(PRODUCT)RED、ホワイトの6つを用意する。IP68等級の防水・防塵(じん)にも対応する。

6色展開 6色展開

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう