ITmedia NEWS >
くらテク マネー
連載
» 2019年02月19日 09時20分 公開

個人投資家列伝(6):配当金は月10万円超も 高配当・増配を意識して投資するはちどうさん (8/8)

[斎藤健二,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6|7|8       

HDV:

iシェアーズ・コア米国高配当株ETF。経費率は0.08%。VYMと比べると、エネルギーセクターが多く、テクノロジーセクターが少ない傾向にある。組入上位銘柄は次の通り。

  1. XOM エクソン・モービル 10.06%
  2. VZ ベライゾン 6.93%
  3. JNJ ジョンソン・エンド・ジョンソン 6.47%
  4. CVX シェブロン 6.39%
  5. PFE ファイザー 5.46%

「高配当ETF。NISA口座で運用している。買い増しはしない予定。HDVは増配率が低いのと石油銘柄が多い」(はちどうさん)

BTI:

 イギリスのタバコメーカー、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ。タバコ売上世界上位の巨大企業で、「BAT」とも言われる。英国銘柄なのでADRとして購入した。2018年から株価下落が続いており、現在の配当利回りは6.9%まで上昇している。

「タバコ銘柄。PFFを売って買ったが失敗だった」(はちどうさん)

VIG:

 バンガードの連続増配銘柄で構成されたETF。経費率は0.08%。組入上位構成銘柄は次の通り。

  1. MSFT マイクロソフト 4.5%
  2. JNJ ジョンソン・エンド・ジョンソン 3.9%
  3. WMT ウォルマート 3.9%
  4. PEP ペプシコ 3.3%
  5. MDT メドトロニック 2.7%

「高配当ETF。VIGのポートフォリオは素晴らしいが、(直近は1.94%と)配当利回りが悪い」(はちどうさん)

前のページへ 1|2|3|4|5|6|7|8       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.