ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年07月25日 21時00分 公開

Googleさん:コロナ禍のGoogle Pixel新製品を予想する

Google I/Oがなくなってから、毎月のように「今月発表されるかも」と言われ続けた「Pixel 4a」。次の予想である8月3日を前に、うわさをまとめてみました。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 「コロナ禍」という言葉がほぼ定着し、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で」といちいち書かなくてもいい世の中になりました。

 Googleさんも、コロナ禍の影響をいろいろ被っています。今回の「Googleさん」は、オリジナルスマートフォン「Pixel」シリーズへの影響のお話。

 Googleは2016年秋のMade by Googleイベントで初代の「Pixel」と「Pixel XL」を発表しました。初代から、大小2モデルでした。いずれも、Androidの良さを伝道するためのハイエンド端末という位置づけ。

 それから毎年Pixelスマートフォンを秋のMade by Googleイベントで発表するようになり、2018年秋の「Pixel 3」の次に2019年春のGoogle I/Oで、モデル名に「a」をつけた、お手頃版「Pixel 3a」を発表。同年秋のMade by Googleで「Pixel 4」が発表されました(←いまここ)。

 pixel 4 今現役なのは、この「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」だけ

 つまり、これからは下の表のように、秋に発売したハイエンドの廉価版を翌春に出すことにしたんだなと思いました。

 schedule Pixel発売のサイクルはこうなるのかなと思った

 なので、たぶんみんな思ってました。2020年のGoogle I/Oで「Pixel 4a」が発表されるんだなって。

 でも、コロナ禍でGoogle I/OはなくなりましたAppleみたいにバーチャルでやることもしませんでした(AppleのWWDC20はすごかったので、しょぼいイベントになるくらいなら、やらなくてよかったかもと思います)。

 それ以来、毎月(5月22日、6月3日、6月22日、7月13日)「今月こそPixel 4aが発表される」とうわさされてきました。今は8月3日に発表される、というのがもっぱらのうわさです。

 この分だと秋にMade by Googleが開催されるかどうかも分かりませんが、4aを発表するならそろそろしないと4aと5を同時発表、なんてことになってしまいそうです。それに、Pixel 3aの販売は7月に終了しちゃったし。なので、8月3日発表というのは今度こそあたりなのでは。

 その前提で、これまでのPixel 4aのうわさをまとめておきます。

価格はPixel 3aより(というかiPhone SEより)50ドル安い?

 まずはお値段予想。Pixel 3a(64GB)は399ドルでした。Pixel 4aも399ドルからになるという説と、思い切り太っ腹に128GBのPixel 4aが349ドルという説があります。349ドル説では、ストレージは128GB一択ということになってます。

 これは、かの「iPhone SE」の登場のお陰だと、9TO5Googleが書いてます。Appleが4月に静かに発表したiPhone SEは、Androidユーザーも乗り換えるんじゃないかと思う、これまでにない価格設定。Pixel 3aと同じ64GBで399ドルなのです。

 iphone se 安すぎるiPhone SE

 これに対抗するにはストレージを倍にして、50ドル安くするくらいのことをしないと、という予想。

大きい方の「Pixel 4a XL」はなしでその代わり5Gモデルが?

 お値段のところでPixel 4aについてしか書かなかったのは、XLはない、といううわさだからです。XDA Developersが1月の時点でAOSPのリポジトリでみつけたコードネームからそう推定しました。9TO5Googleによると、その代わりに4aは5Gモデルもありそうとのこと。ついでに、もしかすると今秋に出るであろう「Pixel 5」にもXLはないかも、と。

 5Gモデルは、Qualcommがお手頃端末でも5Gのニーズがあるはずと昨年12月に発表した「Snapdragon 765G」が載るという予想です。非5Gモデルは「Snapdragon 730」。

 つまり、Pixelのサイクルは早くも崩れて以下の表のようになるのかな、と。

 sycle

その他のスペック

 Android Centralがまとめているスペックがいちばんそれらしいのでご紹介します。ディスプレイは5.81インチ(2340×1080)となぜかPixel 4(5.7インチ)よりちょっと大きい有機ELで、そうなると本体サイズもPixel 4より数ミリずつ大きく(厚さは変わらず)なり、144.2×69.5×8.2ミリ。メモリは6GB、ストレージは128GBのみ(これは64GBもあるという説も)、バッテリーは2800mAhのPixel 4より大きい3080mAhだけど、無線充電には非対応。背面カメラは1220万画素1台、セルフィーカメラは800万画素が1台。無線充電できないからか、3.5ミリのヘッドフォンジャック付きで、コロナ禍のマスク顔でもロック解除できるよう指紋認証が復活する、と。

 カメラはマーク・レボイ教授が辞めてAdobeに行っちゃったので以前ほど力が入っていないかもです。

 見た目は、確度の高いリークで知られる@OnLeaksさんが以前ツイートしたこれ↓に近いものになりそうです。


 セルフィーカメラをディスプレイ内左上にホール状にする「OnePlus 8」方式。

Pixel 5はどうなる?

 Pixel 4aはほぼスペックも固まっているようですが、その次のPixel 5はどうなるんでしょう。例年どおりMade by Googleが秋にあるんでしょうか? Pixel 5についても既にいろいろうわさはありますが、コロナ禍の現状ではあまり先のことは考えても仕方ないかなと思います。

 Pixel 4は私はとても気に入っていますが、あまり売れませんでした。ユーザーが求める以上の高機能(特にカメラは)にした分高かったからというのが定説です。Pixel 5はそれほど尖らない、もう少し安いものになるのかもしれません。でも、Androidの性能を出し切るハイエンド端末、というコンセプトは守って欲しいです。そうしないと「a」シリーズの存在意義がなくなりそう。



 もし8月3日に発表するとして、バーチャルイベントにはしないんでしょうか。するとしたらそろそろ米メディアに招待状が届くころですが、そういう報道はないので、公式ブログでの発表になるのでしょう。

 バーチャルイベントにするのであれば、Google I/Oで発表する予定だったような新Chromecastやうわさの新Nest(初代Google Homeの後継機)も発表するかもしれず、それなら楽しいのになぁとまだ少し期待しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.