ニュース
» 2019年04月11日 17時45分 公開

「Snapdragon 730/730G/665」登場 クラウドでのAI処理に対応する「Cloud AI 100」も

Qualcommが、モバイル向けプロセッサの新製品「Snapdragon 730/730G/665」を発表。これらプロセッサを搭載した商用端末は2019年中ごろに発売予定。クラウドでのAI推論処理に対応する「Cloud AI 100」も発表した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 Qualcommは、4月9日(米国時間)に開催された「AI Day」で、モバイル向けプロセッサの新製品「Snapdragon 730/730G/665」と、クラウドでのAI推論処理に対応する「Cloud AI 100」を発表した。

Photo Snapdragon 730/730G/665

 「Snapdragon 730」は第4世代のマルチコアAIエンジンをはじめ、CPUに「Kryo 470」、GPUに「Adreno 618」、「Snapdragon 700」シリーズ初となる専用Computer Vision(CV)ISPの「Spectra 350」を搭載。Snapdragon 710と比較して各コアは最大35%の性能向上、2倍のAI性能、最大4倍のComputer Visionの消費電力低減を実現している。8nmプロセスを採用し、下り最大800Mbpsをサポートする。

Photo Snapdragon 730

 「Snapdragon 730G」はSnapdragon 730のゲーム向け機能を強化し、グラフィックスレンダリングを15%高速化。「Jank Reducer」で30fpsのゲームで最大90%フレームレートが低下するのを防ぎ、Wi-Fiレイテンシーマネージャーでオンラインゲームのネットワーク・Wi-Fi設定を最適化する。

Photo Snapdragon 730

 「Snapdragon 655」は第3世代のマルチコアAIエンジン、GPUには「Adreno 610」を搭載し、Snapdragon 660と比較して2倍のAI性能を実現。11nmプロセスを採用し、下り最大最大600Mbpsをサポートする。

 Snapdragon 730/730G/665を搭載した商用端末は、2019年中ごろに発売する予定だ。

Photo Snapdragon 655

 「Cloud AI 100」はAI推論を処理するために新しく設計され、業界内のソリューションよりワット当たり10倍以上の効率化を可能とした高性能チップ。7nmプロセスを採用し、PyTorch、Glow、TensorFlow、Keras、ONNXなどのソフトウェアをサポートする。サンプル提供開始は2019年後半を予定している。

Photo Cloud AI 100

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう