速報
» 2019年12月04日 11時35分 公開

Qualcomm、5G対応の「Snapdragon 865」と5Gモデム統合の「Snapdragon 765G」を発表

Qualcommが、5G対応のモバイル向けプロセッサ「Snapdragon 865」と「Snapdragon 765/765G」を発表した。865と765は別途5Gモデムが必要だが、765Gには5Gモデムが統合されている。2020年には対応製品がメーカーから発売される見込みだ。

[ITmedia]

 米Qualcommは12月3日(現地時間)、ハイエンドスマートフォン向けプロセッサ「Snapdragon 865」とミッドレンジ向け「Snapdragon 765」、そして、5G対応のミッドレンジ向け「Snapdragon 765G」を発表した。

 qualcomm 1

 Snapdragon 865と765には5Gモデムは統合されていないが、5Gモデムと併用することで5Gに対応する。Snapdragon 765Gは5Gモデムが統合されているため省電力が可能で、ゲーミングスマートフォンに向く。

 2020年中に、中国Lenovo傘下のMotorola、中国Xiaomi、中国OPPO、フィンランドHMD(Nokiaブランド保有企業)などが、これらのプロセッサを搭載するスマートフォンを発売する見込みだ。

 Qualcommのクリスティアーノ・アモン社長は発表文で「世界中で5Gの採用を推進するキープレイヤーになれて嬉しく思う。われわれのSnapdragon 5Gモバイルプラットフォームは、Qualcommが業界でのリーダーシップを発揮し、2020年に5G採用を拡大するという約束を果たす」と語った。

 qualcomm 2 クリスティアーノ・アモン社長

 この発表は、ハワイで開催のSnapdragon Tech Summitの初日基調講演で行われた。各プロセッサの仕様などについては、翌日発表される見込みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう