レビュー
» 2004年01月07日 12時35分 公開

デスクトップ級の性能を備えたハイエンドテレビノート――富士通 FMV BIBLO NH90E/T (1/3)

「FMV BIBLO NH90E/T」は、デスクトップ向けCPUのPentium 4/3GHzやMOBILITY RADEON 9600、16.1インチ液晶ディスプレイを搭載したハイエンドオールインワンノートPCだ。TVチューナーやハードウェアエンコーダー、DVDマルチドライブなどを備えており、デスクトップ代替の省スペース型テレビパソコンとしても活用できる。

[赤枝輝昌,ITmedia]

 「FMV BIBLO NH90E/T」(以降NH90E/T)は、デスクトップ向けCPUのPentium 4や、SXGA+(1400×1280ピクセル)表示の16.1インチ液晶ディスプレイを搭載する2スピンドルオールインワンノートPCだ。NHシリーズはBIBLOのハイエンドに位置付けられており、OSやハードウェア構成の違いにより、NH90E/T、「NH70E」、「NH50E」の3モデルがラインナップされている。今回レビューするNH90E/Tは、Windows XP Professional、Pentium/3GHz、80GバイトHDD、IEEE802.11a/b/gのワイヤレスLANモジュール、さらにはテレビ視聴・録画機能を搭載する最上位モデルである。

大きさを感じさせないシンプルなデザイン

 NH90E/Tは16.1インチの大型液晶ディスプレイを搭載していることもあり、本体サイズは幅356×奥行き301×高さ40〜44ミリ、重量は約4.7キロのヘビー級ノートPCである。ACアダプタも約720グラムあり、移動はかなり大変である。

16.1インチ液晶ディスプレイを搭載するだけあって、かなり大柄だ。ACアダプタの重量は約720gで、ノートPC本体とあわせると約5.5キロにもなる

 バッテリー持続時間は約0.7時間(JEITAバッテリー動作時間測定法1.0の値)だし、その重量から考えてもモバイル利用は難しい。消費電力は標準で約59ワット、最大で約120ワット。搭載バッテリーはニッケル水素で電圧は12.0ボルト、容量は4500mAhである。内蔵バッテリーはUPS(無停電電源装置)程度に捉えておくべきだろう。

 NH90E/Tのデザインはシルバーとブラックを基調にしたシンプルなもので、筐体サイズの割には小さく感じる。トップカバー、キーボード、キーボード周辺はブラックで、パームレスト、アンダーカバーはシルバーに塗装されている。

シルバーとブラックを基調にしたシンプルなデザインで、サイズの割には大きさを感じさせない
トップカバーにはFMV BIBLOのロゴが控えめに入れられている

 筐体は樹脂製で、本体、キーボード部ともにがっしりしており、十分な剛性を備えている。キーピッチ約19ミリ、キーストローク約3ミリのフルサイズキーボードはキータッチも良好だ。ただし、電源を入れてしばらくすると、パームレストのあたりがじわじわと暖かくなる。熱いというレベルではないが結構気になった。このあたりはデスクトップ向けCPUを搭載したことによる弊害だろう。

 ポインティングデバイスにはタッチパットを採用する。反応は素直で、動作も良好だ。誤操作を防ぐためか、左右ボタンのクリック感は軽く、スクロールボタンにはしっかりとしたクリック感があった。タッチパッドは左寄りに配置されているため、キーボードのホームポジションからも自然に操作できる。なお、タッチパットにスクロール機能は搭載されていない。

良好なキータッチのフルサイズキーボードを搭載する。左寄りに配置されたタッチパットは反応が素直で操作しやすい
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう