ニュース
» 2004年01月14日 21時44分 公開

日本IBM、「ThinkPad X40」のSDカードスロットに不具合

SDカードのライトプロテクトが逆に認識される。BIOSアップデートで解消する。

[ITmedia]

 日本アイ・ビー・エム(IBM)は1月14日、同社製ノートPC「ThinkPad X40」のSDメモリーカードスロットに不具合があると発表した。BIOSアップデートで解消する。

 対象製品は、ThinkPad X40 2371-4WJと同2371-4VJのうち、2003年12月に出荷したもので、BIOSバージョン1.04搭載機。

 不具合は、内蔵SDカードスロットでライトプロテクトの有無が逆に認識されるというもの。ライトプロテクトありの設定で書き込み可能になり、なしの設定で書き込み不可能になる。

 同社のニュースリリースのページから不具合の修正されたBIOSバージョン1.05をダウンロードし、BIOSをアップデートすることで解消する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう