ニュース
» 2004年01月20日 20時20分 公開

オリンパス、DSLR「E-1」のファームウェアアップデートがネット経由で可能に

「E-システム」を採用したデジタル一眼レフカメラ(DSLR)製品のファームウェアアップデートがインターネット経由で行えるサービス開始。

[ITmedia]

 オリンパスは、「E-システム」を採用したデジタル一眼レフカメラ(DSLR)製品のファームウェアアップデートがインターネット経由で行えるサービスを1月28日に開始する。DSLR「E-1」や、E-システム対応レンズ、フラッシュなどが対象。

photo E-1

 インターネットに接続したPCとカメラ本体をUSB/IEEE 1394で繋ぎ、付属ソフト「OLYMPUS Viewer」か別売りの画像編集ソフト「OLYMPUS Studio」のメニューバーから「ファームウェアアップデート」を選ぶと、ソフトがファームウェアのバージョンを確認、アップデートファイルを直接カメラにダウンロードする。

 デジタルカメラのファームウェアアップデートはこれまで、アップデートファイルをPC上にダウンロードした後メモリカードなどに移し変える必要があったが、同サービスを利用すれば面倒な作業が不要になる。

 OLYMPUS ViewerかOLYMPUS Studioを1月28日以降にアップデートすれば、メニューにファームウェアアップデートが追加される。同サービスの対応OSはWindows 98/Me/2000/XPとMac OS 9.1−9.2/OS X 10.1.3−10.3。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう