ニュース
» 2004年04月14日 21時52分 公開

手軽に持ち運べるポータブルDVDマルチとDVDスーパーマルチ――アイ・オー

アイ・オー・データ機器は、DVD±R/RWに対応したポータブルDVDマルチドライブ「DVRP-UN4」と、DVD±R/RWに加えDVD-RAMにも対応したポータブルDVDスーパーマルチドライブ「DVRP-UT4」を発表した。価格は、DVRP-UN4が2万7500円、DVRP-UT4が3万1800円。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は、DVD±R/RWに対応したポータブルDVDマルチドライブ「DVRP-UN4」と、DVD±R/RWに加えDVD-RAMにも対応したポータブルDVDスーパーマルチドライブ「DVRP-UT4」を発表した。価格は、DVRP-UN4が2万7500円、DVRP-UT4が3万1800円で、出荷はDVRP-UN4が4月下旬、DVRP-UT4が5月中旬の予定。

 両製品ともに、本体サイズは138(幅)×162(奥行き)×22(高さ)ミリ。重量は、DVRP-UN4が440グラム、DVRP-UT4は460グラム(本体のみ)とコンパクトで軽量。22ミリと薄いため持ち運びが容易。携帯利用で重宝するソフトキャリーケースも同梱する。

DVRP-UN4
DVRP-UT4

 ドライブユニットとして、DVRP-UN4はNEC製「ND-5500A」、DVRP-UT4はティアック製「DV-W24E」をそれぞれ採用。書き込み/書き換え速度は、DVRP-UN4が、DVD±R/RWともに4倍速、CD-RとCD-RWで16倍速。DVRP-UT4は、DVD±RとDVD+RWが4倍速、DVD-RWとDVD-RAMが2倍速、CD-Rが16倍速、CD-RWが8倍速となっている。

 両製品ともに対応OSはWindows XP/2000/Me。OS標準のドライバで動作するため、ドライバのインストール作業は不要。電源はACアダプタで、PCと連動してオン/オフできる電源連動機能をサポートする。縦置き使用も可能。インタフェースはUSB 1.1/2.0。DVDオーサリングソフト「Ulead DVD MovieWriter Advance SE」やDVD/CDライティングソフト「B's Recorder GOLD7 BASIC」、パケットライティングソフト「B's CLiP5」などが付属、さらにDVRP-UT4は、DVD-VR編集ソフト「Ulead DVD DiskRecorder SE」も付属している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう