レビュー
» 2004年04月19日 17時04分 公開

PCでDVDレコーダーを手軽に作成できる──NV-7135CB マルチDVDレコーダーキット (1/2)

DVDマルチドライブとネットワーク機能に対応したTVチューナーカードがセットになった「NV-7135CB マルチDVDレコーダーキット」が発売された。キューブ型PCなど、さまざまなPCに対応し、手軽にAVサーバを構築できるオールインワンキットとなっている。

[田中拓也,ITmedia]

DVDマルチドライブとTVチューナーカードがセットに

 TVチューナーカードとスロットイン式のスリムマルチドライブをセットにした「NV-7135CB マルチDVDレコーダーキット」が、リンクスインターナショナルから発売された。5インチベイに装着するフロントアクセスベイが一体になっており、キューブ型PCなどに組み込むことで、PCをDVDレコーダーにできるというコンセプトを持つ。

 組み立て作業が必要のため、導入には多少の手間がかかるものの、メディアサーバやTVPCを自作したいというユーザーは注目の製品だ。

 まずはキットの内容から確認しよう。スリムタイプのDVDマルチドライブとソフトウェアエンコーダ搭載TVチューナーカード、フロントアクセスベイという構成で、DVDマルチドライブとフロントアクセスベイは、PCに組み込む前に組み立て作業が必要だ。

TVチューナーカードとスロットイン式のスリムマルチドライブをセットにした「NV-7135CB マルチDVDレコーダーキット」

 DVDマルチドライブユニットには、松下電器産業の「UJ-815B」が付属する。「Buffer-under-run Proof」機能を搭載したノート用内蔵ATAPIドライブで、ローディングにスロットイン方式を採用。DVD-R/RW/RAM、およびCD-R/RWの読み書きに対応し、書き込み速度は、DVD-R/RAMが2倍速、DVD-RWが1倍速、CD-R/RWが8/16倍速だ。

 DVDドライブを5インチベイに取り付けるに必要なのがフロントアクセスベイだ。フロントアクセスベイには、Sビデオ入力、コンポジットビデオ入力、音声入力の各端子があり、専用ケーブルを介してTVチューナーカードと連携できるようになっている。

DVDマルチドライブユニットは松下電器産業の「UJ-815B」を採用。フロントアクセスベイには、Sビデオ入力、コンポジットビデオ入力、音声入力の各端子が配置されている

 TVチューナーカードは、ノバックの「NV-7135」をベースに、ロープロファイルに対応した「NV-7135LP」が付属する。TVチューナにPhilipsのTDA8275シリコンチューナー+TDA8290デジタルIFを搭載することで、120(奥行き)×55(幅)ミリというコンパクトサイズを実現している。MPEG-1/2のエンコードはソフトウェアで行い、ビデオデコーダにはSAA7135HLを採用している。なおゴーストリデューサや3次元Y/C分離回路などは搭載していない。

TVチューナーカードは、ノバックの「NV-7135」をベースに、ロープロファイルに対応した「NV-7135LP」が付属する
TVチューナにPhilipsのTDA8275シリコンチューナー+TDA8290デジタルIFを搭載
ビデオデコーダにはSAA7135HLを採用

 そのほかチャンネル切り替えのためのリモコンをはじめ、キャプチャソフトやビデオ編集/ライティング用の各種ソフトがバンドルされている。またビデオキャプチャ時に利用するビデオケーブルなども一通り付属し、PCをDVDレコーダーにするのに必要な環境がすべて収まっている。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう