ニュース
» 2004年06月01日 23時10分 公開

今週はCOMPUTEX TAIPEI 2004で右往左往した:「PCI Express対応チップセット“Intel 925X”“Intel 915”はPCの使い方を進化させる」──インテルキーノートスピーチ

イベント初日に行われるキーノートスピーチは、業界に対して強烈にアピールできる、いわば「一等地」ともいうべき枠。COMPUTEX TAIPEI 2004の一等地でPCI Expressを主役にできなかったのは、インテルにとってなんとも「痛い」ところだ。

[長浜和也,ITmedia]

 新製品が登場したAMDと異なり、インテルは名称こそ明らかにしたものの、新世代プラットフォームの実物をCOMPUTEX TAIPEI 2004に合わせて登場させることができなかった。

 インテルのキーノートスピーチの内容も、新製品を軸にした内容ではなく、いままでIDFやIT関連イベントで繰り返し主張してきた「デジタルホーム」と「Centrino」に関するムービーを使った「啓蒙」メッセージがメインで、本来主役になるべき次世代製品である「PCI Express対応プラットフォーム」と「Sonoma」はその味付けに用意された、という感がぬぐえないのもやむを得ないところかもしれない。

 インテルのキーノートスピーチは、ウィリアム・スー氏(デスクトッププラットフォームグループマネージャー兼副社長)による、デスクトップPCを使ったデジタルホームコンピューティングと、サミュエル・エデン氏(モバイルプラットフォームグループ担当副社長兼マーケティングマネージャー)によるモバイルコンピューティングの2部構成。

デスクトップPCによるデジタルホームの可能性を説明するウィリアム・スー氏。「Intel 925PとIntel 915は家庭とビジネスの両方でPCの使い方を進化させるだろう」

 どちらも、その内容はこれまでIDFなどで繰り返し述べてきたメッセージだったが、今回のアップデートとして注目したいのは、PCI Express対応プラットフォームとしてチップセットの名称が「Intel 925X」「Intel 915」と明らかにされ、その主な機能が紹介されたことだ。

 ともにPCI Expressに対応するチップセットであることはこれまでも紹介されてきたとおりだが、スー氏はこれらのチップセットの主要な機能として五つの項目を挙げて説明している。チップセットには3Dに対応したグラフィック機能が組み込まれ、その名称が「Intel GMA 900」であることも明らかにされた。

 そのほか、High Drfinetion対応のAudio機能やより簡単に接続環境を構築できる「Intel Wireless Connect Technology」、ストレージデバイスの中にあるデータを保護する「Intel Matrix Storage Technology」など、Intel 925X/915に組み込まれる機能の名称と概要が紹介された。

名称が明らかになったPCI Express対応チップセット「Intel 925X」「Intel 915」に組み込まれる主な機能。内蔵されるグラフィック機能「Intel GMX 900」は3Dゲームのプレイにも対応する
HD Audio機能で実現する7.1チャネルサウンド出力のデモンストレーション
Centrinoロゴをバックにモバイルコンピューティングを紹介するエデン氏。「オフィスでじっとしているユーザーより、PCと外に持ち出す“ロードウォーリア”のほうが生産性は高いしコストはかからない」
エデン氏が紹介した次世代モバイルコンピューティングテクノロジ「Sonoma」を構成するチップセット「Alviso」と「ICH6-M」。AlvisoはDDR2をデュアルチャネルでサポート。ICH6-MではSerial ATAが使えるようになる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう