シャープ、専用メガネなしで3D表示が見られる15インチ液晶ディスプレイを発売

» 2004年06月11日 19時21分 公開
[ITmedia]

 シャープは、専用メガネなしで3D表示が見られ、ワンタッチで2D表示モードと3D表示モードを切り替えることができるXGA対応15インチ液晶ディスプレイ「LL-151D」を企業向けに発売する。価格はオープンで、受注開始は6月18日から。

3D/2D対応15インチ液晶ディスプレイ「LL-151D」(※画面はイメージ)

 同ディスプレイの特徴は、専用のメガネなしで3D表示が見られること。専用ボタンにより、2D表示モードと3D表示モードをワンタッチで切り替えられるほか、同社が独自に開発した「SHARP 3D Technology」に対応したソフトであれば、自動的に2D表示モードと3D表示モードを切り替えることが可能。DVI-Iポートを備えているため、デジタルDVI-DとアナログRGBの両ビデオ信号に対応できる。

 主な仕様は以下の通り。

型番 LL-151D
液晶パネル XGA対応15インチカラーTFT
輝度 370(2D表示モード時)/140(3D表示モード時)カンデラ/平方メートル
コントラスト比 500:1
視野角(2D表示モード時) 上下115度/左右130度
ビデオ信号 デジタルDVI-D/アナログRGB
インタフェース DVI-I
消費電力 最大29ワット(待機時2W)
その他 1W+1Wスピーカー内蔵
サイズ 352(幅)×185(奥行き)×370〜430(高さ)ミリ
重量 約5.3キロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー