ニュース
» 2004年07月22日 22時15分 公開

PC切り替え器:DVI+光端子切り替え、多機能スクロールマウスにも対応――ラトック、PC切替器新モデル発表

ラトックシステムは、DVI+光端子切り替え対応モデルなどPC切替器新モデル発表した。

[ITmedia]

 ラトックシステムは7月22日、同社東京ショールームにて2004年秋のPC切り替え機器に関する製品発表会を行った。

 発表されたのは、DVI-Dと光オーディオ出力切り替えに対応する「REX-230DVI」、ケーブル一体型のアナログVGA/PS/2切り替えに対応する「REX-210C」、アナログVGA/USB切り替えに対応する「REX-210CU」、アナログVGA/PS/2/オーディオ切り替えに対応する「REX-210CA」、アナログVGA/USB/オーディオ切り替えに対応する「REX-210CUA」、スタンダードなアナログVGA、PS/2の2台切り替えモデル「REX-220」、4台切り替えモデル「REX-420」の計7台。

 REX-230DVIは、DVI-D端子搭載のデジタル液晶ディスプレイ切り替えに加え、光端子を備えることで、光デジタル接続タイプのオーディオ機器切り替えに対応するハイエンドモデルとなる。

photo 「REX-230DVI」は縦置きできるスタンドが付属、前面にUSB×2出力、オーディオ/マイク端子などを搭載する(左)、背面の搭載インタフェースは、DVI-D、USB、光オーディオ、オーディオ、コンソール用PS/2が搭載される(右)

 また、従来製品では単なるPS/2マウスとして認識されてしまい、全機能が利用できなかった多ボタン多機能マウス(マイクロソフト「IntelliMouse Explorer」、ロジクール「MX 510/310シリーズ」など)も、PCインストール済みのマウスドライバを用いる仕組みとすることで、全機能を自然に使えるようにしたという。

 ケーブル一体型の「REX-210」シリーズは、PS/2かUSB、オーディオ切り替え機能のあり/なしの違いにて4種類ラインアップされる。このシリーズは、キーボードによるホットキーにより2台のPCの切り替えが行える。

photo アナログVGA、PS/2切り替え対応のスタンダードタイプ「REX-210C」(左)、アナログVGA、USB、オーディオ切り替えに対応する「REX-210CUA」(右)

 5000円程度から購入可能な2台切り替え対応「REX-220」および4台切り替え対応「REX-420」は、前面に切り替えボタンを搭載、アナログVGA、PS/2切り替え対応のスタンダードタイプとなる。VGA・PS/2×2のオールインワンケーブル対応台数分付属する。

photo REX-220、REX-420
photo REX-220のケースを開けたところ。端子のサイズから、本体のコンパクトさが伺える

 各製品の対応機能は以下の通り。

製品名REX-230DVIREX-210CREX-210CUREX-210CAREX-210CUAREX-220REX-420
製品タイプ据え置きケーブル一体型ケーブル一体型ケーブル一体型ケーブル一体型据え置き据え置き
対応切り替え台数2222224
DVI-D××××××
アナログVGA×
PS/2コンソール側のみ××
USB××××
光オーディオ××××××
オーディオ××××
本体サイズ(幅×高さ×奥行き)226×44×89.6ミリ153.6×44×84.9ミリ
対応OSWindows XP/2000 Professional/Me/98SE
予想実売価格2万5000円前後5000円前後6000円前後6000円前後7000円前後5980円7980円
発売予定2004年11月2004年9月下旬2004年9月下旬2005年2月2005年2月2004年10月

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう