ニュース
» 2004年08月20日 13時00分 公開

キヤノン、EOS 20Dを発表――起動時間0.2秒、毎秒約5コマの連写が可能 (1/2)

キヤノンは8月20日、「EOS 10D」の後継機種として「EOS 20D」を発表した。起動時間が約0.2秒と高速になったほか、5コマ/秒での連続撮影が可能。また、EOS Kiss Digitalで採用されたEF-Sレンズが装着できる。価格はオープンプライスで、ボディのみの店頭予想価格は19万円前後。9月下旬より発売開始。

[ITmedia]

 キヤノンは8月20日、「EOS 10D」の後継機種として「EOS 20D」を発表した。ラインアップとしてはボディのみのほか、新しく加わった「EF-S 17-85mm F4-5.6 IS USM」(手ブレ補正機能付き)とのレンズキットと、EOS Kiss Digitalで用意されている「EF-S 18-55mm F4-5.6 USM」のレンズキットといった3種類が用意される。

 価格はすべてオープンプライスで、店頭予想価格はボディのみが19万円前後、EF-S 17-85mm F4-5.6 IS USMレンズキットが26万円前後、EF-S 18-55mm F4-5.6 USMレンズキットが21万円前後。

EOS 20D EF-S 17-85mm F4-5.6 IS USMレンズキット
EOS 20D背面

パワーアップしたハイアマチュア向けDSLR

 EOS 20DはAPS-Cサイズ(22.5×15.0ミリ)のCMOSセンサーを搭載しており、有効画素数はEOS 10Dの約630万画素から約820万画素へとアップ。ISO感度は100〜1600(感度拡張時は3200)だが、マイクロレンズ間のギャップをEOS 10Dよりも狭めて集光効率を高めているとのこと。EOS 1D MarkIIと同様に、固定パターンノイズやランダムノイズを低減する、第二世代のオンチップノイズ除去回路を搭載している。

 今回発表されたEOS 20Dで目を引くのはやはり、起動時間の短縮だ。EOS 10Dでは2.2秒だった起動時間が0.2秒となったほか、レリーズタイムラグも0.09秒から0.065秒へと短縮された。また、新しいミラー機構を採用し、EOS 20Dのセンサーサイズに最適化した新開発の小型シャッターを採用した結果、シャッタースピードも1/8000秒〜30秒での撮影が可能となった。

 AF測拒点は9点。中央のF2.8対応中央横センサーやF5.6対応中央クロスセンサーのほか、8点のF5.6対応周辺センサーによりAF測拒が行われる。なお、背面に採用された「マルチコントローラー」で、測拒点を指定して選択できるようになった。

ダイヤル上に配置されている「マルチコントローラー」

 画像処理エンジンとしては「EOS-1D MarkII」と同様の「DIGIC II」を搭載。オートホワイトバランス精度や高輝度域におけるダイナミックレンジ、高彩度、高輝度被写体の色再現性が進化した、としている。処理も高速化され、バッファフルから1枚目の撮影が可能になるまで約1.1秒、バッファフルからは20〜30秒ですべての書き込みが終了する。

 また、ホワイトバランスの調整機能として、オートホワイトバランスやプリセットのホワイトバランス、色温度指定といったこれまでEOS 10Dに搭載されていた機能に加え、市販の色温度変換用フィルターや、色補正フィルターと同様の効果を得られる、ブルー/アンバー方向の補正、マゼンタ/グリーン方向の補正が可能な「ホワイトバランス補正」機能と、ここで設定したホワイトバランスを基準に、ホワイトバランスの異なる3枚の画像を記録できる「ホワイトバランスブラケティング」機能が加わった。

 撮影モードとしては、JPEGではラージ/ファインからスモール/ノーマルまでの6種類が選べるほか、RAWモードでの記録の際には、RAW画像とJPEG画像を別ファイルとして記録が可能になった。RAWファイルは、EOS-1D MarkIIと同様のCR2形式へと変更された。

 現像パラメーター機能も充実が計られ、コントラストやシャープネスといったパラメーターをsRGB/Adobe RGBでも任意の現像パラメーターを指定できるほか、「モノクロ撮影」モードが用意され、カメラ内部のデジタル処理によって白黒画像を生成する機能を新たに搭載した。こちらもパラメーターを任意に設定できるほか、「フィルター効果」やセピア/青/紫/緑といった「調色」の設定もできる。

 EOS 20Dの主なスペックは以下の通り。

製品名 EOS 20D
形式 ストロボ内蔵デジタル一眼レフAF・AEカメラ
レンズマウント キヤノンEFマウント
撮像素子 22.5×15.0ミリ、有効約820万画素CMOSセンサー(総画素数約850万、RGB原色フィルター)
ISO感度 ISO 100/200/400/800/1600相当、ISO3200相当の感度拡張が可能
記録画素数 3504×2336/2544×1696/1728×1152ピクセル
記録方式 JPEG、RAW(12ビット)
AF方式 TTL2次結像位相差検出(9点測距、EV0.5〜18)
フォーカスモード ワンショットAF、AIサーボAF、AIフォーカスAF、マニュアル
シャッター 電子制御式フォーカルプレーンシャッター
露出制御 プログラムAE、シャッター優先AE、絞り優先AE、自動深度優先AE、マニュアル、E-TTL II自動調光
シャッタースピード 1/8000〜30秒(1/3、1/2段ステップ)、バルブ
ホワイトバランス オート、太陽光、日陰、くもり、白熱電球、白色蛍光灯、ストロボ、マニュアル、色温度指定
ドライブ(連写機能) 最高約5コマ/秒(JPEG(Large/Fine):最大23コマ、RAW:約6コマ、CFカードなどにより異なる)
ストロボ リトラクタブル(GN13)、E-TTL II自動調光
液晶ディスプレイ 1.8型TFT液晶ディスプレイ
記録メディア コンパクトフラッシュ(Type I/II)
電源 専用リチウムイオン充電池(BP-511A/511/514/512
撮影可能枚数 BP-511A使用時、ストロボなしで常温1000コマ、50%ストロボ撮影で常温700枚撮影可能(CIPA基準による)
サイズ 144(幅)×71.5(奥行き)×105.5(高さ)ミリ
重さ 約685グラム(本体のみ)
発売時期 2004年9月下旬

EF-Sレンズに10〜22ミリの広角ズームレンズが登場

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう