静止画と動画を等価に扱える新世代のデジカメ――Xacti DMX-C4(3/3 ページ)

» 2004年09月08日 15時53分 公開
[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

DMX-C4、作例

・動画

手ブレ補正なし、ノイズリダクションなしで生後数カ月の野良猫をTV-SHQモードで撮影。森の中で結構暗いためAFが遅いが、明るいところではもうちょっと素早く合う(オリジナル映像はこちら。QuickTime Playerで再生できます)
手ブレ補正あり、ノイズリダクションありで生後数カ月の野良猫をTV-SHQモードで撮影。ワイド端からテレ端までズーミングしている。微妙な手ブレや画角の違い、風音の違い(台風後で風が強かった)がポイント(オリジナル映像はこちら。QuickTime Playerで再生できます)

・静止画

多摩川の河原にてマンション群と空を撮影。ISO100で撮ってしまったせいもあって暗部のノイズやディテールの描写力は気になるが、発色はすごく爽やかでキレイ。サンヨーらしいテイストだ(オリジナル画像はこちら
ワイド側で撮った花やしきから見た浅草寺。曇天下だったが色のバランスがよくでているのはわかる。ディテールはちょっと怪しげ(オリジナル画像はこちら
同じ位置でテレ側で撮影。超小型のボディながらここまで寄れるのは立派。天候を考えると画質も十分(オリジナル画像はこちら
テレ側で撮影したひらきかけの睡蓮。約1メートル離れての撮影だが、220ミリ相当の望遠だとこれだけ前後をぼかした絵も撮れる(オリジナル画像はこちら
昼間の室内で撮影したうちの猫。毛のふわっとした感じがでており、スナップ用としては十分な画質。ISO100に少し増感したがこのくらいなら実用上の問題はない(オリジナル画像はこちら
下北沢で撮影したかき氷。これも質感がよくでてきて気持ちいい写り。色もしっかり合っている(オリジナル画像はこちら
浅草神社を歩いていたら偶然人力車を使った結婚式に遭遇。ディテールの描写力はさほど高くないが、曇天下の割に色鮮やかに撮れていてなかなかよい(オリジナル画像はこちら
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年03月02日 更新
  1. キター! VAIO type Uライクなスライドキーボード搭載の「AYANEO SLIDE」をセットアップしてみた 中年のハートを鷲づかみする外箱も魅力的 (2024年02月29日)
  2. 「Chromebook Plus」って何だ? 「Chromebook」とは何が違う? ASUS JAPANの新モデルを試す (2024年03月01日)
  3. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  4. NVIDIAの最新GPUをいち早く搭載! 「G-Tune DG」のGeForce RTX 4070 SUPERモデルを検証 (2024年02月29日)
  5. 最新の光造形3Dプリンタ「UniFormation GKtwo 12K」を使ってみた ビジネスパーソンとして知っておきたい技術 (2024年03月01日)
  6. ゲオがGoogle TV搭載「4Kチューナーレス液晶TV」を発売 43型/50型の2サイズで約3.3万円から NetflixやAmazon Prime Videoも視聴可 (2024年02月29日)
  7. エレコムの充電器やキーボード、マウスが最大18.1%もお得に 3月5日まで (2024年03月01日)
  8. VALMOND、タッチスクリーンを内蔵したメカニカルキーボード「VisionBoard」 (2024年03月01日)
  9. TP-Link、Wi-Fi 6E接続に対応したUSB無線LANアダプター (2024年02月29日)
  10. デルがメインストリームPC「Inspiron」の新モデルを発表 ビジネス向け「Vostro」の事実上の後継に (2024年02月27日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー