ニュース
» 2004年10月19日 17時00分 公開

松下、業界初USBバスパワー対応ポータブルDVDスーパーマルチドライブ

松下電器産業は、USBバスパワー駆動対応のポータブルDVDスーパーマルチドライブ「LF-P767C」を11月19日に発売する。価格は3万円前後。

[ITmedia]

 松下電器産業は10月19日、USBバスパワー駆動対応のポータブルDVDスーパーマルチドライブ「LF-P767C」を発表、11月19日より発売する。価格はオープンプライス、予想実売価格は3万円前後。

photo LF-P767C

 LF-P767Cは、DVD記録が可能なポータブルドライブとしては初となる、USBバスパワー駆動対応のDVDスーパーマルチドライブ。バスパワー駆動のほかに、二つのUSBポートより電源供給するコンバインケーブルによる給電、ACアダプタによる給電方法も選択可能となっている。

 バスパワー駆動時の最大消費電流値は公開されていないが、単一のUSBポートにおける最大消費電流量となる500mAを超えることも予想される。そのためかバスパワー駆動が可能かどうかをチェックできるユーティリティソフトが付属されるという。また、二つのUSBポートから電源供給も行えるコンバインケーブルも付属するが、ハブなどで分岐したUSBポートではなく、別系統のポートに接続する必要がある。

 本体サイズは130(幅)×17(高さ)×154(奥行き)ミリ、重量約315グラム、搭載インタフェースはUSB2.0。

 対応メディアとその最大記録速度は、ACアダプタでの動作時は、DVD-RAM 3倍速、DVD±R 8倍速、DVD±RW 4倍速、DVD+R DL 2.4倍速、CD-R 24倍速、CD-RW 10倍速、USBバスパワー駆動時は最大2.4倍速(DVD+R/RWなど)となる。

 DVD作成/バックアップソフトであるサイバーリンク「PowerProducer2 Gold」、家庭用DVDレコーダーデータのPC向け編集ソフト「DVD-MovieAlbumSE 4.0」、 サイバーリンク「PowerDVD 5」、ビー・エイチ・エー「B's Recorder GOLD BASIC Ver.7」などがバンドルされる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう