ニュース
» 2004年11月06日 00時00分 公開

週末アキバPick UP!:きょうはデュアルDVI&PCI仕様のMillennium P650で、お金持ちになる夢を見た

アキバ各ショップに入荷された、発売ほやほやの新製品をITmediaアキバ取材班が調査、注目商品をピックアップしていく「週末アキバPick UP!」。今週のキーワードは「デュアルDVI&PCIグラフィックスカード」「GbE玄箱ニューモデル」「水冷標準搭載」「今週の掘り出しモノ市」だ!

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

オンライントレーダー向け(?)のDVI×2搭載ロープロPCIグラフィックスカード

 調査当日の金曜、Matrox製PCIグラフィックスカード「Millennium P650 Low-profile PCI MILP650/64P/LP」がアキバの一部ショップに入荷した。価格は3万円弱で、在庫はごく少数だ。

photo Matrox「Millennium P650 Low-profile PCI MILP650/64P/LP」

 MILP650/64P/LPは、GPUにMillenium P650を搭載のPCIグラフィックスカードで64MバイトVRAM搭載モデルとなる。

 最大の特徴は、DVI×2仕様ということだ。PCIブラケットには独自ポートが1基備わり、付属のケーブルでDVI-I端子二つに分岐される仕様となっている。DVI出力は最大1600×1200ドット、アナログRGB出力時は最大1940×1440ドットの表示が可能で、D-Sub端子変換コネクタも二つ付属される。

 ショップによると「PCIタイプで、数世代ほども前のものとはいえ、TV番組程度の動画ならタイムラグをほぼ感じないレベルで表示できます。3D性能はとりわけ必要ないが、複数ディスプレイ液晶仕様を望む、例えばオンライントレードを行うユーザーなどには特におすすめです。また、ロープロサイズのPCIカードということもあり省スペースPCにも搭載できるので、オフィス向けとしても需要がありそうですね」という。

 ちなみに、AGPやPCI-Express 16X接続のグラフィックスカードと併用すれば、デュアルだけではなく、トリプル/クアッドディスプレイ仕様にもできることだろう。

製品Matrox「Millennium P650 Low-profile PCI MILP650/64P/LP
入荷ショップ
高速電脳 2万8140円
パソコンショップ・アーク 2万8980円


ギガビットLAN搭載の玄箱ニューモデル、アキバに登場

 調査当日の金曜、カクタソフマップに玄人志向製NAS組み立てキット「玄箱 KURO-BOX/HG」が入荷した。価格は1万9792円で、在庫はかなり潤沢という。なお、アキバ各ショップでも今週末より続々発売される予定となっている。

photo 玄人志向「玄箱-クロバコ- KURO-BOX/HG」

 KURO-BOX/HGは3.5インチHDDを1台内蔵可能なNAS組み立てキットだ。前モデルより、ギガビットLANに対応し、CPUをPowerPC/266MHzに、搭載メモリを128Mバイトに、USBポート2基搭載へと強化した。NAS内外の処理性能が向上したことで、ファイル検索や書き出し操作の速度も、内蔵HDDと変わらない体感速度レベルになったという。もちろんBigDrive対応で、現行最大容量の400Gバイトタイプも搭載可能となっている。

 他店に先立って販売を開始したカクタソフマップは「前モデルが好調だったので、思い切って大量に入荷しました。玄人志向製品は再入荷の目処が立ちにくいので、在庫数に安心せず、気になったら即購入することをお勧めしておきます」とのことで、週末に購入を考えているユーザーであればそれほど苦労なく入手できるだろうと思われる。

製品玄人志向「玄箱 KURO-BOX/HG
入荷ショップ
カクタソフマップ 1万9792円


水冷システム標準装備のオウルテック製5万円高級ケース

 今週水曜、アキバ各ショップにオウルテック製の水冷システムが標準搭載されるミドルタワーケース「OWL-612-SLT/WC」が入荷した。価格は5万5000円前後で、各ショップの在庫は1〜2台と少なめ。再入荷や取り寄せの目処も立っているという。

photo オウルテック「OWL-612-SLT/WC」

 OWL-612-SLT/WCは、山洋電気製の水冷システムが標準装備されるミドルタワーケースだ。ケース左側の開閉式ステーにラジエータとポンプ、ファンを搭載し、CPUブロックとチューブ類が備わる。

「よくある汎用水冷キットとは違い、専用設計されたものということでチューブのむだな“たわみ”などもないため、整備性は普通のPCケースと変わらないくらいでしょう」とのこと。なお、出荷時から冷却水が充填されているため、組み立ての手間もそれほどないというのもメリットの一つだ。

 PCケースとしてのスペックはごく一般的。5インチベイ×4と3.5インチベイ×7(うちシャドーベイ×5)、ケースファンはフロントに9センチ、背面に12センチタイプが搭載されている。

 ショップは「山洋電気製の水冷システムが使えるのは、今のところ専用ステーなどが備わるOWL-612-SLT/WCだけです。もともと同社製品は静かでよく冷えると定評もあるだけに、水冷キットに静音性を求めるユーザーにはもってこいでしょう」とのこと。

製品オウルテック「OWL-612-SLT/WC
入荷ショップ
クレバリー1号店 5万2468円
BLESS秋葉原本店 5万4980円
高速電脳 5万5440円


今週の「掘り出しモノ市」

 調査当日の金曜、ジャンクと中古パーツを扱うアキバパレットタウン、にグラフィクスカードやモデムカードなどが大量入荷されているのを発見した。

 価格は500円程度からで、見たところ3〜5年ほど前の製品が多い。「PCIグラフィックスカードが意外によく売れているんですよ。故障したときの備えとして買っていかれる方が多いですね」という。

photo グラフィックスカードやSCSIカードなど、おなじみの“パレット”にジャンクパーツがぶちこまれている
photo AGPグラフィックスカードは525円均一。当然性能もそれなりのものだろうが、グラフィックス機能のないマザーを使うユーザーであれば、一つ予備として持っておいてはいかがだろう

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう